江ノ島の新店串焼き居酒屋、赤星へ!絶妙な焼き加減で抜群にうまい焼き鳥、レバーに砂肝!特にハツがプリプリでヤバかった!

741
スポンサードリンク

 

以前、江ノ島から藤沢方面へ歩いていると、

オリジン弁当の手前に一軒の新店居酒屋を発見。

 

気になって覗いてみると、どこから人が湧いてくるのか、お店はすでに満席となっており、

その後も通りがかる度に人・人・人で埋め尽くされる店内。

 

予約をしようにもネット上に情報がなく(2020年9月現在、食べログの情報は無し)、

3度めの正直で、なんとか空席を確保。

 

・・・赤星

 

串焼き、焼き鳥をメインとした居酒屋さんみたいだが、一体なにがそんなに人を呼ぶのか?

その疑問を解決すべく、今日はしっぽり、焼き鳥で一杯やることに。

 

スポンサードリンク

江ノ島駅から徒歩5分、新店焼き鳥居酒屋の赤星へ初訪問! 藤沢けむりのマスターが手掛ける極上の串焼きを!

江ノ島駅から467号線を藤沢方面に歩き、徒歩5分ほど。

最寄駅は湘南海岸公園になるだろうか。

 

8月に新店オープンした焼き鳥居酒屋・赤星は、オリジン弁当の手前に立地している。

 

連日盛況なそのお店が気になるも、フラれること数回。

しかし今日、やっとの思いで空席を確保することができ、さっそく未知の店内へ。

 

座席はカウンターのみで、約12席ほど。

まだ内装も途中なのか、いい意味で何もなく簡素な店内が、

「うちは味で勝負している」感を演出している。

 

赤星 鎌倉グルメ幕府

 

おしぼりをいただき、まずは生ビールを注文。

その後に気づいたが、店名が赤星というだけあって、店内には赤い星がトレンドマークのサッポロラガーの大瓶の在庫がたっぷり。

 

・・・しまった、こっちにすれば良かったな

 

と、己の選択ミスをすこし後悔しつつ、

 

赤星 鎌倉グルメ幕府

赤星 鎌倉グルメ幕府

 

キンキンに冷えたサッポロの生で乾杯!

お通し(400円)には、こちらも蒸し暑い日にはありがたい、さっぱりのもずく酢となっていた。

 

それをつまみつつ店内を見渡すと、

夫婦なのであろうか、お店を切り盛りする女性店員さんと、料理、そして焼き場担当の男性店主の2名での営業となっており、

 

常連なのか知り合いなのか、カウンター席に座るお客さんと店主の会話に耳を傾けると、

なんでも、あの藤沢の名店焼き鳥、「けむり」の元店主で、新しくオープンしたのがこちらの「赤星」なのだとか・・・

 

 

・・・おおお、まじか

 

つくねにハツ、砂肝にレバー。

どれもが超絶妙な焼き加減で、久々にテンションの上がった焼き鳥屋、、、それが藤沢のけむりなわけだが、

 

まさかこんな形で、あの店主と遭遇することになるとは・・・

ラガーマンのようなガッチリ体型、なんか見覚えがあると思ったわ(笑)

 

つまり、けむりからの流れで連日賑わっていたのかと、ようやくふに落ちた、私よしつね。

ともなれば、その味は保証されたのも同じ。

 

急に胃袋が唸り出し、さてさて何を食べようかな。

 

スポンサードリンク

やっぱりうまい、絶妙な焼き加減! 辛味噌で食べるとりねぎにレバー、特にハツはプリプリジューシー、絶対に食べて欲しい一串!

赤星 鎌倉グルメ幕府

 

メニューはシンプル、ド直球。

 

焼き鳥を中心に、豚、牛、野菜の串焼きと一品料理、

加えてオススメメニュー(馬刺しなど)が黒板に数品書かれている。

 

赤星 鎌倉グルメ幕府

 

まず最初にいただいたのは、こちらのサラダ。

シャキシャキのレタスをベースに、キュウリ、トマトがたっぷりと添えられ、ご当地のしらすで溢れる和風な一品、、、うん、美味い。

 

シソのかおりが食欲を掻き立てる、こちらのサラダで胃袋の調子を整え、

まず最初にいただいたのが、

 

赤星 鎌倉グルメ幕府

 

焼き目がなんとも美しい、こちらのとりねぎ。

旨味をとじこめた超ジューシーな一本、うんうん、やっぱり超美味い!!!

 

表面はパリッとしつつ、

とろんとした中身が飛び出すネギ。

 

そりゃあ間違いない組み合わせだが、にしてもやっぱり絶妙な火の入れ具合、

他とは一線を画す、職人の焼き鳥をもっとたっぷり堪能すべく、

 

赤星 鎌倉グルメ幕府

赤星 鎌倉グルメ幕府

 

続いて、皮、ハツ、砂肝をチョイス。

 

パリッとしつつもジューシーな皮に、

コリコリっとした食感が病みつきになる砂肝。

 

しかしやはり、特筆すべきはやはりハツだろう。

耳たぶのようなプリプリのハツ、程よい塩分と凝縮された旨味が混ざり合い、

 

うまーーーーーーー!!!

 

わずか二口の楽しみではあるが、口の中に余韻が残り、ほっぺが落ちそうなほど美味いハツ。

これは酒が進まずにはいられない・・・ということで、

 

赤星 鎌倉グルメ幕府

赤星 鎌倉グルメ幕府

 

お次はさっぱり、トマトハイ。

こちらはプチトマトの果肉がたっぷりと投入されており、上質な肉の旨味で、ぼやけてきた口の中がリフレッシュされる一杯となっている。

 

赤星 鎌倉グルメ幕府

赤星 鎌倉グルメ幕府

 

レバーは卓上に置かれた赤味噌をつけて一口。

 

表面はしっかりと焼かれているが、中はプリプリのレア。

つくづく串焼きは焼き師の腕にかかってるなぁ〜と思いつつ、

 

赤星 鎌倉グルメ幕府

赤星 鎌倉グルメ幕府

 

ホクホクの青森県産ニンニク揚げを味噌でいただき、

 

赤星 鎌倉グルメ幕府

赤星 鎌倉グルメ幕府

 

熱を加えたトマト焼き、

オススメメニューからは、上ミノの串焼きをいただく。

 

どちらもお酒が恋しくなる一本。

じっくりと最後まで味わいながら、

 

赤星 鎌倉グルメ幕府

 

最後の〆に焼きおにぎりを頬張り、お会計をしてもらうことに。

 

ちなみに、藤沢のけむりではチャーハンがこれまた美味しいのだが、赤星のラインナップには見当たらず。

まだオープンしたてで、メニューも完成系では無いので、こちらもいつか登場してくれると嬉しいのだが・・・笑

 

というわけで初訪問となった、焼き鳥居酒屋、赤星。

その味はすでに「けむり」で証明されてはいるものの、

巧みに炭を扱う店主の腕前は、やはり何回食べても感動もので、格別に美味い!

 

そしてそのこだわりは、串焼きだけにあらず。

すぐにでもリピートし、次は一品料理、そしてオススメも攻めて行きたいものだ。

 

最後に、もし今回の記事が役に立ちましたら、


人気ブログランキング

こちら、最新のグルメ情報が一覧となっている、ブログランキングをクリックして頂けると嬉しいです。

よりディープな鎌倉・江ノ電沿線情報をお届けしますので、期待していてください。

 

■ Twitterはこちら

■ インスタはこちら

鎌倉・江ノ電沿線・藤沢の最新情報等を発信していますので、フォローしてチェックしてくださいね!

 

スポンサードリンク

 

赤星

●あかぼし

●住所:神奈川県藤沢市片瀬3-1-36

●営業時間:情報無し

●定休日:情報無し

●TEL:情報無し

 

みんなが読んでる鎌倉湘南グルメ