海を見ながら朝ごはん!「和みなもと」鎌倉パークホテルで食べる和食モーニング!目鯛の西京焼きに、地元野菜とけんちん汁、洋食も選べ優雅なひと時を!

192
  • HOME
  • ブログ
  • 和食
  • 海を見ながら朝ごはん!「和みなもと」鎌倉パークホテルで食べる和食モーニング!目鯛の西京焼きに、地元野菜とけんちん汁、洋食も選べ優雅なひと時を!
スポンサードリンク

 

昨夜は鎌倉パークホテル内に併設されたレストラン、ペルゴーラでフレンチのコースを堪能。

 

 

おかわり自由のパンで急激に上がった血糖値、お腹いっぱい大満足&ワインを摂取したこともあって、

部屋に帰るやいなや、早々におだぶつ(あ〜、ぐっすり寝たw)。

 

そして、起床! シャワーを浴び、支度を整え、

目指すは1階食事会場、「和 みなもと」。

 

もともとの旧店名は「甲羅」で、カニをいただけることでも有名な同店。

そこの朝ごはんということで、これはテンションを上げずにはいられない・・・

 

由比ヶ浜の海を眺めながらの優雅なモーニング。

洋食と和食を選べるが、昨夜が「洋」だったので、朝ごはんは和食を選択することに。

 

老舗ホテルの和ごはん。

いったい何が味わえるのか・・・??

 

スポンサードリンク

由比ヶ浜の海を見ながら豪華ホテル朝ごはん! 選べる洋食と和食から、今回は副菜盛り沢山の和食モーニングをチョイス!

鎌倉パークホテルの1階で営業する、「和 みなもと」。

もちろん一般客も利用可能な同店だが、今回は朝食付きプランで同ホテルに宿泊しているので、

 

和 みなもと 鎌倉パークホテル 鎌倉グルメ幕府

 

チェックインの段階で、「和食」か「洋食」かを選択するのだが、

晩飯がフレンチコースということもあり、朝食には日本人の心、和食をいただくことに決定。

 

ちなみに、洋食のラインナップは、鎌倉・三浦野菜のサラダやオムレツ、さらに鎌倉ハムをパンでいただくという、鎌倉尽くしの豪華モーニング。

対し和食の方は、どうやら小鉢がたくさんついた、季節の味覚を堪能できる朝ごはんになっているようだ。

 

ということで、指定した時間に会場へ。

 

和 みなもと 鎌倉パークホテル 鎌倉グルメ幕府

和 みなもと 鎌倉パークホテル 鎌倉グルメ幕府

 

洋風な作りを基調とした同ホテルにおいて、唯一用意された和空間。

さながら異国で営業する日本料理店のごとく、日本酒やお花がディスプレイされ、漆の柱で装飾された、いわゆる「和」的な空間が演出されている。

 

そこまで高級感のある店内というわけではないが、そっと窓の外へ目をやると、

 

和 みなもと 鎌倉パークホテル 鎌倉グルメ幕府

 

目の前に広がるは由比ヶ浜、そして材木座海岸、逗子マリーナと、

贅沢にも鎌倉の海を一望でき、絶景を味わうことができる空間となっている。

 

さすが老舗人気ホテルだけあって、素晴らしい立地。

目で見て、そして舌で味わい尽くす鎌倉御膳を想像すると、いかん、俄然腹が減ってくる。

 

店員さんの運ぶ、大きな2段の重。

その蓋を開けると・・・おお!!

 

スポンサードリンク

目鯛の西京焼き、とろろにシラスで白飯がススム! 建長寺直伝けんちん汁は具材たっぷり、ああ染みる!!

和 みなもと 鎌倉パークホテル 鎌倉グルメ幕府

 

この、自分で白飯をよそるヤツを見ると、なんだか旅行に来たって感じがしていいよなぁ〜と思うのは、私だけではないだろう。

そんな白米はもちろんおかわり自由、そしてそのおかずとなる料理一覧がこちら、

 

和 みなもと 鎌倉パークホテル 鎌倉グルメ幕府

 

白飯とけんちん汁の中心には、目鯛の西京焼き、

そして2段になった容器には、野菜や漬物などたくさんの小鉢が・・・!

 

これは白飯がいくらあっても足りんぞ。

ってほどに、温玉やシラス、たらこにとろろと、それぞれ主役をはれる級のおかずが揃っており、どれから手をつけようか・・・うん、悩む。

 

和 みなもと 鎌倉パークホテル 鎌倉グルメ幕府

 

だがまぁ、やはり最初はこちらのけんちん汁から。

 

臨済宗大本山、建長寺を発祥とするけんちん汁は「不殺生戒」の精進料理。

肉や魚を使用しないのはもちろん、その出汁も昆布や椎茸からとられているのは有名な話。

 

多くの修行僧に行き渡るよう、野菜は薄切りで皮まで使用し、

大根やゴボウなどをごま油で炒めるため、透き通りながらも少し脂が浮いているのが特徴だ。

 

その香ばしく、かつホッとする香りを楽しみながら、ズズっと一口。

余計な味付けは一切なく、うんうん、とても美味しい。

 

常に腹一杯になることだけを望む、煩悩だらけの怠慢な肉体を正してくれるような、

五臓六腑に染み渡る、和の味をいただいたところで、

 

和 みなもと 鎌倉パークホテル 鎌倉グルメ幕府

 

まずは目鯛の西京焼きから。

 

香ばしい西京味噌のかおり、そして皮目の焦げ部分がたまらなく食欲をそそる一品。

上品で繊細な味とふわふわの身が絶妙で、やはりお盆の中心に鎮座するだけのことはある。美味い。

 

和 みなもと 鎌倉パークホテル 鎌倉グルメ幕府

和 みなもと 鎌倉パークホテル 鎌倉グルメ幕府

和 みなもと 鎌倉パークホテル 鎌倉グルメ幕府

 

ホテルというか、旅館の朝飯といった感じで小鉢はたくさん。

 

地元鎌倉・三浦で収穫した野菜を始め、

三崎港直送鮪の南蛮漬けや、由比ヶ浜のアカモクを使用したとろろ、

長谷麩帆の麩まんじゅうや、季節の青菜煮浸し…etc

 

地元の味覚をたっぷりと堪能できる、欲張り鎌倉御膳。

それぞれが丁寧に仕込まれており、うんうん、どれも美味しい。

 

じっくりと味わいながら、それぞれの味覚を堪能。

しかし、デブの性というヤツなのか、やっぱりやらずにはいられないのがこちら、

 

和 みなもと 鎌倉パークホテル 鎌倉グルメ幕府

 

よしつね特製、

アカモクとろろ釜揚げしたすたらこ温玉丼!

 

野菜を中心としたさっぱり精進料理もいいが、やっぱり正義、動物性タンパク質。

湘南の釜揚げしらすとともに、温玉、たらこで白飯をがっついてく。

 

とろろのネバネバで滑らせるように、サラサラっと胃袋へ。

まかないのごとく胃袋へ詰め込み、あっという間に茶碗の中身はすっからかん。

 

和 みなもと 鎌倉パークホテル 鎌倉グルメ幕府

 

最後だけ優雅に、〆のホットコーヒーを。

お腹いっぱい、うんうん、美味かったなぁ。

 

まぁ、ホテルの宿泊代金(GOTOで安いが…)と昨夜の豪華フレンチ葉山牛を考えたら、少し見劣りする部分は否めないものの、

鎌倉・湘南の味覚をたっぷりと堪能することができ、それはそれは大満足。

 

青い海を見渡せるゴージャスな和空間。

でもやっぱり、次はたらふくカニを食いたいなぁ・・・笑

 

最後に、もし今回の記事が役に立ちましたら、


人気ブログランキング

こちら、最新のグルメ情報が一覧となっている、ブログランキングをクリックして頂けると嬉しいです。

よりディープな鎌倉・江ノ電沿線情報をお届けしますので、期待していてください。

 

■ Twitterはこちら

■ インスタはこちら

鎌倉・江ノ電沿線・藤沢の最新情報等を発信していますので、フォローしてチェックしてくださいね!

 

スポンサードリンク

 

和 みなもと 鎌倉パークホテル (【旧店名】甲羅)

●わ みなもと

●住所:神奈川県鎌倉市坂ノ下33-6

●営業時間:
11:30〜14:00ラストオーダー
17:00〜21:00ラストオーダー
※コースは20:30ラストオーダー

●定休日:無休

●TEL:0467-25-5126

●http://kamakuraparkhotel.co.jp/restaurant/waminamoto.shtml

 

みんなが読んでる鎌倉湘南グルメ