鎌倉駅、檸檬の本格派スパイスカレーランチを!パクチー&しらす花山椒のあいがけエスニックカレー、ラッシーもついた豪華セットを堪能!

96
  • HOME
  • ブログ
  • カレー・エスニック
  • 鎌倉駅、檸檬の本格派スパイスカレーランチを!パクチー&しらす花山椒のあいがけエスニックカレー、ラッシーもついた豪華セットを堪能!
スポンサードリンク

連休中の鎌倉。

お昼の12時。

絶対に避けなければならない、観光客でごった返す小町通りを一人歩き、飯屋を探す。

予想通りの、人・人・人!!

しかし、午後の予定を考えると、どうしてもこのタイミングでしか飯にありつけない。

というわけで、とにかく空いてそうな店を探す。

が、そんな店などあるわけ無く、狙っていた店が営業していないという不運も重なり、

「いかん、、、袋小路に迷い込んでしまった」

と、一人泣きそうになる。

何れにせよ小町通りの雑踏からは離れたい。

そう思い、あてもなく駅前に戻って来たときに偶然見つけてしまったのが、

この看板。カレー屋、檸檬。

いわゆる定番のカレーライスとは異なり、異国の匂いがプンプンするパクチーが乗ったスパイスカレーだ。

鎌倉にカレーの名店は多くあれど、これまた珍しいタイプ。見た目のインパクトも大。

ということで、今日のランチはこいつで決定。

初訪問の檸檬。その味やいかに。

 

スポンサードリンク

 

鎌倉駅前のカレー屋檸檬に初訪問!カウンターで頂くスパイス&しらす花山椒のあいがけカレーとラッシーセット

鎌倉駅東口を出て、右手の方向。

東急ストアの向かい、その2階に位置するのが、

カレー屋、檸檬。

小洒落た黄色い幕。割と目立っているにも関わらず、これまでこのお店の存在を知らなかったこと、不覚だ。

狭めの階段を2階へと登ると、

営業時間の看板。

昼はランチ。夜は別形態での立ち飲み屋へと変わるらしい。

迷宮へと迷い込んだ連休の鎌倉小町通り。

一時はどうなることやらと思ったが、やっとその不安から解放される。

その安堵感からか、急に迫り寄る空腹感。

あぁ、、ハラヘッタ

と、お店の扉を開けると、なんと満席 orz

少し待ってもらえればすぐに入れるとのことだったので、扉の前で5分の待ちぼうけ。

グー、GOO、ぐー

腹は終始なりっぱなしだ。

果てしなく感じた5分を乗り越え、やっと入店すると、席はカウンターのみ。

その数10席と、かなりの小規模。

若い男性のシェフが一人で切り盛りをしている。

こりゃ忙しいな、、と思いつつ、カウンター席に座り、

メニューをチェックのスタート。

ラインナップは至ってシンプルで、

・スパイスチキンカレー ¥1000

・しらす花山椒カレー ¥1000

・11月のカレー(バターチキン) ¥1200

から味を選ぶ仕様。

また、欲張りさんのためのメニューとして、

・2種あいがけカレー ¥1200

も用意されており、こちらは上記3種類から2種類を選択する仕組みとなっている。

今月のカレー、11月だとバターチキンカレーだが、こいつを希望に入れると200円増しとのこと。

それも捨てがたいのだが、写真のインパクトが凄かったので、ここは王道のスパイスとしらす花山椒の2種あいがけカレーに即決。

それにラッシーをつけてもらい、

・あいがけラッシーセット ¥1300(税別)

で決まりだ。

ランチビールを飲めるのも嬉しいが、さすが夜は飲み屋だけあり、カレーに合うらしいワインも置いてある。

カレー&ワイン

あんまりピンと来ないが、ちょっと気になる組み合わせ。

しかし、今はそれどころじゃない。

腹よ、あと少し。

あと少しの辛抱だ。

 

スポンサードリンク

 

映えるスパイスチキン&しらす花山椒のあいがけカレー!パクチーが添えられ華やかな、見て食べて美味しい絶品カレーを堪能

空いた席のバッシングをしつつ、お会計もしつつ、さらに食器を洗いながら、カレーを作る。

猫の手も借りたいほどの忙しさ。

それぞれのタスクを同時に捌いていく店員さんの姿は、とても2本の腕でこなしているとは思えないほどスマートで、千手観音そのもの。

注文してからすぐに、

久々に飲むラッシーの到着。

謎の銀ストロー。初めてお目にかかるカトラリー。

スタバをはじめ、多くのファミレスでもプラステック製ではないストローの時代に突入しているが、ここ鎌倉檸檬にもその余波が。

いや、もしかしたら先駆けか?

なんてこの謎のストローに思いを馳せつつ飲むラッシー。

実に癒される。

あまーいけど、あまったるくは無い。

冷たいけど、冷たすぎる訳では無い。

スパイスカレーからの刺激を守るため、胃にバリアを貼った気分。

己に補助魔法をかけ、臨戦態勢に入った私の視界に現れるのは、

お待ちかね、2種あいがけカレーだ。

注文してからたったの5分。

千手観音の店員さん、おそるべし。

こちらのスパイスカレーには、

ゴロッとチキンが入っており、隣にはレンズ豆。

対し、反対側のしらす花山椒カレーには、

こんがり揚がったしらすがたっぷりで、パクチーが添えられる。

そして鼻を先制攻撃してくる、花山椒の香り。

これは・・・絶対間違いないやつだ。

そう確信し、スパイスカレー側から一口頂くと、口の中で広がるスパイスの香り。無論、美味い。

カレーライスと同じくくりとは思えないほど、スパイシーでエスニック。

レンズ豆との相性もバッチリで、食感もあり言うことなし。

一度レモンを絞ると、その異国感がよりグレードアップし、辛さの中に爽やかさが芽生える。

一見ごちゃ混ぜに見えるが、計算されつくした構造。

私は今、檸檬のレモン戦略にまんまとハマっている。

そしてしらす花山椒。

可愛らしくパクチーと紫キャベツをのせ、

パクッと一口。

・・・あぁ〜美味い!

フライドされたしらすの食感、口のなかに充満するスパイス。

スパイスカレーの異国感も中々だったが、こっちのしらす花山椒はそのレベルをはるかに超え、もはや民族的一品。

クセの強いカレーと食べるパクチーのエグ味って、たまんないんだよな。

と、一人鑑賞に吹けつつ、皿に盛られた芸術品をさらっていく。

美味い。美味い。

そして、辛い!

汗がだくだく、滝の如し。

おしぼりが紙タイプでなく、普通のやつならなぁ。

そう思いもしたが、滴る汗も楽しみながら、

ものの数分でペロリ完食。

お腹は満たされ、スパイスデトックスも完了。

体が健康になった気がする、幸せの一皿であった。

私が食べ終わる頃、13時くらいに来店した2人組のお客さんは、まさかの品切れ。

と言ってもライスが残り1人前の用意しか無くなったみたいで、ご飯半分で無理矢理作って貰っていたが(笑)

そんなご要望にも笑顔で答える店員さん、さすがである。

ラストオーダーは14時だが、休日となれば13時にはライス切れの可能性あり。

これはこれは、要チャックや。

お客さんの中には、オーナーに会いに福岡から来たという方も。

え?オーナーに会うために??なぜ???

オーナー・・・

話を聞く限り、夜の立ち飲み居酒屋形態の時にいるだか、いないだか。

しかもしかも、オーナーとヒュー・ジャックマンの話で何か盛り上がったりしてて。

一体どんな人物なんだ・・・

と、謎は膨らむばかり。

昼の檸檬も良かったが、今度は夜の姿を確認しに行こう。

そう心に近い、

また喧噪と雑踏の鎌倉へと戻るのであった。

 

スポンサードリンク

 

ブログランキング始めました

この記事が少しでも役に立ちましたら、


人気ブログランキング

こちらをクリックして頂けますと、より一層の励みとなり、食欲となります。

本日行ったお店はコチラ

●れもん

●住所:神奈川県鎌倉市小町1-4-24 起業プラザ 2F

●営業時間:11:30~14:30

●定休日:木曜日、第2・4水曜日(店の看板情報)

みんなが読んでる人気記事