鎌倉駅にあさくさ食堂?ちょい呑み可能な駅近レストランで頼む、昔ながらのラーメンと肉肉しさ満点の肉焼売セット!

196
スポンサードリンク

鎌倉で飲み会帰り。

ほろ酔い気分で駅に向かって歩っていくが、急に炭水化物を求めだすカラダ。

あかんあかん。

これをするから、どんどん太っていくんだよ・・・

と、頭では理解出来るものの、適切な行動を取る事が出来ないのが、おデブの性。

目に入っちゃったのが、

駅前の飲食店、あさくさ。

以前食べた、麻婆豆腐定食の辛口。

締め物として、ドンピシャ、腹にくる。

よし、ここで少し暖まってから帰ろう。

と、

いつも通り、お腹第一主義。

ガラガラガラっと入店していくのであった。

 

スポンサードリンク

 

鎌倉駅すぐのレストランあさくさ食堂!麻婆豆腐が見当たらず、昔ながらのラーメンと焼売セットをチョイス

鎌倉駅東口から徒歩1分の駅前物件。

超好立地に鎮座する店の名は、あさくさ食堂。

鎌倉なのに、あさくさ食堂。

店の入り口には、

定番の、料理サンプル。

鎌倉でもあまり見なくなってきたコイツだが、古き良き飲食店感、まぁ浅草らしいという言葉で表現していいのか分からないが、そう言うことにしておこう。

今日のワンコインランチ、

牛タンとキャベツのクリーム煮(羽釜で炊いたご飯付き)。

頑張って働く昼のサラリーマンに優しい店。

しかしその横には「秋・ちょい呑みセット」の文字。

頑張って働く昼のサラリーマンに挑戦的な店。

そんなお店のドアをガラガラっと開けると、

中はとても広く、テーブル席がズラリ。

時刻は19時を回っていたからか、

眠るのが早い街、鎌倉では深夜同然。お客さんはちょい呑みをしている男性が一人いるだけ。

愛想の良いオーナーさんが、奥の席へと案内してくれる。

さーて、辛口の麻婆豆腐、それを食って暖まろうと、

メニューを見渡すが、どこにも見当たらない。

おかしい、確かにあったはずなのに・・・

麻婆豆腐どころか、中華のカテゴリーが排除されている。

いかん、、、メニューの再構築をしなければ。

と、振り出しに戻るハメに。

うーん、選択肢はさほど多くはない。

ラーメン系、カレー系、釜げしらす丼系、定食系。

その中でカラダが暖まりつつ、締め物としても機能する一品。

冷静にメニューを読み解くのだ。

・・・

・・・

・・・じゃあ、

・昔ながらのラーメン ¥500(税別)

コレに決定。

メニューの一番上、しかも一番安い品。

当初の予定を狂わされ、考えることを放棄した安直な選択。

しかし、ほろ酔い状態でメニューを読み解くことなど到底不可能。

と言うことで、「昔ながらの」と言うキーワードが引っかかったラーメンに、がっつり肉焼売を付けて、

・ラーメン&肉焼売セット ¥909(税別)

を頂くことにした。

ここのあさくさ、

ホッピーは無い模様。

ちょい呑みセット ¥999円

は、お酒一杯とつまみを10品の中から2品選んで出してくれる、太っ腹セットだ。

駅近だし、使い勝手の良さそうなレストラン。

壁にはズラッと綺麗に揃った、美味しんぼ。壁の上の方には、大きなテレビ。

いわゆる昔ながらの定食屋。

で食べる、昔ながらのラーメン。

さほど浅草感は感じないが、

お手並み拝見といこう。

 

スポンサードリンク

 

ザ!昔ながらのラーメン&デカくて肉肉!肉焼売!

セルフサービスの給水機で水を汲み、

注文してから約10分。

やっと登場したのが、

こちら、昔ながらのラーメン&肉焼売のセットだ。

若干アンバランス感は否めないが、セットの肉焼売は3個入り。

ラーメンは、醤油ベースのあっさり系かな。

ネギ、海苔、チャーシューのシンプルなトッピング。

赤く綺麗なチャーシューは、低温調理が成されており、心配なく召し上がって下さいとの事。

しかと心得た。

では早速、スープを一口。

・・・お、おう。あっさりだ。

昔ながらのラーメン、その正体は、胃袋に優しい、あっさりとした薄味の醤油ラーメン。

小さい頃に出前で頼んだような、懐かしい味。

時代が移り変わり、今では色々なラーメン屋さんがある。

そんな数あるラーメン屋さんの中でも家系を愛す私にとって、長らくお会いすることの無かった醤油ラーメン。

昔よく遊んでいたが、成長するにつれ疎遠になっていった友達、いとこ。

その久方ぶりの再開を彷彿とさせるような懐かしさが、胃袋に染み渡っていく。

余計な装飾、一切なし。

ザ!シンプル。

コレは味では無い。

懐かしさ。哀愁。ノスタルジーを楽しむ一品だ。

味の薄さ、麺の柔らかさ、どれも私の好むタイプのラーメンでは無いのだが、求めていた「暖かさ」は、結果として一番得られたのかもしれない。

しかし、

このピンク色のチャーシュー、最高。

柔らかくも肉の食感を存分に味わう事ができ、超大満足。

普通におつまみで注文し、お酒を飲みたい。そんな気分にさせてくれるほど、突出して美味い。

昔ながらのラーメン、いや、チャーシュー。やるなぁ。

さて、お次は、

アンバランスな肉焼売。

一口食べると、コレが結構肉肉しくて美味い!

アツアツじゃない点が少し残念だったが、

中に敷き詰められたお肉の主張が口の中で激しく、

ジューシーで肉汁が飛び出る類いの味ではないが、肉肉しいガッツリ系。

コレはライスに合うタイプの焼売。間違いない。

ハフハフしながら熱さも堪能したかったのが・・・まぁそれは目を瞑ろう。

昔ながらのラーメンを、

啜って、

啜って、

食べていく。

口内に染み渡るノスタルジー。

フラッシュバックするメモリー。

俺も随分、歳をとったもんだ。

そしてやっぱり、

卓上の胡椒をかけたりして、

優しいスープを啜っていく。

そして、バックトゥザフューチャー。

無事に現世へ戻り、過去へのタイムスリップ、終了。

「昔ながら」と言うパワーワード、これってズルく無いでしょうか・・・

なーんて気分に浸りながら、

夜の一人夜会は、ほっこりと幕を閉じるのである。

ひたすら「味」を追い求めてきた姿勢を根底から正されるような、愛のある優しさ。

そんなラーメンに再開でき、感謝である。

でもまぁ・・・

このラーメンの締めに、家系行けるかな・・・

なんて、思わなくも無かったりして(笑)

 

スポンサードリンク

 

ブログランキング始めました

いつもクリックでの応援、ありがとうございます。

この記事が少しでもあなたの役に立ちましたら、


人気ブログランキング

こちらの画像をクリックして頂けますと、ブログランキングに反映され、より一層の励みとなり、食欲となります。

本日行ったお店はコチラ

●あさくさしょくどう

●住所:神奈川県鎌倉市小町1-4-13

●営業時間:06:00~20:00

●定休日:火曜日

●カード払いOK

みんなが読んでる鎌倉湘南グルメ