鎌倉駅前RudyBrewでちょい呑み!生クラフトビールとアメリカンフード!SVステーキでほろ酔い気分を味わってきた話

131
スポンサードリンク

 

時刻は19時。

鎌倉で仕事を終え、一杯やって帰りたい気分。

以前お店に入ろうとしたところ、カウンターを外国人に占拠され、泣く泣く断念した、クラフトビールが飲めるRudyBrew(ルーディーブリュー)。

今日こそ、リベンジと行きたいところ。

今日こそはクラフトビールを飲みたい。クラフトビールで癒されたい。

そんな強い思いを胸に、目指すは鎌倉駅。

店の前を通りかかると、カウンターに空席があるのを確認。

よし、今日こそはイケる!

ということで、初来店となるRudyBrew。

今宵はここでどんなドラマが生まれるのだろうか・・・

 

スポンサードリンク

 

鎌倉駅徒歩1分の駅前アメリカンフード,RudyBrew!数あるクラフトビールを堪能できるお店を訪問

というわけで、

JR鎌倉駅東口を出て、右に進むと現れるのが、

アメリカンフード兼クラフトビールを堪能できる、RudyBrew。(食後に一枚パシャリ)

駅前なので、いつも気になってはいたが、アメリカン&ビールということで、外国人客の姿が多いイメージ。

しかも、割とゴリゴリで屈強な外国人が多く、中々一人で侵入するには心細かったが、今日はカウンターに人が少ない絶好のチャンス。

ということで、クラフトビールを堪能すべく、

まずは表の看板チェック。

少し見にくいが、「7種類の生クラフトビールとアメリカンフード」を推していることが伺える。

最高の組み合わせ。

まぁ間違いないだろうと、お店のドアを入っていくと、

綺麗でおしゃれな内装。

カウンターが5,6席ほどに、テーブル席が3組。

キャパが少ないので、中々入る事が難しい時間帯もある事だろうが、今宵の先客はテーブル席に1組。

私は一人カウンター席の端っこに座り、これから始まるクラフトビール祭りに集中。

カウンター周りや黒板に、10月26日に開催されるハロウィンパーティーの告知が目立つ。

今年ももうそんな時期か・・・

と、時の流れの残酷さを憂うも、心はすでにビール状態。

という事で、早速メニューと格闘していく。

黒板のメニューと、それの詳細説明が書かれた紙のメニュー。

一つ一つクラフトビールメニューを精読していく。

・・・聞いた事があるような無いような。

しかし、

生で飲めるクラフトビール、中々どこでも味わえるものでは無い。

という事で、無類のIPAずきの私は、まず5番の

・サクスオッチアメリカンIPA(300ml) ¥950

をチョイス。

目の前の壁からニョキッとサーバーが顔をだし、そこから注がれる金色の液体。

私が求めていたのは、

間違いなく、こいつである。

クラフトビールに7:3の概念など無い。ただひたすら液体を楽しむだけだ。

という事で、

ゴクッゴクッ・・・

この苦さ。間違いない。

説明にある通り、しっかりとした苦味が味わえつつも、ほのかなトロピカル感。

チビチビと一生飲んでられる好きな味だ。

と、ビールの気分を味わったら、次は食事メニューを選ぶ時。

今日はちょい呑み、久々に居酒屋スタイルで注文しよう。

という思いのもと、一品メニューからチョイスしていく事に。

気になるアメリカンフード、その中身は、

このような構成となっており、異国メニューがズラッと並ぶ。

とりあえずおつまみが欲しいので、

すぐに出るメニューの中から、

・トルティーヤチップス&サルサ ¥650

は、即決。

これでちまちまビールをやりつつ、ちょっと重めのガッツリ感も味わいたい。

悩むが・・・

やはりステーキだろう・・・

Sous-Vide steak ¥1250

略してSVステーキ。このボリュームでこの値段、中々のコスパではなかろうか。

他にも気になるメニューはあるが、あとは腹持ち次第。

というわけで、フードの注文を終え、あとはステーキを待つのみだ。

 

スポンサードリンク

 

食べ応え十分!焼き目が美しい赤身ステーキとビールと合わせてほろ酔い気分を満喫

注文してすぐ、最初に登場するのは、

こちら、トルティーヤチップス&サルサ。

カリカリのトルティーヤチップスに、サルサソースを乗せて食べる。

トマトの酸味が効き、玉ねぎのシャキッとした食感が実に心地よい。

想定内の味と言ってしまえばそうだが、この味を求めていただけに、基本に忠実なこの一品がとてつもなくありがたい。

奇をてらった見栄えや、ダイナミックな味付け。

もちろんそれらも大事な要素ではあるが、決して派手では無いものの、バウンドを合わせて確実に捕球し、矢のような正確な送球をする、基本に忠実な宮本慎也の守備。

私が今、チップスに求めているのはそれだ。

ビールがとてつもなく、合う。

そして、

さらに待つ事10分ほど。

とうとうお待ちかね、

大きな白いさらに綺麗に盛られるは、SVステーキである。

サシの入った和牛も好きだが、歯ごたえ抜群の肉肉しいステーキも大好物。

ビールと合わせるとなると、後者に軍配が上がる。

ペッパーがかけられ、そのいい香りが襲いかかる。

わさび&醤油と、見にくいが粒が大きめの塩。

これらを駆使して、目の前の牛をしばきにかかる。

まずは、わさびを乗せ、醤油を少々。では一口。

・・・美味しい

まさに求めていた、肉のミディアム感。

程よい歯ごたえが肉肉しく、口の中で肉汁もしっかりと感じられる。

口の中でとろけていくお肉とは対照的に、噛めば噛むほどに存在感が強くなっていく尻上がりタイプ。

これはビールに合う。間違いない。

という事で、次のビールは、

こちらのゴールドラッシュ。湘南ビールをいただく。

先ほどのビールとは異なり、よりフレーバー。単体でも十分楽しめる生クラフト。

そこそこ主張のあるタイプだが、それを肉に合わしていく。

大きな赤身肉の断面に、今度は少量の塩を降る。

すると、わさび醤油とは違い、肉の旨味がより一層感じられるように。

なるほど、塩の方が好みだ。

肉肉しく凶暴な牛といえども、クラフトビールというオリハルコンのキバを装備した今の私に、敵などいない。

しっかりと、ひと噛みひと噛み楽しみながら咀嚼し、金色の液体で流し込む。

幸せなひと時だ。

食べ応え抜群とはいえ、全て食べ終わっても顎の負担は一切なく、絶妙なミディアム加減。

牛魔王、成敗完了である。

と言ったところでお腹は6,7分めくらい。

単体で楽しめるビールとはいえ、もう一品欲しい気分。

そこで頼むは、

こちら、

・タコレモン ¥650

レモンの酸味が効いた、さっぱりタコレモン。

牛に引き続き、歯ごたえ抜群、コリコリのオクトパス。

しかし、スパイスとハーブ感、それらが肉肉しい口の中をさっぱりと癒してくれる。

ビールにも合うし、我ながら完璧なチョイス。

という事で、

あっという間にアメリカンフードとクラフトビールが奏でる一人ちょい呑み宴会は幕を閉じる。

調べてみると、こちらのオーナーはハワイから湘南へと移住した経歴の持ち主。

その店長が選ぶ、アメリカと日本の生クラフトビール、そして他ではあまりお目にかかれない、瓶や缶のビールメニューも豊富に取り揃えているとのこと。

なるほど、生とは言わず、次回は瓶ビールや缶ビールも視野に入れたドラフト一巡目を選択する必要がありそうだ。

駅前の超好立地店舗なだけに、今後もお邪魔するだろうなぁ。

てか、オーナーが外国人だから、お店に外国人客が集まるのか・・・と今さら納得。

今回そのオーナーは不在だったが、次回はお目にかかりたい。

しかし、その場合はもれなく外国人客が付いてくる。

う〜む。

もう一見ではないし、

次回は堂々と入ってみるとしよう。

もちろん、ちょっと鍛えてから・・・

 

スポンサードリンク

 

ブログランキング始めました

いつもクリックでの応援、ありがとうございます。

この記事が少しでもあなたの役に立ちましたら、


人気ブログランキング

こちらの画像をクリックして頂けますと、ブログランキングに反映され、より一層の励みとなり、食欲となります。

本日行ったお店はコチラ

●るーでぃーぶりゅー (【旧店名】XROSK)

●住所:神奈川県鎌倉市小町1-4-24-102 起業プラザ 1F

●営業時間:
[月~金]
15:00~23:00
[土・日]
11:30~23:00(ランチ11:30~15:30)

●定休日:なし

みんなが読んでる鎌倉湘南グルメ