閑静な鎌倉で食べる本格イタリアン、オステリアコマチーナでピッツァとワインを!炙りガツオのカルパッチョに、肉汁たっぷりラムチョップ…絶品!

228
  • HOME
  • ブログ
  • イタリアン・西洋
  • 閑静な鎌倉で食べる本格イタリアン、オステリアコマチーナでピッツァとワインを!炙りガツオのカルパッチョに、肉汁たっぷりラムチョップ…絶品!
スポンサードリンク

 

今日は友人とディナー。

 

しかもなんと! まさかの御馳走をしてくれるということで、

予定を早く切り上げ、待ち合わせ場所へと直行する。

 

鎌倉でイタリアン…はてはて、いったいどこのお店なんだろうかと妄想しつつ、友人と合流。

なんでも小町通りを横道にそれた、閑静な一画に立地するらしいのだが・・・

 

オステリア コマチーナ 鎌倉グルメ幕府

 

見えてきたのがこちら、オステリア・コマチーナ。

 

小町通りだから、コマチーナ??

いやいや、流石にそれはありえないか・・・と、その件は考えるのを辞め、初訪店となるイタリアンの扉をくぐっていく。

 

完全にノーマーク店舗ゆえ、前情報は一切なし。

友人曰く、なかなか美味しい本格イタリアンとのことだが、果たして・・・

 

スポンサードリンク

鎌倉駅から徒歩5分 小町通りから横道にそれた緑に囲まれた閑静なイタリアン、オステリア・コマチーナへ!

小町通りを進み、せんべい屋さんでお馴染みの鎌倉壱番屋を左折。

その一つ目の路地を右折すると、左手に見えてくるのが、

 

生い茂る緑に囲まれ、まるでジブリ映画に登場するような外観のイタリアン、

オステリア・コマチーナである。

 

白塗りの壁と、こげ茶の木製家具で統一された店内。

 

カウンター、テーブル合わせて25席の広々としたフロアとなっており、

自然も同時に味わえる、テラス席も完備されている。

 

なかなかの小洒落た、いい雰囲気。

周りを見渡せば女子会やカップル、夫婦で食事をしているテーブルばかりで、男2人組は・・・我々だけだ(笑)

 

事前情報なしのイタリアン。

いったいどんなメニューがあるのか、さっそくチェックしてみると、

 

オステリア コマチーナ 鎌倉グルメ幕府

オステリア コマチーナ 鎌倉グルメ幕府

 

スタイリッシュでキリッと統一された店内とはまた対照的に、可愛らしい丸文字の手書きメニュー。

 

しかしその内容は・・・

うんうん、なんだか期待できそうだ。

 

じゃがいものラクレットチーズがけ、馬肉のタルタル、

サバのリエットに、イチジク生ハムリコッタチーズ etc…

 

もちろん、パスタにピッツァ、お肉や魚のメインディッシュも豊富なラインナップとなっており、

あれもこれも頼みたい・・・気持ちではあるものの、今日はご馳走になるので、大人しく友人チョイスを楽しむことに。

 

オステリア コマチーナ 鎌倉グルメ幕府

オステリア コマチーナ 鎌倉グルメ幕府

 

また、黒板にもその他メニューが書かれており、デザートドルチェもたくさん。

ドリンクも、ワインをはじめアルコール・ノンアルコールと、種類豊富にラインナップされている。

 

オステリア コマチーナ 鎌倉グルメ幕府

オステリア コマチーナ 鎌倉グルメ幕府

 

ではあるが、まず最初はボトルを入れようと、リストをお願い。すると、

 

どんな感じかおっしゃっていただければ、好みのものを用意します

 

と、ワインに精通したソムリエさんなのか、男性スタッフが丁寧に受け答えしてくれる。

 

好みはもちろん、値段もしっかりとチェックしたかったのだが(むしろ一番大事w)、

 

酸味があまり強くない白で

 

とお願いし、提案いただいたのがこちらのワイン。

 

オステリア コマチーナ 鎌倉グルメ幕府

オステリア コマチーナ 鎌倉グルメ幕府

 

うむうむ、確かに酸味がおとなしめでスッとした味わいのイタリアンワイン。

 

それはまるで、「偶然同窓会で再会した初恋の女子がすでに家庭を築いており、どこか微笑ましいような、それでいてやるせないような、心のやり場に困るような、甘いけど苦い・・・(略)」

 

ということで、さっそく料理をいただいてみよう。

 

スポンサードリンク

カルパッチョにフリット、マリナーラピッツァとパスタに舌鼓! 〆のラムチョップでお腹いっぱい、赤ワインでほろ酔い気分を満喫した!

そんなオススメの白ワインをいただきつつ、まず最初のサーブされたのがこちら、

炙りガツオのカルパッチョ(¥1260)。

 

オステリア コマチーナ 鎌倉グルメ幕府

オステリア コマチーナ 鎌倉グルメ幕府

 

大ぶりのカツオとレッドオニオンが合わさった一品。

とてもさっぱりしており、、、うん、美味い。

 

炙りカツオの香ばしさが口の中で広がり、それでいて臭みはなく、

柔らかくもしっかりと食感の残る身がとてもウマイ、これはワインにぴったしの一品だ。

 

オステリア コマチーナ 鎌倉グルメ幕府

 

そしてお次は、店員さんゴリ押しのサワラのフリット(¥1050)。

 

「魚へん」に「春」と書いて、「鰆(さわら)」。

旬って感じでもなそうだが、店員さんの一押しらしい。

 

竜田揚げというよりは、唐揚げ粉なのかな。

こんがりと揚がり、味もついているフリット、これもなかなかウマイ。

 

サクッとした食感と、タンパクながらもフワッとしたさわら。

ジューシーではない分パクパク食べれるので、これはおつまみとして抜群だ。

 

オステリア コマチーナ 鎌倉グルメ幕府

 

つまみもそこそこ、主食のパスタにはこちらの一品。

ポルチーニ茸のパッケリ、クリームソース(¥1470)。

 

パッケリ、つまりナポリを発祥とする筒状の分厚いパスタだが、この食感が実に美味しい。

 

主食と言うよりは、こちらもおつまみ感覚といった感じが強いが、

咀嚼するとクリームソースが筒から飛び出し、ポルチーニ茸のかおりが食欲を誘う一品となっている。

 

いずれもボリュームの点では、男2人を前にして心もとないが、

こと味に関しては、シェフの奮う本格イタリアンって感じビンビンで、うんうん、ウマイ。

 

オステリア コマチーナ 鎌倉グルメ幕府

オステリア コマチーナ 鎌倉グルメ幕府

 

そしていよいよ、ガッツリピッツァ。

タコのマリナーラ(¥1470)。

 

釜で焼かれたピッツァはとても香ばしく、サクサクふわふわで、もっちもち。

 

酸味の効いたトマトの旨味と、たっぷりオリーブ。

そして、タコのコリコリとした食感が嬉しい、本格ナポリピッツァとなっている。

 

一口一口じっくりと味わいたくなる、旨味たっぷり絶品ピッツァ。

しかしながら、こちらも上品なボリュームとなっているため、気づけば一瞬、あっという間に胃袋の彼方へ消え去っていく。

 

そしていよいよメインディッシュ。

・・・だが、その前に、

 

オステリア コマチーナ 鎌倉グルメ幕府

オステリア コマチーナ 鎌倉グルメ幕府

 

今度はグラスワインから、イタリア産の赤ワインをいただくことに。

しっかりとしたフルボディ、その香りはさながら・・・(略)。

 

それに合わせるメインディッシュはもちろん「肉」。

と言うことで、最後の〆にいただくのがこちら、

 

オステリア コマチーナ 鎌倉グルメ幕府

 

ラムチョップのグリル(¥1680)。

 

独特のクセがまた美味い、肉汁たっぷりの柔らかラム。

ナイフがスーッと入っていき、赤身はもちろん、脂身までもが超ジューシー。

 

最後はしっかり骨までしゃぶりつき、

本格イタリアンのアラカルトフルコース、これにて終了だ。

 

ボリュームそこそこ、しかし、だからこそいろいろな種類を味わうことのできる本格イタリアン、オステリア・コマチーナ。

その味は紛れもなく絶品、シェフのアズーリ愛がひしひしと伝わる料理の数々と、一押しのイタリアンワインに、舌鼓を鳴らしまくりだ。

 

お腹いっぱい、大満足。

今日はぐっすり家でスヤスヤ・・・なわけも無く、

 

この後は和田塚のバー、「ザ・バンク」でマティーニを煽り、

寿司が食いたいと言う気まぐれから、わざわざ横浜の「すしざんまい」まで繰り出すという未来を、いったい誰が想像つくだろうか(いや、つかない)。

 

最後に、もし今回の記事が役に立ちましたら、


人気ブログランキング

こちら、最新のグルメ情報が一覧となっている、ブログランキングをクリックして頂けると嬉しいです。

よりディープな鎌倉・江ノ電沿線情報をお届けしますので、期待していてください。

 

■ Twitterはこちら

■ インスタはこちら

鎌倉・江ノ電沿線・藤沢の最新情報等を発信していますので、フォローしてチェックしてくださいね!

 

スポンサードリンク

 

オステリア コマチーナ(Osteria Comacina)

●おすてりあ こまちーな

●住所:神奈川県鎌倉市小町2-6-12 KUSUNOKI443 1F

●営業時間:
11:30〜14:00(ラストオーダー)
ディナー
18:00〜21:00(ラストオーダー)
(月曜日は20:00ラストオーダー)

●定休日:火曜定休
(祝日の月曜日はお休みの場合有り)
その他不定休有り

●TEL:0467-23-2312

 

みんなが読んでる鎌倉湘南グルメ