ラーメン中華、大新は鎌倉店へ訪問!地元民の愛すソウルフード、大新ラーメンにビールと餃子で、一人晩酌を!

263
スポンサードリンク

 

鎌倉での仕事を終え、そろそろ江ノ電に乗り帰ろうかというところ・・・

であったのだが、なんかこのまま帰るのは何か勿体無い気がしていた9月某日。

別にそこまで腹も減っていないのだが、仕事の締めにビールでも飲もうと思いたち、ふと目の前に現れたのが、ここ中華&ラーメン店の「大新」。

ほほう、偶然にしては出来過ぎている。

しかし、ビールのお供に餃子、、最高じゃ無いか。

というわけで、この赤く光った地元民御用達の雰囲気をまとった店内に突入するであった。

 

スポンサードリンク

 

ビールと餃子で最高の癒しタイム メニューを見てたら結局ラーメンも気になり・・・

鎌倉駅から徒歩3分くらいのところに位置する、中華大新。

アクセスが良く、仕事帰りのサラリーマンが一杯飲んで帰るには、絶好の場所に位置している。

入り口には早速お店の人気メニューが書いてある看板。

・人気ナンバー1   大新ラーメン
・リピート率ナンバー1 五目うまにそば
・女性人気ナンバー1 サンラータンメン

なるほど、看板名でもある大新ラーメンが人気らしい。そして女性はスッキリした味わいのサンラータンメンか。

五目うまにそばのリピート率をどのように集計しているのか気になりつつも、そのまま席につく。

大きいテーブルと2名がけテーブル、カウンターがあり、どのような客層、人数でも対応できそうな店内だ。

私はカウンターに座り、メニューとにらめっこ、スタート。

一応中華屋ではあるが、いわゆる昔ながらのラーメン屋さん、そんな感じのメニューが並ぶ。

定番のラーメンに加え、担々麺や五目やきそば、飯類ではチャーハン、マーボー丼、中華丼と、食べたいものが全て揃っている。

そうそう、こういうメニューでいいんだよなぁ・・・

そして、看板でも書いてあったが、ここの一押しメニューはやはり、

大新ラーメン ¥770

「ザーサイとひき肉あんかけが、麺とぴったり!」、とのこと。

なるほど、そうきたかぁ。コレはどう飯を組み立てていくか悩む。

しかし、とりあえず喉が渇いたので、ビールと特性ギョーザを注文!

5分ほどですぐにアツアツ餃子の登場だ。

この組み合わせ、最高。

俺はこのために仕事を毎日頑張っているのだ。

ゴクゴク・・・ぷはぁ

沁みる。染み渡たる。

体内に金色のガソリンを注入し、そして餃子へ。

ハネなんかをまとわない、どシンプルな王道の焼き餃子。見ただけで美味しい。

皮は厚くもなく薄くもない、超スタンダード。少しだけモチっとするこの食感が正直一番好きだ。
焦げ目具合も、バッチグー。

餡もコレといった特徴がない(いい意味で)シンプルなもの。まさにこういう王道餃子を期待していたので、個人的にはかなり満足一品であった。

ホフホフしながら餃子を頬張り、ビールで流し込む。

アジア人で良かったと思える瞬間だ。

席を見渡すと、一人客が多い。そして、メニューを見ずに注文する人もチラホラ。

なるほど、この店はリピーターが多い。何回も足を運びたくなるようないい店なんだなぁと、改めて実感。(リピーターは多いが、リピート率ナンバー1の五目うまにそばを注文する人には会えなかった・・・)

現在時刻、18時半。

少しづつお客さんが増えてきたので、ここらでやっぱりラーメンを行こうと決意。

ちなみに、

ニュータンメンやカレーラーメンなるものも存在する。

迷う、迷う。

だが、今回は初訪問。ここは人気ナンバー1の「大新ラーメン」、こいつで決まりでいいだろう。

「スミマセン、追加で大新ラーメンを!!」

 

スポンサードリンク

 

細麺のあんかけラーメン!ザーサイがアクセントの超熱々な一杯で腹も心も満たされる

「お待ちどうさま〜」

さあ、いよいよ大新ラーメンのお出ましだ。

ほぉ〜、そうきたか。

見た目は意外とスッキリ。
かすかに見える細麺の上には、コレでもかというほどのひき肉餡かけ。
上には白髪葱が上品に乗せられ、見た目的にはかなりあっさり系な模様。

そして謎にレンゲが二つ。

めちゃくちゃ熱そうな麺をすくい、いざ、いただきます。

ズル
ズル・・・ん??

ほう、なかなか柔らかいな。

麺はやはり細麺。しかも、かなり柔らかめ。
正直いうと、私のラーメンの好みは、濃い味でかた麺である。
が、この餡かけとの相性を考えるなら、細麺のやわ麺でいいのだろう。

柔らかく長いので、麺が解けにくく、とにかく絡めづらい笑

しかし、しっかり絡めて餡と一緒に食べる・・・おう、かなりあっさり味だ。

餡かけも見た目通りのあっさりなので、そこまで味のインパクトはなかったのだが、餡にメンマやザーサイ、きくらげが細かく混ざり、それが凄くいい食感を演出している。

噛んでいて気持ちがいい。
なるほど、私はやはり食感のある食べ物の方が好みだな。

麺は柔らかいが、それを餡かけと絡めて食べることで、心地よい食感となり、どんどん食欲が増していく。

普段、家系ラーメンばかり食べている私には新しい発見であった。

しっかりと餡と麺を絡め、
どんどんすすって行く。

おそらく豚ひきだと思うが、粒が大きく食感があるのが嬉しい。

少し薄味なので、飲んだ後の締めには物足りない人もいるかもしれないが、健康に気を使っている人や、濃い味が苦手な人には十分に満足いく一品であることは間違いない。

最後の一口まで、レンゲですくう。(ちなみに2つあるうちの一つは穴あきのレンゲで、餡をすくうにはこいつが必須)

気づいたら全て無くなっている、おきまりのパターンで終了。

さてさて、ラーメンは正直その人の好みで好き嫌いが分かれるので、評価が難しいところだが、さっぱり薄味系を好む人は文句なしに美味しいと感じる一品だろう。

やっぱり私は濃い味派なので、若干の物足りなさを感じたが、繊細な餡かけは上手かった。

卓上には醤油やラー油などがあるので、それを利用すれば味の調節も可能。お好みに合わせてカスタマイズしてほしい。

ともあれ、食べ終えて満足。ふと食べログを見ると、新しい発見が二つ!

一つは、この大新、他にも出店していること。
藤沢と茅ヶ崎にもお店があるみたいなので、そっちも調査しなければ!

そしてもう一つ。
意外と、大新ラーメンを食べて口コミを書いている人がいない笑

定食系や中華のつまみを頼んでいる人が意外と多く、もしかしたら食通の地元民はそっちを好んでいるかもしれない・・・

なので、次回は別の商品を注文し、さらなる味覚の発見をしたいと心に誓うのであった。

あ〜腹いっぱい。
江ノ電に揺られ、帰るとしますか。

 

スポンサードリンク

 

ブログランキング始めました

今回のお店に行ってみたいと思いましたら、下の画像をクリックいただけると幸いです。
↓↓↓


人気ブログランキング

再訪してより詳細情報をお届け致しますので、記事が少しでも役に立ちましたら、上の画像をクリックして頂けますと、より一層の励みとなり、食欲となります。

ご協力宜しくお願いいたします!

お店詳細

●たいしん かまくらてん

●住所:神奈川県鎌倉市小町1-13-10

●営業時間:11:00~翌4:00(夜の部は19:30からの営業)

●定休日:木曜日

みんなが読んでる人気記事