七里ガ浜の海を見下ろすリストランテ アマルフィイ本店へ!オーシャンビューの絶景と楽しむ本格イタリアンランチコース

273
  • HOME
  • ブログ
  • イタリアン・西洋
  • 七里ガ浜の海を見下ろすリストランテ アマルフィイ本店へ!オーシャンビューの絶景と楽しむ本格イタリアンランチコース
スポンサードリンク

休日の鎌倉、

実家の両親が遊びに来たいとの事で、急遽鎌倉を案内することに。

 

そんでもって、どうせなら普段行かない店に行こうと、

食べログを見ながら計画をねりねり。

 

いくつかの候補の中から、このタイミングを逃すと次は無いと思ったのが、

七里ガ浜に店を構える絶景レストラン、

 

リストランテ アマルフィイ本店

 

超定番の言わずと知れた名店。

海が見れるオーシャンビューでデートにピッタリのイタリアン。

しかしながら、お店に入った経験は無し。

 

このタイミングで行かせてもらうか、、

 

と、プランを好き勝手に作っていく。

 

当日は大船まで車で迎えに行き、合流。

そのまま腰越駅方面に向かい下車し、散策しながら七里ガ浜のアマルフィを目指す。

 

 

途中、スラダンでおなじみ踏切で撮影し、

そこから海岸通りを進んでいくと、、

 

 

お目当、

リストランテ アマルフィイ本店

に到着である。

 

冬の鎌倉というのに、

空は快晴、照りつけるような太陽の日差しが眩しい、、

 

青い海、青い空、

抜群の群青日和を感じつつ胃袋に収めるイタリアン。

 

果たして、その味やいかに。

 

スポンサードリンク

 

【江ノ電】七里ガ浜駅徒歩3分の絶景オーシャンビュー!リストランテ アマルフィイ本店でランチコースをチョイス

 

前日に予約可能かの電話をしたところ、

今のタイミングでは予約できないとキッパリ。(数組限定らしい)

 

しかし、ピークの季節は過ぎたとのことで、待ったとしても1時間はかからないとのこと。

 

それでも中々の待ち時間ではあるが、

このタイミングを逃すと、悲しきかな、マジでいく機会が見当たらない。

 

それを恐れた私は、

両親を道連れにし、海を見ながら待つという選択肢をとる。

 

休日12時、1番込み合う時間帯にお店へと到着。

 

店内は案の定、満席となっており、

 

 

この雄大な湘南の海を眺めながら、

順番が来るのを待つこと・・・60分 orz

 

燦燦と輝く太陽。

そこから発せられる熱は、とても12月のそれと思えないほどの炎天下。

 

早くビールが呑みたいと、

堪えて堪えての60分。

 

・・・やっとか

 

並んだだけで体力をほぼもっては行かれたが、

通してくれた席はテラスのオーシャンビュー!

 

 

ここ、アマルフィの魅力を存分に味わえる特等席をキープでき、

待ち疲れが空腹となって襲いかかる。

 

ちなみに、テラスには7卓のテーブルが設置され全16席。

 

 

端の席のみ、3名掛けのテーブルを作ることが可能なようだ。

 

その他、店内の席は1Fが18席、2Fに30席。

これだけの余裕があるものの、休日のピークどきは満席必至なので注意されたし。

 

ということで、

お待ちかねのメニューチェックへと移って行く。

 

 

 

ランチメニューの基本コースとしては、

 

・パスタコース ¥1840

・ランチコース ¥2580

・スペシャルコース ¥2950

・アマルフィコース ¥3850

 

と分かれており、

各コース、サラダ(or前菜)、パスタ、デザート、コーヒーor紅茶が付いている。

 

なお、パスタは5種類のメニューから選択OKとのこと。

 

相談の結果、

 

・パスタコース 2つ

・ランチコース 1つ

 

で確定。

 

ランチコースには、本日のスープとメインディッシュが付いており、

デザートもワンランク上のセレブ飯。

 

それらをシェアしながら、アマルフィ攻略にかかる算段。

 

それに加え、アラカルトメニューから母親の希望で、

 

・鮮魚と鎌倉野菜、旬のフルーツのカルパッチョ“鎌倉野菜の庭園風” ¥1560

 

も追加。

 

カラカラの喉、掠れた声でビールとともに注文し、

海を見ながら試合開始のコングを待つ、、、

 

スポンサードリンク

 

鎌倉野菜と旬のフルーツ、海の幸とお酒!それらを堪能しながら味わいつくす七里ガ浜・・控えめに最高!

 

注文してから数分で、

 

 

・ドラフトビール ピルスナー ¥690

 

の到着。

 

メラメラ輝く太陽、

その日光を浴び、目の前の海を眺めながら、

 

「かんぱーい」

 

と、コングが鳴って試合開始。

 

 

ふわふわで上品なフォッカチャを摘みながら、

 

 

アラカルトで注文したカルパッチョが先に到着。

 

色鮮やかな鎌倉野菜と、旬の果実から柿。

鮮魚担当はハマチで、上には柚子の香りが付いたメレンゲが雲のようにふんわりと載せられる。

 

 

大粒でプリプリ、そして甘い柿。

 

単体で食べる時にはあまり有り難みを感じないが、

サラダに入っていると一気にオシャレ感のでる食材ナンバー1。

 

その柿の甘さが対局の鮮魚の味、ドレッシングの塩分と合わさり、

柚子の香りで優しく包まれるワンランク上のカルパッチョ。

 

素材、味、見た目の全てにおいて高クオリティのアマルフィ、

次鋒に繰り出されるは、

 

 

本日のかぼちゃのスープと、

前菜の盛り合わせ。

 

かぼちゃのスープはランチコースにだけ付いてくるメニュー。

クリーミーでまろやかな舌触りと程よい塩分が、フォカッチャとの相性抜群。

 

前菜の盛り合わせは、

 

・秋ジャケ ごま風味のバーニャカウダーソース

・エビのフリット

・ナスとイチジクのソース

 

と、これまた食べ馴染みの無い3人集。

 

どれもこれも美味いのだが、

持ち合わせている語彙力では到底追いつかない、異文化の味。

 

先ほどの柿のカルパッチョもそうだが、

甘い食材(orソース)としょっぱい食材の組み合わせに対する己の表現力の無さに自己嫌悪なうである。

 

なお、パスタコースの地野菜は、

 

 

こちらも立派な鎌倉野菜の盛り合わせ。

これにも柿が添えられて、中々のコスパを感じさせる。

 

フォカッチャにより口の中の水分が持ってかれ、

タイミングよく出現するウェイターのお兄さん。

 

 

気分はやっぱりキンキンに冷えたシュワシュワということで、

メニューの中から、

 

 

イタリアンビール、小瓶のモレッティを注文。

 

目には目を。

イタリアにはイタリアを、だ。

 

イタリアンビールで口の中に潤いをもたらしつつ、

いよいよ次は主食の時間。

 

期待値上がりっぱなしのパスタがこちら、

 

父’Sチョイス

・湘南釜揚げしらすとマッシュルーム あおさ海苔の香るペペロンチーノ

 

母’Sチョイス

・渡り蟹のトマトクリームソース フィットチーネ(+560円)

 

よしつね’Sチョイス

・鳥取産大山鶏モモ肉とほろ苦いトレビス、オレンジ香るゴルゴンゾーラのクリームソースペンネ

 

どれも確実に間違いない、

見た目完璧のパスタフェスティバルの始まりだ。

 

 

柔らかい鶏モモに混ざりゆくは、

ゴルゴンゾーラの濃厚チーズとオレンジの香り。

 

・・・あぁ、これも美味いぞ

 

美味い。

美味いのだが、これもどう表現していいか分からない。

 

しかし、癖の強いゴルゴンゾーラがオレンジの香りで爽やかになっており、

大人の味ではあるものの、食べやすい味に整っている。

 

 

白く濃厚なクリームソースがペンネの中に潜り込み、

噛むたびにそれが溢れ出る。

 

咀嚼が楽しくなるパスタ、大満足だ。

 

と、ここでパスタコースはデザートに入るのだが、今回はランチコースも注文しているので、

最後の大ボス、メインディッシュが待ち構えている。

 

大量の野菜、パスタを平らげ、

そこそこ腹も落ち着いてきてはいるが、

 

・新鮮な貝の旨味たっぷり! 近海鮮魚と地元野菜のアクアパッツァ

 

このアクアパッツァをみたら、

空腹が再発、しないわけがない。

 

大粒の貝、そして、

色とりどりの鮮やかな鎌倉野菜に囲まれた鯛。

 

 

そのために用意した白ワインとともに、

 

 

ふわふわでひたひたの、

タイをタイらげる。

 

これは頼んで正解だった

 

小ぶりなところがまた嬉しい、アクアパッツァ。

味わうというより喰らい付き、マジ食い終了。

 

お腹もかなり満足したところで、

最後の別腹、

 

 

栗のジェラードとチョコアイス、

大きな白い皿に乗せられての登場だ。

 

おしゃれな店でしか味わうことのできない、栗のスイーツ。

濃厚且つ控えめな甘さが、食後のデザートにぴったりの一品。

 

 

ホットなティーをスイーツに合わせたいところではあったが、

なんせ太陽が燦燦なもんで、冷たいアイスコーヒーで締めにかかる。

 

鎌倉野菜をふんだんに使ったカルパッチョから始まり、

スープに前菜、パスタを食べてからのメインはアクアパッツァ。

デザートまで堪能して大満足。

 

だがやっぱり、

この、

 

 

七里ヶ浜の湘南の海と、江ノ島。

この景色があるからこそ、ただでさえ美味しい料理が、格別なものになっていくのである。

 

いつかデートで、、

来てみたいものだ、、、

 

お腹いっぱい大満足。

多分両親も満足してくれただろう。

 

さて、、

すでに予約済みの夜の店。

 

このパンパンのお腹にどう詰め込むか、、、笑

 

スポンサードリンク

 

ブログランキング始めました

 

この記事が少しでも役に立ちましたら、


人気ブログランキング

こちらをクリックして頂けますと、より一層の励みとなり、食欲となります。

本日行ったお店はコチラ

●りすとりあんて あまるふぃ ほんてん

●住所:神奈川県鎌倉市七里ガ浜1丁目4−8

●営業時間:

[月~金]
ランチ  11:30~15:30
ディナー 17:00(12月~3月中旬まで)~22:00
[土・日・祝]
11:00~22:00

●定休日:年中無休

●駐車場:有

店の前(3台)、裏手江ノ電沿い駐車場(20台)・・来年3月頃まで裏手側駐車場工事の為駐車可能台数が最大8台程となります。公共交通機関のご利用をお勧め致しております。

 

●本編で紹介仕切れなかったドリンク・ワインリスト

みんなが読んでる鎌倉湘南グルメ