鎌倉美水でランチ、スマイルセットを注文!ネギトロ&釜揚げしらすハーフ丼に小うどんがついた、コスパ抜群ランチ!!

249
  • HOME
  • ブログ
  • 和食
  • 鎌倉美水でランチ、スマイルセットを注文!ネギトロ&釜揚げしらすハーフ丼に小うどんがついた、コスパ抜群ランチ!!
スポンサードリンク

金曜日。華金。

今日の夜は久々に都内で飲み会の予定が入っており、お昼のランチは「軽め」&「安い」の、コスパ重視で選ぶ方向性で固める。

時刻は少し遅めの14時。

ランチ営業も終わりに差し掛かる、そんな時間帯。

修学旅行生で溢れる小町通りを脇道にそれ、

少し落ち着いてそうなお店を発見。

鎌倉美水・・・

私のチェックリストには乗っていない。

しかし、外の看板に目をやると、

1000円以下で食べられるランチメニューを何個か発見。

時間も時間だし、ここに決めてしまおう。

「軽い」&「安い」で選ぶ、鎌倉メシ。

さて、今日のお相手はどんな物語の結末を私に用意するのだろうか。

鎌倉美水、いざ突入。

 

スポンサードリンク

 

鎌倉駅徒歩3分!観光客も多く利用する「美水」にて、お得なコスパ重視ランチセットをチョイス

鎌倉駅を下車し、小町通りを進む。

しばらく進んで右の脇道に入ると、お店の看板がズラッと並ぶエリア。

その一画に店を構えるのが、鎌倉美水である。

店の看板から推測するに、お店の主なメニューとしては、丼モノ、うどん、定食。

名物しらすを使ったメニューも多く、観光客の心をガッチリ掴む準備も万端だ。

という事で、遅めのランチ。

14時半すぎに入店すると、中はまだお客さんでたくさん。

食べ終わることにはお客が引いていたので、

一枚パシャリ。

テーブル席がたくさん並び、それなりの大人数でも席をつける事で収容可能な模様。

店のBGMは全くマッチしていない、まさかのQUEEN。

うどん屋で、フレディが

「We will rock you」を熱唱中。

そのフレディに負けず劣らずの声量で、

「いらっしゃいませ〜!!!」

ホールのおばちゃんの威勢のいい声がこだまする。

たまたま空いたお店の端っこのテーブル席に腰を掛け、

さぁ、メニュー決めタイムの始まりだ。

パラパラっとめくるも、とにかく多い商品数。

結構印象的なのが、そのネーミング。

・ツイテル御膳

・安心御膳

・恋桜御膳

・空海

・・・

写真付きは嬉しいが、もはやなんのこっちゃ分からない。

が、基本的には丼ものとうどんのセットという構成である。

今回の基本方針は、「軽い」&「安い」。

そこはブレまいと、最終選考一歩手前まで勝ち上がったものは、

こちらの2ページ。

特別サービスメニューは、

・スマイルセット ¥750

・通勤外食 ¥750

・しらす丼 ¥700

と、それぞれ観光地鎌倉では驚愕のコスパ。

うどん単品も安いが、せっかく初めてのお店に来たということもあり、ちょびっとご飯系も気になるところ。

この時点で「軽め」というコンセプトはガン無視であるが、二兎を追う者は一兎をも得ず。

自分を甘やかすのが得意な私は、ちょいとがっつり、

・スマイルセット ¥750

に決定。

アイ ワズ ボーン トゥ ラブ ユー

って、俺に言わすことは出来るのだろうか、美水さんよ。

 

スポンサードリンク

 

安定の味、ネギトロしらす丼と&透き通った出汁の小うどん!お得なランチスマイルセットを食らう

多くの観光客をさばいているお店だからか。

割と早く、注文してから5分ほどで、

お目当のスマイルセットが到着。

客を笑顔にするから、スマイルセット?

なるほど、750円でこれなら、私はすでにスマイルだ。

まずはこちら、

鎌倉湘南名物のしらすを使った、ネギトロとの2色丼。

しらすは釜揚げタイプ。

美味しくない訳が無い。

という事で一口いただくと、それはそれは安定の味。

想像していた感動が、想像していたレベルで口の中へと入ってくる。

そこに特別なサプライズはないが、問題なく美味い。

ただ、一つ。

これ、酢飯ではなく、普通の白飯。

しらすはともかく、ネギトロご飯には専ら酢飯推奨派の私にとって、ここだけは解せないポイント。

ではあるが、ネギトロのトロトロ感、しらすのボリューム、そして値段を考えたら満足であることに変わりはない。

アイ ワズ ボーン トゥ ライク ユー

くらいにしておこう。

お次にいただくは、

透き通った出汁にタヌキとネギ。

あっさりシンプルな小うどんである。

太いうどんを箸でつまみ、一口。

ほぅ、見た目によらず、

中々しょっぱいな・・・

と、口の中が湘南の海のごとく、塩分で満たされていく。

メニューに記載された「美水のこだわり」を確認すると、

うどんは国内産100%の小麦を使用。

出汁は、利尻昆布、混合だし、追い鰹の本格的な京風出汁。

確かに、この透き通るような出汁は京風そのもの。

もう10年近く京都へは行けてないからか、京都偏差値が低下してしまったこと。

出し汁をしょっぱく感じたのは、おそらくそれが原因なのであろう。

出汁に罪はない、

繊細すぎる私の味覚に罪があるのだ。

と、勘違い上から目線の嫌味を一人心で呟きつつも、

結局すすり、飲んでしまうスープ。

太ってるって、そういうこと。

しかし、

その後に食べるネギトロしらす丼。

・・・おかしい、味がしない。

やはり塩分によるダメージを受けたのか、薄味&白飯のネギトロしらす丼から味が消えて無くなる珍現象。

お口直しとしての小鉢も、

それぞれはとても美味しいのだが、濃い系ばかりなので、水を飲んでリフレッシュ。

ちなみに、この漬物、ピクルスのような酢漬けだろうか。少し甘酸っぱい気がする。

というわけで、それぞれ一品一品の料理には概ね満足。

しかし、もしうどんを先に食べてしまったとしたら、スマイルセットが激おこセットになっていたかもしれない・・・

そう思うと、少し恐ろしい。

たまたまこの日だけだったのか、もしくはこれが本場の京風なのか。

そうだ、京都へ行こう。

こんど。

・・・

・・・

とはいえ、ここまでの定食で値段を考えれば、不満という2文字は一切ない。

ないどころか、普通にそれなりに満足いくランチである。

お客さんは観光客や外国人が多い。

鎌倉はアップダウンもあるし、大仏、鶴岡八幡宮と距離もある。

つまり、歩く。

ということは、汗をかく。

であれば、塩分は多めに摂取したいところ。

そこで登場するのが、あのうどん。

なるほど、謎が解けた!

お客さんの健康を逆に気遣った(?)特別な一品に出会う、そんな華金のボヘミアン・ラプソティーであった。

ブログランキング始めました

この記事が少しでも役に立ちましたら、


人気ブログランキング

こちらをクリックして頂けますと、より一層の励みとなり、食欲となります。

 

スポンサードリンク

 

本日行ったお店はコチラ

●かまくら みすい

●住所:神奈川県鎌倉市小町2-9-22 佐々木ビル 1F

●営業時間:
[月~金] 11:00~17:00(LO)
[土・日・祝] 11:00~17:00(LO)

●定休日:不定休

みんなが読んでる人気記事