江ノ島らぁ麺 片瀬商店で食べる、絶品油そば!プチプチが病みつきになるカジカの子醤油漬ごはん、こりゃ美味い!

254
スポンサードリンク

霜月・・

急に寒くなり、ちょっぴり寂しくなる季節。

と同時に、メシが美味くなる季節。

幽霊会員になって久しいジムにも、健康のため、いや、食欲増進のため、そろそろ通い出そうかどうか本気で考え中。

そんなこともあって、今日は少し遠くまでウォーキング。

夜風に当たり、腰越から江ノ島方面へと歩くと、視界に入ってきたのが、

 

 

江ノ島らぁ麺 片瀬商店だ。

 

前々から超気になっていたラーメン屋。

昼間は混雑しているが、外から覗くも先客はいない様子。

このチャンスを逃す理由、無し。

ウォーキングで気持ち程度消費したカロリーを取り戻すべく、足が勝手にお店へと・・・

 

スポンサードリンク

 

江ノ島駅裏にオープンした新店,江ノ島らぁ麺 片瀬商店へ訪問!圧倒的コスパ!ビール片手にメニューで悩む

2019年9月10日に新しくオープンした、江ノ島らぁ麺 片瀬商店。

あいのりのロゴっぽいマークが印象的で前々から注目していたが、まさかこんなに早くこれる機会があるとは。

 

場所は江ノ電の江ノ島駅のすぐ裏。徒歩1分の好立地。

もちろん、モノレールの湘南江ノ島駅と、小田急片瀬江ノ島からのアクセスも良いので、観光客にも使い勝手の良いお店。

場所は完璧、100点満点。しかし、重要なのは味である。

 

ということで、

まずは恒例の看板チェックから。

 

今日の地魚スープ(宗田カツとシィラとタイの頭、他)

そして、

北海道直送 カジカの子醤油漬ごはん(いくらよりおいしい〜かも)

とのこと。

 

まず、「今日の地魚スープ」という、ラーメン屋らしからぬワード。

漁や季節によって変わるスープ・・・そこから伝わる店主の絶対的自信。

これはぐーんと期待値が上がる。

 

ということで、時刻は19時半。貸切り状態のお店へと突入開始。

 

店内はカウンター7席。

綺麗な木目のカウンターと食器の壁。一応食べログの情報によると、セミテラスに2席用意可能らしい。

 

ということで、

カウンター席の端に座り、メニューへと手を伸ばすと、

まずはこちら。お店のこだわりから。

 

看板の通り、地魚のスープは都度変わるようで、不漁が続くとお店を休む可能性もあるとのこと。

ここから伝わってくるガチ感。

江ノ島、湘南の海の恩恵を多大に受けた、渾身の一杯が味わえる事間違い無し。

 

というわけで、

メニューをチェックしていくことに。

しかし!

ここで問題発生。

例の地魚スープが看板メニューと思いきや、メニュー1ページ目に燦然と輝いているのは、

なんと、油そば。

振り出しに戻り、メニューの隅から隅まで精読していく。

 

他に客もいないし、少し冷静になろうと、

・ビール ¥500

・味玉 ¥50

を先出ししてもらい、異例の居酒屋スタイルで難解なメニューを読み解いていく。

 

また味玉が美味いのなんのって、余計に頭はこんがらがり、

最終的に導き出した答えは、

・油そば(並) ¥650

・カジカの子 醤油漬ごはん(小さいサイズ) ¥200

で決まる。

 

苦渋の選択。

決め手、、強いて言うなら、油そばに使われている「北海道直送の牡蠣醤油」&「自家製ラー油」が気になったから。

 

本日の地魚である、宗田カツとシィラがよく分からなかった。

もちろん、そんなことは、、無い。

 

そして、カジカの子なるヤツも、過去に食った記憶無し。

「いくらよりおいしい〜かも」というヒントから想像するに、赤いプチプチ系なのだとは思うが・・・

自分の知識がこんなにもおぼつかないなんて。

しかも、まさかのラーメン屋で。

 

微分積分の授業を受けているような自分の無力さを痛感したが、同時にワクワク感もあったりして、「食」への期待度は増すばかり。

ビールでグビグビやりつつ、

味玉でチョビチョビやりつつ、

待つは、油そば&カジカの子である。

 

スポンサードリンク

 

牡蠣醤油が決め手!自家製ラー油がジワる絶品油そば&プチプチ食感が病みつきになるカジカの子ごはん!しかもそのコスパがヤバイ・・

気になるメニューは数あれど、所有する胃袋はただ一つ。

本日の・・・と書かれると、その限定感からついつい手を伸ばしてしまうが、今日は王道(?)の油そば。

 

ビールを呑みながら待つこと10分、お待ちかね、

油そば&カジカの子醤油漬ごはん(ミニ)

の、登場である。

 

それほど広くもないカウンター席を大きく占拠するうつわ。

力士が酒を飲む、アレだ。

漆の煌びやかさ、そして繊細な盛り付けが、油そばを高級な料理へと仕立てあげる。

ただいま、パラダイムシフト、炸裂中。

 

予想の斜め上を行く油そばに度肝を抜かれるが、

これは絶対、絶対間違いないヤツである。

 

なお、ホールのお姉さまより説明が入り、

下に牡蠣醤油が溜まっているので、よく混ぜて食べてくれとのこと。

 

また、味変要員として、

一味、ラー油、お酢も相性がいいらしい。

 

というわけで早速、下に溜まった牡蠣醤油。こいつを、

丁寧に混ぜて全体に行き渡らせる。

そして一口。

 

・・・はぁ、しあわせ

 

今まで食べてきた油そばは、いずれも豪快で胃もたれ必至なジャンクタイプ。

もちろんそれが好きで食べていたのだが、かたやこの片瀬商店の油そば。

これほどまでに上品で、且つ油そばに求めるオイリー感も同時に満たしてくれる一品に、私は出会ったことがない。

 

暖かい麺と、それと一緒に香ってくる牡蠣。

口の中で滲み出るチャーシューの旨味、細かくも食感が残るネギがアクセントとなって、食べるたびに感動が増していく。

 

そして、じんわり体の内側から攻めてくるのは、おそらく自家製ラー油だろうか。

刺激としての辛さはないものの、気づいたら汗びっしょりの爽快感。

ビールが進むわけである。

 

さて、お次は、

こちらのカジカの子醤油漬ごはん(ミニ)をいただこう。

 

茶碗に盛られた白飯、その上にはカジカの子(赤いつぶつぶで正解!)がびっしりかかり、海苔と一緒にいただくスタイルとなっている。

これで200円。

観光地価格が多い中、これほどの安さをぶつけられると、こちらが申し訳なくなるほど。

卓上のレンゲで食べると、これまた絶品のカジカ飯。

味はイクラに近しいが、プチプチ感がいくらより強く、一粒一粒がしっかりしており口の中で弾けていく。

 

何より、このコスパ。

キリンさんよりゾウさん。ゾウさんよりカジカの子。たまらなく、好きだ。

未知の領域ゆえにサイズをミニに遠慮したが、こんなもの、大盛りでもペロリ間違い無し。

と、いくばくかの後悔。

グランドメニュー外の一品だが、またお目にかかれる時を楽しみに待とう。

 

そして、

油そばの味変タイム。

 

元の味でも十分美味しいが、おすすめならばとまずはラー油を足していく。

よりオイリーに、

よりホットに、

上品な油そばが本来のジャンクの姿へと変わっていき、ちょっと名残惜しいものの、〆にピッタシのガッツリ油そばの完成だ。

黒光りした牡蠣醤油の光沢が美しい太麺。それを持ち上げ、豪快に口へと運んでいく。

オイスターが充満した口内、

額からは滝のように汗が流れるも、テニス後の爽やかなやつに近しい。

 

最後は「お酢」を少し垂らす。

ほどよい酸味が、オイリーな一品に爽やかさを演出し、最後の一口まで飽きることなくいただくことが出来た。

いつもなら、食った食ったと高楊枝なのだが、その上品さゆえ、これだけ食べてもくどくなく、まだ食べたい気分。

しかもビールも合わせて、1400円の圧倒的コスパ。

美味かった。しかしそれ以上に、何か分からないが込み上げてくる感動。

はじめて『ショーシャンクの空』を観た後の爽快感に匹敵する。

 

そして、

残ったオイルやスパイスが光を反射し、まるで江ノ島のビーチのように美しく、同時に郷土愛も感じらた瞬間。

 

一見コワモテの店主だが、「美味しかった」と言ったらニッコリしてくれ、ちょっとほっこり。

まだまだ食べたいメニューは沢山。再訪間違い無し!

しかしながら、日夜のデブ活。

いよいよマジでジム行かないと、カラダが心配だ・・・orz

 

スポンサードリンク

 

ブログランキング始めました

この記事が少しでも役に立ちましたら、


人気ブログランキング

こちらをクリックして頂けますと、より一層の励みとなり、食欲となります。

本日行ったお店はコチラ

●えのしまらぁめん かたせしょうてん

●住所:神奈川県藤沢市片瀬海岸1-4-7

●営業時間:11:30~22:30(L.O.)

●定休日:不定休 ※不漁が続くと休みます

みんなが読んでる人気記事