江ノ電を目前にTKGの朝ごはん!稲村ヶ崎ヨリドコロにて、ふわふわメレンゲの卵かけご飯とサバ干物定食の贅沢モーニングを食べてみた!

244
  • HOME
  • ブログ
  • 和食
  • 江ノ電を目前にTKGの朝ごはん!稲村ヶ崎ヨリドコロにて、ふわふわメレンゲの卵かけご飯とサバ干物定食の贅沢モーニングを食べてみた!
スポンサードリンク

 

今日は珍しく、朝の早起き。

目的はそう、江ノ電・稲村ヶ崎駅の線路横に立地し、目の前を通過する電車を見ながら朝食を味わえるという、

観光客にも人気の飲食店、ヨリドコロに向かうためだ。

 

ヨリドコロ 鎌倉グルメ幕府

 

開店となる朝7:00前に到着するも、すでに3、4組の待ち客の姿。

1回転目では入れそうだが、江ノ電が目の前を通過する外の特等席、

 

ヨリドコロ 鎌倉グルメ幕府

 

こちらはちょっと難しいか・・・

 

ま、いつでも見られる江ノ電は観光客に譲るとして、

 

灯台下暗しというやつか、

ここまで鎌倉を激プッシュしたお店、しかも行列ができるお店とあっては、逆になかなか現地人は立ち寄らないもの。

 

無論、私もその中の1人ではあったのだが、気になっていたのもこれまた事実。

 

というわけで、久々の早起きモーニング。

朝飯を食いに、いざヨリドコロへ。

 

スポンサードリンク

目の前を江ノ電が通過するど迫力、観光客が集まる稲村ヶ崎の人気店・ヨリドコロへ! 卵かけごはんにサバの干物定食で朝ごはん!

最寄駅は江ノ電・稲村ヶ崎駅。

その踏切手前に位置するのが、目の前を通過する江ノ電を眺めながら朝ごはん・ランチを食べるという、

鎌倉観光でも屈指の人気を誇る、ヨリドコロ。

 

ヨリドコロ 鎌倉グルメ幕府

 

お店の外にあるメニューを眺めながら、店員さんに注文をした後に店内へ。

朝ごはんは7:00〜9:00となっており、その内容は、

 

卵かけごはん定食 ¥500

あじ干物定食 ¥700

さば干物定食 ¥700

ASA(あじとさば) ¥980

 

といったメインの定食に加え、小鉢を追加していくシステムとなっている。

 

お昼ご飯はさらに干物のラインナップが増えるが、

朝ごはんの方が、リーズナブルに設定されているのが嬉しいところ。

 

あじとさばをダブルで行きたい気持ちもあるが、小鉢も少し追加したいので、

さばの干物定食に加え、梅干し、しらす、納豆、そしてヨリドコロこだわりの卵を注文!

 

ヨリドコロ 鎌倉グルメ幕府

ヨリドコロ 鎌倉グルメ幕府

 

外の特等性は取れなかったが、中からも大迫力の江ノ電。

テーブルにカウンター、さらにお座敷も用意されているので、お子さんも安心して楽しめる環境が整っている。

 

ちなみにお昼のメニューは以下の通り。

 

ヨリドコロ 鎌倉グルメ幕府

ヨリドコロ 鎌倉グルメ幕府

ヨリドコロ 鎌倉グルメ幕府

 

コーヒーや紅茶、アルコールも用意されているので、

朝の行列が勘弁という人には、こちらもオススメである。

 

ヨリドコロ 鎌倉グルメ幕府

ヨリドコロ 鎌倉グルメ幕府

 

といったところで、まずは注文した卵だけが登場。

なんだなんだ・・・と思っていたら、店員のお兄さんがみんなの前で卵かけご飯の作り方をレクチャーする。

 

ヨリドコロ 鎌倉グルメ幕府

 

そうそう、これがヨリドコロ名物。

定食が出来るまでの間に白身を手動でかき回し、自らの手でふわふわのメレンゲを作り上げるのである。

 

そして、これがなかなかの試練であり、

 

ヨリドコロ 鎌倉グルメ幕府

 

空気を含ませるようにシャカシャカとかき回し、

そこに愛を吹き込みながら、

 

ヨリドコロ 鎌倉グルメ幕府

 

徐々に徐々に、きめ細かい泡へと成長させていくのだが、

ハアハア、これがなかなかしんどい・・・

 

最後は、卵をかき混ぜる棒を、

手のひらでローリングさせる技術を体得し、

 

ヨリドコロ 鎌倉グルメ幕府

 

やっとの思いで、それなりのふわふわ具合に仕上げていく。

 

しかし、これでもまだまだ序の口。

さらに白身をかき混ぜて・・・

 

スポンサードリンク

ふわふわのメレンゲでそびえ立つTKG! 濃厚な卵にシラスを合わせ、脂ののったサバ干しでがっつく超贅沢な健康モーニング!

メレンゲをかき回すこと、約10分。

順番に魚が焼き上がり、お待ちかねのサバ干物定食の到着となる。

 

ヨリドコロ 鎌倉グルメ幕府

 

脂ののった、ジューシーなサバ。

ああ、これはめちゃうまそう・・・

 

ヨリドコロ 鎌倉グルメ幕府

 

ご飯はたっぷり大盛りにしてもらい(無料)、

慎重に慎重に、メレンゲをのせてTKGを完成させていく。

 

ちなみにうまくくぼみを作らないと、卵がスルッと落ちてしまうという事故に繋がりかねないので注意されたし。

 

といったところで完成したのがこちら、

 

ヨリドコロ 鎌倉グルメ幕府

 

そびえ立つ芸術的なTKGタワー、

ヨリドコロ名物の卵かけご飯である。

 

ふわふわのメレンゲに包まれた、濃い黄身。

醤油をかけてとろ〜ん、そして一口・・・

 

ヨリドコロ 鎌倉グルメ幕府

 

こりゃ、うめーーーー!

 

見た目どおり、超濃厚な卵。

それが、ふわふわのメレンゲと熱々のライスにのって口の中を駆けずり回っていく・・・

 

過去に食べたTKGで、満足してきたことは多々あるが、

ここまで驚嘆させられたのは初体験、さすが名物恐るべし。

 

ヨリドコロ 鎌倉グルメ幕府

 

メレンゲのカサが減ったら、厳選しらす干しを投入。

しっかりとした粒の食感と程よい塩分が、ガツガツと白飯をかっこみたくなる、テンションの上がる組み合わせだ。

 

 

お次は、トロトロのさばを一口。

溢れ出す旨味と脂、それをサッパリに仕上げてくれる大根おろしの存在が、またたまらなく食欲を掻き立てる一品となっている。

 

梅干しはちょっぴり甘く、お味噌汁もこれまた甘めの田舎風となっており、

それらの優しい味わいが、ガッつき疲れた胃袋をそっと癒してくれるような、とてもありがたい定食、、うん、これは美味いわ。

 

厳選しらすと美味しい梅干し、

何より超濃厚TKGを存分に味わったところで茶碗の中身もすっからかん。

 

納豆はいらなかったか・・・

と思いつつ、最後の〆にネバネバ味わったところで、お腹いっぱい、健康的なモーニングは幕引きとなる。

 

ふぅ〜、腹いっぱいだ。

 

江ノ電が生活の一部になっている私にとって、その存在は見慣れたものだが、

まじまじと通過していく江ノ電を見ると、やっぱり風情があるなぁ・・・と、思ったり思わなかったり。

 

そんな江ノ電をじっくりと見物しながら、早朝モーニングとなったヨリドコロ。

観光客に注目されるのは間違いないが、健康的な魚定食が味わえこの価格であれば、現地人も納得なのでは。

 

江ノ電を眺めながらゆったりと朝ごはん、

そして地獄のメレンゲ体験は、ぜひ一度味わってみて欲しい・・・笑

 

最後に、もし今回の記事が役に立ちましたら、


人気ブログランキング

こちら、最新のグルメ情報が一覧となっている、ブログランキングをクリックして頂けると嬉しいです。

よりディープな鎌倉・江ノ電沿線情報をお届けしますので、期待していてください。

 

■ Twitterはこちら

■ インスタはこちら

鎌倉・江ノ電沿線・藤沢の最新情報等を発信していますので、フォローしてチェックしてくださいね!

 

スポンサードリンク

 

ヨリドコロ

●よりどころ

●住所:神奈川県鎌倉市稲村ガ崎1-12-16

●営業時間:
7:00~9:00
11:00~17:00

●定休日:不定休

●TEL:0467-40-5737

●http://yoridocoro.com/

 

みんなが読んでる鎌倉湘南グルメ