貝だし地鶏中華そば、あん藤えのしま店で塩バターラーメン!干ムール貝と地鶏出汁のスープに溶け込む幻のバター、コクたっぷりの一杯に愉悦!

377
  • HOME
  • ブログ
  • ラーメン・つけ麺
  • 貝だし地鶏中華そば、あん藤えのしま店で塩バターラーメン!干ムール貝と地鶏出汁のスープに溶け込む幻のバター、コクたっぷりの一杯に愉悦!
スポンサードリンク

 

片瀬江ノ島駅へとかかる境川の橋のすぐ手前。

そこでずっと工事していたお店が新店オープンしたとのことで、今日はそのお店へ。

 

それがこちら、

 

貝だし地鶏中華そば あん藤 えのしま店 鎌倉湘南グルメ幕府

 

貝だし地鶏中華そば あん藤 えのしま

新しくオープンしたラーメン店である。

 

連日にわたる地獄のような暑さの中で、熱々のラーメン。

しかしまぁ、こんな時こそこういったメシをがっつきたくなるってことで、さっそくお店の中へ入ってみると・・・

 

スポンサードリンク

片瀬江ノ島駅徒歩1分の新店、「貝だし地鶏中華そば あん藤 えのしま」でランチ! 人気メニューの塩バターラーメンを注文!

というわけでやってきた、「貝だし地鶏中華そば あん藤 えのしま」。

片瀬江ノ島駅を下車し、橋を渡った境川沿いに位置する、新店のラーメン屋さんである。

 

ちなみにこちらの店舗、新店オープンしたのは7月末なのだが、実はこれまでに4、5回はお店に訪問しており、

その都度、並んでいる客を見ては断念してきたという歴史が。

 

食べてみたい気持ちとは裏腹に、

この炎天下の中、なかなか外で待つ決断を下すことができず、幾度となく素通りをかましてきたのだが・・・

 

なんと、この日は待っている客がわずか2、3組。

これはチャンスだと思った私は、すかさず名簿に名前を記載し外の椅子で待つことに。

 

貝だし地鶏中華そば あん藤 えのしま店 鎌倉湘南グルメ幕府

 

すると店員さんがこちらの保冷剤を持ってきてくれ、暑さ対策にと一言。

なんとも行き届いたお店の嬉しい配慮に、保冷剤にもかかわらず心はあたたかくなるのであった。

 

そして待つこと約10分。

ようやくお店の中へと案内され、まずはこちらの食券機でメニューを注文することに。

 

 貝だし地鶏中華そば あん藤 えのしま店 鎌倉湘南グルメ幕府

 

基本のラーメンメニューは以下の通り。

 

 

・貝だし中華そば(塩・醤油) ¥850

・チャーシュー麺(塩・醤油) ¥1150

・塩バターラーメン(醤油あり) ¥960

・磯塩バターラーメン(醤油あり) ¥1050

 

そして、その食券機の横には、

 

貝だし地鶏中華そば あん藤 えのしま店 鎌倉湘南グルメ幕府

 

大々的に「バター」の宣伝が書かれている。

ふむふむ、「北海道岩内郡にある倉島牧場にて、新鮮な生乳100%を原料とした純粋バターであり、塩分は少なくノン着色。自然のままの本物で、最高品質」・・・とのこと。

 

バター」「ばた〜」「ばたぁ」の、3つの表記に意味があるかどうかはさておき(笑)、

ここまで言われて食べない選択肢など無い。

 

ということで、お店の看板メニュー?である、

 

・塩バターラーメン ¥960

 

を注文することに。

ビールも飲みたいが、今日はガマン。

 

それ以外にも平日限定のランチセットや水餃子、チャーシュー丼、讃岐コーチンのTKGにしらすバター丼などのメニューもみられたが、全て売り切れ状態となっている。

 

グルメサイトなどの情報を見ても、ずっと売れ切れ状態になっているので、おそらくはこの時期の提供は無いのだろう。

 

貝だし地鶏中華そば あん藤 えのしま店 鎌倉湘南グルメ幕府

 

ということで食券を購入し、カウンター席の真ん中へ。

カウンターは6席、そして4人がけのテーブル席が1卓で計10人の、こじんまりとした内装となっている。

 

カウンターの中では湯切りをするご主人と、ラーメンを運んでくれる女性の計2名体制。

待つことだいたい7、8分で、待ちに待った塩バターラーメンの登場だ。

 

スポンサードリンク

濃厚バターでコクのある塩ラーメンの完成! 食感のいいストレート麺に柔らかジューシーの肩ロースチャーシュー、これは美味い!

貝だし地鶏中華そば あん藤 えのしま店 鎌倉湘南グルメ幕府

 

ということで、こちらがあん藤の看板メニューとなる、塩バターラーメン。

透き通った塩スープと、それと同色のストレート麺、さらには大きなチャーシューのインパクトも大きいが、

 

貝だし地鶏中華そば あん藤 えのしま店 鎌倉湘南グルメ幕府

 

なんと言っても、この倉島牧場の幻のバターの存在感、

まん丸の球体で、堂々と中央に鎮座している。

 

貝だし地鶏中華そば あん藤 えのしま店 鎌倉湘南グルメ幕府

 

そのバターを溶かしながら、さっそく透明スープを一口。

すると、塩ラーメンとは思えないほどたっぷりの旨味に、濃厚バターが醸し出すコクが口の中いっぱいに広がっていく。

 

これは・・・うまい!!

 

ちなみにあん藤のスープは、その店名からも分かる通り、「貝だし地鶏」。

干ムール貝に加えて3種類の地鶏、豚骨、日高昆布、かつお節がベースとなっており、透明のスープからは想像できないほどの、スッキリでありつつ旨味たっぷりの濃厚スープに仕上がっている。

 

そこに幻バターを加えることで、塩バターで到達しうるキャパシティを超えたコクを味わうことができ、

ありそうでなかった、濃厚塩バターラーメン完成。

 

ということで・・・

 

貝だし地鶏中華そば あん藤 えのしま店 鎌倉湘南グルメ幕府

貝だし地鶏中華そば あん藤 えのしま店 鎌倉湘南グルメ幕府

 

ズルズルとラーメンをすすっていく。

もちろん、、、美味い!

 

麺は気持ち細めのストレート麺。

歯応えがあって食感もいいが、それでいて喉越しも抜群、

濃厚塩スープが絡みつき、どんどん口へと運びたくなる味だ。

 

貝だし地鶏中華そば あん藤 えのしま店 鎌倉湘南グルメ幕府

貝だし地鶏中華そば あん藤 えのしま店 鎌倉湘南グルメ幕府

 

シャキッとした食感がバッチリ残る、大きなメンマはさることながら、

このトロトロに煮込まれた、肉厚でジューシーなチャーシューが、まぁ美味い。

 

4時間かけて煮込まれる銘柄豚の肩ロースは、さらに特製タレで一晩漬け込み完成するとのこと。

 

とてもラーメンのトッピングでは味わえないほどに、柔らかく旨味たっぷりの肉厚チャーシュー。

バターのコクもあいまって、、、ああ、これは最高。

 

そのまま無我夢中でススリ続け、気づけば具材はとうに完食しているのだが、、、

 

貝だし地鶏中華そば あん藤 えのしま店 鎌倉湘南グルメ幕府

 

スープをススル左手がなかなか止まらない。

 

それほどまでに、バターの魅力がスープに溶け込んだ黄金スープ。

あまり塩ラーメンをチョイスする人間では無いが、、、うん、これは正解だ。

 

というわけで、5回目のチャレンジでやっと訪問が叶った、

片瀬江ノ島の新店ラーメン、あん藤。

 

並ぶのも大納得。

あたたかい接客に加え、唯一無二の絶品塩バターラーメン、

これはぜひ、一度食べてみて欲しい味だ。

 

スポンサードリンク

近所のお店はこちら

>>>ヘミングウェイ江ノ島で絶品スープカレー!海風が気持ちいいオーシャンビューカフェ名物、フレッシュな生搾りオレンジサワーが美味い!!

>>>江ノ島すばな通りの家系(?)ラーメン,晴れる屋へ!人通りの多い観光スポットで食べる本格的一杯に外国人客も「美味しい〜!」

 

ブログランキング始めました

最後に、今回のお店に行ってみたいと思いましたら、下の画像をクリックいただけると幸いです。
↓↓↓


人気ブログランキング

再訪し、より深い鎌倉・湘南をお届け致しますので、記事が少しでも役に立ちましたら、上の画像をクリックして頂けますと、より一層の励みとなり、食欲となります。

ご協力宜しくお願いいたします!

貝だし地鶏中華そば あん藤 えのしま店 (Ramen Ando)

●かいだしじどりちゅうかそば あんどう えのしまてん

●住所:神奈川県藤沢市片瀬海岸1-13-25

●営業時間:
[月~木・土日]
11:30~15:00
※スープがなくなり次第終了させていただきます。
※不定期で夜の営業(17:00~19:00)も行っております。

●定休日:金曜日

●https://www.facebook.com/ando.enoshima

みんなが読んでる鎌倉湘南グルメ