【孤独のグルメ】チートとパタンで知られる中華、横浜日ノ出町の第一亭へ聖地巡礼!ラーメン二郎の如きニンニクたっぷりの裏メニュー、パタンの破壊力がヤバイ!

235
  • HOME
  • ブログ
  • 出張グルメ
  • 【孤独のグルメ】チートとパタンで知られる中華、横浜日ノ出町の第一亭へ聖地巡礼!ラーメン二郎の如きニンニクたっぷりの裏メニュー、パタンの破壊力がヤバイ!
スポンサードリンク

 

定期的に開催される、孤独のグルメ聖地巡礼会。

今回はとある中華料理屋の暖簾をくぐるべく、横浜は日ノ出町へ、鎌倉から足を伸ばす。

 

個人的に食欲の掻き立てられる、孤独のグルメ太麺ズルズル回が2つあり、

 

一つは渋谷道玄坂にある長崎飯店の皿うどん軟麺(シーズン6)、

そしてもう一つが、横浜日ノ出町のチートとパタン(シーズン3)。

 

放送から時間が経ってはいるものの、いまだ足を踏み入れたことのない未知の領域。

休日に友人と時間を合わせ、今回向かうは横浜、もちろん目的はチートとパタン。

 

五郎さんが味わった衝撃、日ノ出町の第一亭。

いったいどんなグルメを堪能できるのだろうか・・・

 

スポンサードリンク

孤独のグルメに登場した、横浜市日ノ出町の第一亭へ聖地巡礼! 賑わう店内、目的はやっぱりチートとパタン

横浜で待ち合わせした我々は、さっそく最初の目的である家系ラーメンをすすり、

その後は中華街・野毛と食べ飲み歩き、メインディッシュとなる日ノ出町の「第一亭」へ。

 

第一亭 鎌倉グルメ幕府

 

孤独のグルメ放送時にもあった、

「豚豚豚豚豚」の看板を電柱越しに確認し、

 

第一亭 鎌倉グルメ幕府

 

夜の部オープンとなる16時半ぴったりに、常連が通う台湾料理の老舗、第一亭へ。

 

店主高齢の為、不定期で休みの場合あり」と食べログに記載がありビクビクしていたが、

暖簾もかかっており、よかった、今日は空いているみたいだ。

 

第一亭 鎌倉グルメ幕府

 

まずは聖地巡礼を祝し、麦スカッシュで友人と乾杯。

 

まだまだ早い時間帯だが、続々と人の波が押し寄せ、あっという間にお店はほぼ満席。

休みの日だというのに・・・さすがは孤独のグルメ登場店だ。

 

第一亭 鎌倉グルメ幕府

 

こちらが同店のメニュー。

なんとも味のあるラインナップではあるが、

 

第一亭 鎌倉グルメ幕府

第一亭 鎌倉グルメ幕府

 

まず最初にいただいたのは、こちらのピータン(¥650)とチートのしょうが炒め(¥650)。

 

プリプリの食感にネギのかおり。

ビールのおつまみにぴったりのピータンを摘みつつ、さっそく孤独のグルメにも登場した、チートのしょうが炒めを一口。

 

うんうん、あ〜柔らかい

 

チートとは豚の胃袋。

ホルモン特有の歯応えというものはなく、とてもプリプリに仕上がっており、優しい味わい。

さらに生姜が効いているので臭みも一切なく、これは・・・ビールに合う、美味い!

 

優しい味わいである反面、しっかりと味付けは成されているので、

白飯をかっこみたくなる五郎さんの気持ちが物凄く伝わってくる。

 

チートのしょうが炒め・・・

 

やっと出会えたという事実だけで、すでに胸はいっぱいであるが、まだまだ腹は一分目。

さっそくお目当ての裏メニュー、パタンをいただいてみよう。

 

スポンサードリンク

ラーメン二郎のごとく、圧倒的ニンニクがクセになるパタン! スープでつけ麺、二度美味しい!!

パタン(焼きそばに近い)とは、ニンニクを包丁で叩き潰す際の「パタン」という音から命名された物で、元々はまかないだったとか。

しかしいつしか常連の間で人気となり、裏メニューにもかかわらずお店の看板商品へ・・・

 

確かにメニューには一切の記載がなく、

しかし他のテーブルを見回すと、どこもかしこも、

 

パタン、パタン、パタン!!!

 

というわけで、我々もお目当てのパタンを注文。

・・・が、その前に、

 

第一亭 鎌倉グルメ幕府

第一亭 鎌倉グルメ幕府

 

こちらのホルモンスープで、パタンを迎える準備を整えていく。

 

なんでも、そのまま食べても抜群に美味しいパタンだが、

誰かがスープに浸し、つけ麺風にして食べ始めたことから、今ではその食べ方が主流になっていったとか。

 

そんなわけで、つけ汁用にとこちらもホルモンスープを完備。

 

たっぷりと旨味が飛び出すホルモンに、ガッツリ効いた胡椒と生姜。

身体の内側からジンジンと温められ、これはどんどん食欲が増していく。

 

そして、いざご対面の時。

それがこちら・・・

 

第一亭 鎌倉グルメ幕府

 

こんもり盛られた太麺に、ネギとチャーシュー。

五郎さんも食べた、第一亭の隠れていない裏メニュー、パタンの登場だ。

 

第一亭 鎌倉グルメ幕府

 

ちなみに、すでに食べ方が定着しているからか、デフォルトでスープもつくという・・・笑

 

そんなスープかぶりもありつつ、

しっかりとグチャ混ぜにし、さっそく一口すすってみる・・・

 

第一亭 鎌倉グルメ幕府

第一亭 鎌倉グルメ幕府

 

ウマーーーーーーイ!!!!!

 

押し寄せるニンニク臭。

まるでラーメン二郎のごとく、口の中はニンニクで飽和し、、、最高!(笑)

 

ちゃんぽんのように太く柔らかい麺は、意外にも「ぬるい」温度で提供され、

それゆえダイレクトに、ニンニクの味・香りが押し寄せる始末。

 

ツルツルっと喉越しもよく、

これはビール、いや、米にも抜群に合う一品、間違いない。

 

このままでも存分に楽しめるパタンであるが、

 

はぁ、誰だ。

こんな変態なことを思いついた奴は。

 

・・・ということで、

 

第一亭 鎌倉グルメ幕府

第一亭 鎌倉グルメ幕府

 

ああ、、、美味い!!

 

スープに浸すことで、さらにツルツルと喉越しアップ。

ニンニク感は若干薄れるが、なるほどこれもめちゃくちゃ美味い。

 

元々の中華スープの味に加え、パタンの濃い味付けも一つになり、

いろいろと複雑な味覚が交差する中、ただ1人圧倒的個性でブレないカリスマ、ニンニク。

 

最後はそのニンニクが凝縮された残りのスープを胃袋へ流し込み、

 

第一亭 鎌倉グルメ幕府

 

胸だけでなく、腹もいっぱいになったところでお勘定。

瓶ビール二本とこれだけの量をいただきながら、1人2000円行かないというコスパも含め、

さすが第一亭、大満足でお店を出ることに。

 

ちなみに、孤独のグルメ本編後の「ふらっと久住」のコーナーで紹介され、

個人的に超お目当てだった品の一つ、しじみの醤油漬けは、

 

第一亭 鎌倉グルメ幕府

 

残念ながら諸事情でメニューから外れたとのこと。

ニンニクたっぷりの珍品ゆえ味わってみたかったのだが・・・無念。

 

とはいえ、ほろ酔い気分で腹もいっぱい。

よくもまぁこんないい店を探し出してくるなぁ・・・と、孤独のグルメ制作スタッフに嫉妬しつつ、そのまま次の酒場へ・・・笑

 

唯一無二の裏メニューパタン、

これは死ぬまでに食べておくべき料理の一つと言っても、過言ではない。

 

チートとパタンが登場する「孤独のグルメ」回はこちらでみれます

 

最後に、もし今回の記事が役に立ちましたら、


人気ブログランキング

こちら、最新のグルメ情報が一覧となっている、ブログランキングをクリックして頂けると嬉しいです。

よりディープな鎌倉・江ノ電沿線情報をお届けしますので、期待していてください。

 

■ Twitterはこちら

■ インスタはこちら

鎌倉・江ノ電沿線・藤沢の最新情報等を発信していますので、フォローしてチェックしてくださいね!

 

スポンサードリンク

 

第一亭(ダイイチテイ)

●だいいちてい

●住所:神奈川県横浜市中区日ノ出町1-20

●営業時間:
11:00~14:00(昼営業休止の日あり)
16:30~21:00(入店は20時が目安)

●定休日:火曜日 
店主高齢の為連休(月火等)不定期で休みの場合あり

●TEL:045-231-6137

 

みんなが読んでる鎌倉湘南グルメ