出張メシ

鶴ヶ島駅東口のラーメン魔人豚!二郎インスパイアの超こってりスープ、極太麺&どでかチャーシューにお腹もマシマシ

スポンサードリンク

 

埼玉で仕事を終え、今日は大学から付き合いの長い友人との食事会。

と言ってもただの飲み会であるが、その友人が飲み会の前にラーメンをどうしても食べたいとのこと。

いや、正確にいうと、私に食べさせたいとのことらしい。

ラーメン・・・

確かに、私はラーメン好きだ。

しかし、食べさせたいとはどう言った意味なのであろうか・・・

と、少々頭にクエスチョンを抱きながら、結局腹減りには勝てず承諾。

いつもは締めのラーメンだが、

ラーメンのオープナー、悪くないじゃない。

そんな訳で、友人の家近くに駐車し、予備知識なし、謎のラーメン屋へと向かうのであった。

 

スポンサードリンク

鶴ヶ島駅東口すぐの二郎インスパイア系ラーメン、魔人豚!マシマシせずともマシマシな、超豪快ラーメン

東武東上線、鶴ヶ島駅の東口を出て右手に1分ほど歩くと、姿を現すのが、

こちら、緑の外装がなんとも言えない奇妙な雰囲気を醸し出している、魔人豚。

魔人豚と書き、まじんぶうと呼ぶらしい。

なんとも戦闘力の高そうな香りがしてくる。

時刻は現在21時。

少し遅めの到着であったからか、外までの列は無し。

しかしながら、座席はカウンターのわずか12席のみということもあり、常時、人が並ぶ人気店らしいとのこと。

そんな店のスタイルから連想されるラーメン屋、これはもう一択。

十中八九ラーメン二郎、もしくはそれのインスパイア系。つまり、超こってりドデカラーメンである。

お店の名前、魔人豚も、今となっては違和感ゼロ。

ちなみに、私はそこまで二郎系のラーメンに詳しく無い。

とても興味があるし、食べたいと思っているのだが、店特有のルールであったり、呪文であったりと、一見で行くには中々敷居が高いと感じているからである。

あと、量も未知数・・・

だが、今日は一見では無い友人に連れられての入店。

今まで中々開拓できずにいたジャンルへ飛び込むことができる。

それに、21時まで何も食べていない、最高のコンディションの腹。

「マシ」だろうが、「マシマシ」だろうが、かかって来い。私の元気玉で駆逐してやる。

「知らない」ということが、これほど怖いこととは。

20分後に、そう思うことも知らず、謎の高いテンションで入店すると、

食券機でメニュー選びのスタート。

無論、ラーメンだが、問題はその量だ。

「ミニ」「普通」「大」で、まずは基本のサイズを選択。

今のすっからかんの腹、「大」でも大丈夫だろうと食券を買おうとしたら、

「いや、初めは普通でいいと思う」

と、友人の一言。

何を余計な、俺は腹が減っているんだ。

と、心の中で思ったが、

連れてきていただいた友人の顔を立て、今日のところは止む無く「普通」をチョイス。

結論から言おう、持つべきものは友達である。

なお、メニューには「つけ麺」や「まぜそば」も用意されており、「生卵」「魚粉」「チーズ」と言ったトッピングも選択可能だ。

一応ビールも食券機にはあるが、飲んでいる人など見渡す限りいなかった。

ということで、席の中央に位置する給水機からセルフで水を汲み、奥のカウンター席に座る。

カウンターを見渡すと、ラーメンに対して真正面から格闘している戦士たちの姿が。

遠くから見る限りは、「多いっちゃ多いけど、それほどでも無いな」と、盛り具合をみて思っていた(視力0.01以下)が、果たして実際はどうなんだろうか。

己の腹を過信する私。壁に書かれるは、

「無理をして食べるのはおやめください」との挑戦的一言。

「ヤサイ」「アブラ」「カラメ」、こいつらをコールすることで、我々が想像する、かの二郎系ラーメンとなるのだろう。

もちろん、ニンニクは投入。

麺を普通にした分、こいつらで補おうとしていたら、友人が、

「いや、初めだし普通でいいんじゃない?ニンニクは入れてもOK」

と、またもやお節介な助言。

まぁ、まさかとは思うが、

いや、そんな事はないが、

万が一残してしまったら、店の主人はもちろん、友人にも申し訳ない。

またもやここも友人の顔を立て、「ニンニク」だけをプラスする方向で確定。

そして、もう一回ここは強調しておきたい。

持つべきものはトモダチである!!!

と。

 

スポンサードリンク

山のように盛られたヤサイ&ドデカチャーシュー 超濃厚スープが極太麺と絡む、超絶美味いラーメン!しかし腹が・・・

「トッピングはお出しする際にお聞きします」

の貼り紙通り、注文を聞く店主。

私は「ニンニクだけ」と告げ、食券を渡してから約10分。

到着するは、

ヤサイがカリン塔のようにそびえ立つ、こちらの魔人豚特性ラーメンである。

私は自分の目を疑った。

確か注文したのは、「普通サイズ」で、ヤサイは「マシ」ではない。

驚きを隠せない私の顔を見ながら、友人はニッコリ、

「ね!普通でよかったでしょ?」と一言。

こ、これが二郎サイズ・・・

インスパイアとはいえ、まさかここまでのボリュームであるとは・・・

このキャベツともやしの盛られ具合、これで「普通」なのか?

自分の日本語力を疑いつつも、

たっぷりと盛られたニンニクをスープに溶かし、

レンゲですする。

・・・おー、濃い!濃厚!!

身体中に激が走るようなエッジの効いた醤油と脂のコク、どこまででも啜ってしまいそうな自分好みのスープ。

やめられない、止まらない。

帰ってきた背徳感シリーズである。

頼んでしまったものは仕方がない。

カロリーなんて気にしてられるかと、ここで命を捨てる覚悟を決める。

濃厚スープに浸し、まずはヤサイから攻めていく。

茹で野菜ではあるものの、もやしもキャベツもシャキッとした食感が残っており、絶妙な塩梅。

これは本場二郎で修行した店主がなせる技なのか。

もちろん量は多いのだが、デフォルトのサイズであれば、ヤサイを端っこに寄せて麺をすする事も可能であるため、こちらも絶妙な盛り加減。

おそらく、「マシ」以上でのチョイスとなると、ある程度食べきるまでは麺に到達しないことが予想される。

また、スープが濃厚でしょっぱい分、ヤサイのサッパリ感が後半になるにつれ嬉しくなる。

どこまでも計算され尽くしたラーメン、初めてジロリアンの気持ちを理解。

そしていよいよ、こちら、

うどんの如く極太の麺を啜っていく。

もはやズルッといけないほどの重量感。

己の口を器に持っていき、

ズルっ・・・

ズルズルっ・・・

・・・う、うまい!!!

百パーセント期待を裏切らない極太麺。抜群のコシ。

ススるというよりは、口に詰め込んでいくと言った方がニュアンスが近い。

そのわしゃわしゃの麺に対し、いやらしい程にスープが絡みつき、口全体に麺とスープ、そしてアブラが染み渡る。

しかも、強烈に効いたニンニク。

ハチャメチャが、口の中へとどんどん押し寄せられていく。

その代償はデカイ。しかし、

オラ、ワクワクしてきた。

ということで、存分に麺を楽しんだら、次は

こちらのドデカチャーシュー。それも2枚!

このチャーシューも濃いめに味付けがされており、めちゃめちゃ柔らかくジューシー。

スープ同様、塩分にエッジが効いており、家系を食べ慣れている私からすると、喉から手が出るほど白米が欲しくなる味。

当然、お腹の容量的に不可能であるが、その米役を買って出てくれるのが、無味シンプルのヤサイ達。

あ・うんの呼吸。凄まじい連携。

魔人豚を倒すため、それぞれがそれぞれの仕事をこなす。

彼らの元気玉を武器に、ただひたすら完食というゴールを目指していく。

あとは、無心でススるだけだ。

うまい。

本当にうまい。

でもおかしい。

普通サイズのはずなのに、なかなか減っていかない。

誰だ?

「マシ」でも「マシマシ」でもかかって来いとか言った奴は。

気づけば額には大量の汗。

その濃い味スープとたっぷりのアブラが、私の視界を奪っていく。

苦戦と言っちゃお店に失礼だが、やはりこの量は普通ではない。いや、普通でたまるか。

なんて事を考えながら、

最後は豚の命に感謝しつつ、

なんとか完食にこぎ着けた。

丼をカウンターの上に置き、ごちそうさまと言い店の外へ。

未だかつて経験したことのない、パンパンの腹。

友達よ、助言ありがとう。

そして気づく、

次回はミニだ

と。

お互い満腹で動くのがやっと。飲み会の存在は何処へやら。

そのままコンビニへと歩き、ソルマックという名の仙豆を購入し、帰路につくのであった。

ぐっぷ

 

スポンサードリンク

 

ブログランキング始めました

いつもクリックでの応援、ありがとうございます。

この記事が少しでもあなたの役に立ちましたら、


人気ブログランキング

こちらの画像をクリックして頂けますと、ブログランキングに反映され、より一層の励みとなり、食欲となります。

本日行ったお店はコチラ

●まじんぶう

●住所:埼玉県川越市小堤910-28 エスパース・リュミエール五番館 1F

●営業時間:
12:00~14:15(L.O.)
18:00~22:00(L.O.)
※材料切れ次第、終了となります。

●定休日:日曜日・祝日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 老郷 本店 (ラオシャン) 鎌倉湘南グルメ幕府
  2. 第一亭 鎌倉グルメ幕府

▼ フォローお待ちしてます

PAGE TOP