【孤独のグルメ】シーキャッスル再訪記!由比ヶ浜のドイツ料理にてスペアリブの黒パンサンドイッチ、五郎式ジャーマンスープレックスサンドを食べてみた!

279
  • HOME
  • ブログ
  • イタリアン・西洋
  • 【孤独のグルメ】シーキャッスル再訪記!由比ヶ浜のドイツ料理にてスペアリブの黒パンサンドイッチ、五郎式ジャーマンスープレックスサンドを食べてみた!
スポンサードリンク

 

今日は念願の!

待ちに待った・・・あのお店へ。

 

孤独のグルメシーズン8にも登場した、鎌倉・由比ヶ浜にそびえるドイツの古城、シーキャッスルへ。

 

 

ちょうど1年前にも訪れた同店。

もっと色々と食べてみたい料理があったものの、五郎さんですら「そんなに頼まなくていい…」と言われるほどに、一品一品のボリュームはたっぷり。

 

その反省を生かし、本場ドイツ料理をたらふく味わうべく、今回は友人5人での城攻め。

事前に予約をしていたので、すぐ目の前に海の広がる特等席へと案内される。

 

本場ドイツビールで流し込む、絶品料理の数々。

くぅ〜、腹が減ってきた!

 

スポンサードリンク

孤独のグルメにも登場した、由比ヶ浜にそびえるドイツ料理、シーキャッスルへ! サバの燻製にクロプセ、ドイツソーセージはやっぱ美味い!

由比ヶ浜海水浴場のすぐ目の前、長谷駅からも徒歩5分ほど。

本場ドイツ料理が味わえるここシーキャッスルは、孤独のグルメでも撮影された、地元でも有名なお店である。

 

シーキャッスル 鎌倉グルメ幕府

 

「独」だけに少し独特な雰囲気。

なぜか背筋がピンとなるのはもちろん、名物でもあるドイツ人のおかあさんの圧倒的迫力からだろう・・・(孤独のグルメでは、かたせ梨乃が熱演!)

 

まさに帝国。

神聖ローマ、シーキャッスル。

 

本場ドイツビールを注文し、さっそくメニューをチェックすることに。

 

が、しかし!

ご存知の通り、メニューの撮影は不可!

 

生のメニューは来てからのお楽しみにはなるが、ざっと記憶をたどると・・・

 

ローストビーフに、ローストポーク、

スペアリブなどのお肉メニューがズラッと並び、

 

ヴァイスヴルストにカレーポークなど、本場ソーセージだけでも6、7種類ほど用意されている。

 

お値段は、大体が一皿1000〜2000円ほどで、且つボリューミー。

なので、やはり数人で来た方がいろいろな料理を楽しめると言った感じだろうか。

 

ちなみに、スープ、サラダ、パン、コーヒーがセットとなった、コースメニューも用意されており、

ローストポークやソーセージなどのメインの料理をチョイスして、ドイツの味覚を存分に味わうことも可能だ(2200円〜)。

 

シーキャッスル 鎌倉グルメ幕府

 

というわけでさっそく、まずはドイツビールで乾杯!

大きなグラスに注がれた本場の黒ビール、香り豊かで、くぅぅぅ・・・染みる。

 

シーキャッスル 鎌倉グルメ幕府

 

まず最初に頂くのは、孤独のグルメで五郎さんも食べたドイツ風サバの燻製(1000円)。

 

シャキッとした野菜の上に、柔らかい燻製サバ。

前回訪店時にもいただいたが、意外にも冷たい一品は・・・うんうん、期待通りの美味しさだ。

 

シーキャッスル 鎌倉グルメ幕府

 

そしてやっぱり感動するのが、付け合わせにも使われる、こちらのジャーマンフライドポテト(600円)。

 

こんがりとした食感に加え、しっとりホクホクな一面も合わせ持つ一品は、

この一年色々と食べ歩きをしてきたが・・・やはり、ここの芋が一番美味い。

 

シーキャッスル 鎌倉グルメ幕府

 

ソーセージの盛り合わせ(1500円)は、もはや説明不要だろう・・・笑

 

マスタードにつけ、ザワークラウトとともにかぶりつくと、

「これほどビールに合う料理はないだろうなぁ・・・」と、五郎さんでもたどり着けないステージにご満悦。

 

シーキャッスル 鎌倉グルメ幕府

シーキャッスル 鎌倉グルメ幕府

 

そしてこちらは、久住さんが食べていたクロプセ(1200円)。

 

大きな肉団子が3つ、マッシュポテトに乗っかった、ドイツ風ミートボール。

柔らかくジューシーなお肉とともに、おつゆとあえたマッシュポテトが・・・

 

うまい!!

 

ふんわりとした口当たりのマッシュ。

 

やっぱりドイツ料理は、芋が決めてなんだよなぁ・・・

 

と、気持ちはすでに五郎さん状態だ(笑)

 

なんぼでも食べられる肉団子。

心は日本人だが、ミートボールはドイツ派に寝返るとしよう・・・

 

シーキャッスル 鎌倉グルメ幕府

 

すかさず追いビール、今度は生を注文!

まだまだ食い足らないドイツ料理、さて、そろそろメインディッシュでも頂くか・・・!

 

スポンサードリンク

五郎さんもうなるスペアリブ&黒パンセット! 特大サイズのアイスバインは、絶対に食べておきたい本場ドイツの味!

いわゆるドイツの定番料理をひとしきり味わったところで、

いよいよ登場するのがこちら、アイスバイン(4400円)。

 

シーキャッスル 鎌倉グルメ幕府

 

豚すね肉を香味野菜や香辛料とともに、じっくりじっくり煮込んで作るドイツの家庭料理だが、

あまりの特大サイズゆえ、一つでだいたい4人前分という存在感抜群な一品。

 

しかし今回は5人での宴会ということもあり、

「であれば行っちゃえ、アイスバイン!」・・・と、すでに予約段階で注文をしておくことに。

 

なわけで、今回最大のお目当てであり、メインディッシュ。

孤独では到達できない「陽キャのグルメ」、さっそくアイスバインをいただいてみる・・・

 

シーキャッスル 鎌倉グルメ幕府

シーキャッスル 鎌倉グルメ幕府

シーキャッスル 鎌倉グルメ幕府

 

うお・・・、これは美味い!!

 

とにかく柔らかいお肉。

口の中で肉汁・旨味をたっぷりと放出し、そしてやっぱり合う、マッシュ!

 

見た目は迫力満点の豪快お肉だが、

一口食べると、じっくりと丁寧に作られたことがハッキリ分かる、どこか家庭的な味わい。

 

これは・・・食べれてよかった。

ダンケ、ダンケ、、、大ダンケ。

 

シーキャッスル 鎌倉グルメ幕府

 

骨まわりの肉を豪快に削ぎ落とし、マッシュ、マスタードとともに胃袋へ。

何口食べても・・・美味い!

 

こんなドデカ肉を家庭でガッツリ食べるドイツ人。

かたや、鶏ささみをさっぱりポン酢でいただく日本人。

 

どっちのお肉も大好きだが、ドイツ代表にサッカーで敵わないのは、これが理由なんじゃないのか・・・と思ったり思わなかったり。

 

メインディッシュのアイスバイン、しこたま味わい尽くした後は、

 

シーキャッスル 鎌倉グルメ幕府

シーキャッスル 鎌倉グルメ幕府

 

まだまだ攻める、肉料理!(笑)

今回の〆とも言える一品は、五郎さんもいただいたスペアリブ(1800円)と、黒パン(200円)。

 

油抜きしたスペアリブなので、かなりしっかりとした歯応え・食感を味わうことのできる一品。

酸味のあるタレとザワークラウトとともに食べると・・・うん、もちろん美味い。

 

本来であればマッシュポテトとともに味わいたかったところだが、

さすがは人気店、仕込んだものが全て無くなったとのことで、ピンチヒッター、ジャーマン。

 

そしてやっぱり、これっしょコレ!

 

シーキャッスル 鎌倉グルメ幕府

 

スペアリブとザワークラウトを黒パンで挟む、

五郎式ジャーマンスープレックスサンド!

 

口いっぱいに広がる黒パンの酸味と、圧倒的存在感のスペアリブ。

ああ、、、美味い!!

 

ボソボソっとした食感ゆえに、五郎さんほど器用には食べられないが、

口いっぱいのそれを最後はビールで流し込み・・・ふぅ、食った食った。

 

たっぷり味わい尽くした、ドイツの味。

やはり城攻め、5人で来て正解だ。

 

たらふく食って、腹もいっぱい。

お肉だらけのオクトーバーフェスト、やっぱ大好き、ドイツ料理!

 

たまには「陽キャのグルメ」も、悪くない・・・笑

 

最後に、もし今回の記事が役に立ちましたら、


人気ブログランキング

こちら、最新のグルメ情報が一覧となっている、ブログランキングをクリックして頂けると嬉しいです。

よりディープな鎌倉・江ノ電沿線情報をお届けしますので、期待していてください。

 

■ Twitterはこちら

■ インスタはこちら

鎌倉・江ノ電沿線・藤沢の最新情報等を発信していますので、フォローしてチェックしてくださいね!

 

スポンサードリンク

 

シーキャッスル (SEA CASTLE)

●しーきゃっする

●住所:神奈川県鎌倉市長谷2-7-15

●営業時間:
[水曜日以外]
12:00~21:00
…と、食べログには表記されていますが、だいたい19時くらいには閉めることが多いとのことです。

●定休日:水曜日

●TEL:0467-25-4335

●http://www.shonanportsite.jp/seacastle/seacastle.htm

 

みんなが読んでる鎌倉湘南グルメ