鎌倉で味わう超肉厚カツ丼、腰越の蕎麦屋・川邊でランチ!ボリュームたっぷりカツとシラスおろし蕎麦を、地元民も観光客も利用するローカルで!

138
  • HOME
  • ブログ
  • 和食
  • 鎌倉で味わう超肉厚カツ丼、腰越の蕎麦屋・川邊でランチ!ボリュームたっぷりカツとシラスおろし蕎麦を、地元民も観光客も利用するローカルで!
スポンサードリンク

 

たまに無性に訪れる、カツ丼欲。

その欲を沈めるための選択肢は大きく分けて二つあり、なんでも系の食堂へ行くか、お蕎麦屋さんへいくかだ。

 

そしてやはり、今までの経験上、

お蕎麦屋さんで食べるカツ丼の方が「アタリ」率が高い。

 

蕎麦つゆへのこだわりなのか、それとも技術的なものなのか、

とにかくカツ丼を食べたければGOTO蕎麦屋というのが、私よしつねの持論ということで、

 

川邊 (かわべ) 鎌倉グルメ幕府

 

本日訪れたのは、鎌倉は腰越。

ローカルなお蕎麦屋さん、川邊(かわべ)。

 

ここのカツ丼が「美味い」とよくオススメされていたものの、中々訪店する機会に恵まれなかった同店。

その欲を抑えるべく、さっそく暖簾を潜ってみると・・・

 

スポンサードリンク

腰越駅すぐのローカル蕎麦屋、川邊へ初訪問! お目当てのカツ丼に、ランチサービスのしらすおろし蕎麦を注文!

腰越駅を下車し、

電車通りと反対方向に歩いて2、3分。

 

飲食店が並ぶエリアを通過し、左手に見えてくるのが、

腰越のローカルなお蕎麦屋さん、川邊。

 

ちなみに腰越駅付近には、

 

 

「お蕎麦結」、そして「松原庵青」と、

美味しいお蕎麦屋さんが並ぶプチ激戦区ではあるが、両店舗ともカツ丼メニューは何故か無し。

 

あとはいわゆる食堂系となってしまい、

グルメな町・腰越ではあるものの、意外にもカツ丼をガッつけるお店が少ないという、残念な事実が存在する。

 

そんな理由から、発作的にくるカツ丼欲を沈める店舗としてよく利用していたのが、藤沢駅前の富士そば。

しかしまぁ、欲は満たされるものの食後の満足感は・・・むしろセットの汁の方が好みだったり・・・

 

そんなデブのメシアとなり得るのか、

さっそく川邊の暖簾をくぐる。

 

平日の14時と、少し遅めのランチということもあり、店内には常連のお父さん1人のみ。

テーブル(17席)と座卓(8席)のどちらでもOKということで、窓際のテーブル席に腰かける。

 

落ち着いた雰囲気の中、昼から一杯やりつつ女将さんと話す常連さん。

なんとも言えないローカルな雰囲気が、またいい味を出している。

 

そんな川邊では、一体何が食べられるのか。

さっそくメニューを見てみることに。

 

川邊 (かわべ) 鎌倉グルメ幕府

 

まずこちらが、平日11:30~15:00までの限定となる、プラス300円のランチサービスセット。

 

ご飯系を頼めば、「ミニしらすおろし蕎麦」がつき、

蕎麦を注文すれば、「ミニ釜あげしらす丼」がついてくるというもの。

 

初めてのお蕎麦屋さん、カツ丼だけというのも味気ないので、これは僥倖!

ちなみに他メニューでは、

 

川邊 (かわべ) 鎌倉グルメ幕府

川邊 (かわべ) 鎌倉グルメ幕府

川邊 (かわべ) 鎌倉グルメ幕府

 

名物であるしらすのかき揚げ天ざる他、定番の蕎麦メニューが冷・温ともにズラリ。

ご飯ものの種類も多く、さらには一品料理も豊富なので、飲み屋さんのように利用することも可能となっている。

 

大好きなせいろは次の機会にするとして、

 

カツ丼 ¥1200

ミニおろし蕎麦 ¥300

 

と、予定通りの内容でオーダー完了。

さて、いったいどんなカツ丼が味わえるのか・・・

 

スポンサードリンク

肉厚・超柔のカツが5枚も入る、ボリューミーな激ウマカツ丼! 上品な甘さのタレが染み込む玉子、ガッツリ米が進む一杯!

富士そばのカツ丼は約500円。

普通のお蕎麦屋さんなら、大体1000円前後。

 

って考えると、値段はそれなりにとるなぁ〜なんて思ったりもするが、

それは同店のカツ丼への自負でもあるのか、そんな期待値も込めつつ待つこと10分。

 

川邊 (かわべ) 鎌倉グルメ幕府

カツ丼 ¥1200

 

これは・・・

肉厚のカツが5切も入った立派なカツ丼、、、めちゃめちゃ美味そうだ(笑)

 

さっそくカツ欲を沈めるべく、

一口食べてみると・・・

 

川邊 (かわべ) 鎌倉グルメ幕府

川邊 (かわべ) 鎌倉グルメ幕府

 

おおお、これは美味い!!

 

分厚いのに、とっても柔らかい豚肉。

そこからたっぷりと旨味が溢れ出し、口の中いっぱいに肉の存在感を楽しむことができる。

 

そしてジューシーなお肉が、

上品な甘さの蕎麦つゆを吸った、薄めの衣から滲み出るタレと一緒になって、、、

 

ああ・・・、これは確かに美味い。

 

川邊 (かわべ) 鎌倉グルメ幕府

川邊 (かわべ) 鎌倉グルメ幕府

 

柔らかいお肉にかぶりつき、すかさず白飯をかっ込む幸せ。

 

ゆっくり噛み、じっくり味わうのもいいが、

咀嚼を蔑ろに、飲み込むように吸収することで初めて、カツ丼への煩悩は払われるのだ。

 

・・・と言わんばかりに、ガツガツと白飯を平らげる。

その一口一口が幸せな時間であったが、たっぷりのお肉とボリューム満天の白飯で、食べ終わる頃にはお腹いっぱいに。

 

味、量ともに大満足の一品。

カツ丼が食べたくなった時の救世主、まさにここ川邊が、そのメシアだったと判明したのはいいが、

 

川邊 (かわべ) 鎌倉グルメ幕府

 

こちら、セットのミニおろし蕎麦も、負けず劣らずの立派な一品。

すでに腹パンの私には、まさに嬉しい悲鳴(笑)

 

川邊 (かわべ) 鎌倉グルメ幕府

 

とは言え、こちらの看板メニューはなんといっても「蕎麦」。

おろしとワサビを汁に溶かし、玉子としらすとともに、すすっていく。

 

しかし・・・

食後のおろし蕎麦ということで、私の食べる順番が良くなかったのだが、

蕎麦が汁を吸ってしまっており、う〜ん、こちらはリベンジが必要かなぁ。

 

ただし、たっぷり入ったシラスは、食感・風味ともに存在感抜群。

セットで300円であれば、かなりお得なセットであること間違い無しだ。

 

川邊 (かわべ) 鎌倉グルメ幕府

 

最後は蕎麦湯を入れてズズズっと味わい、フィニッシュ。

ボリューミーで飽きのこないカツ丼、ふぅ、、、美味かった。

 

常連と女将さんのトークをBGMに頂く食事であったが、

その後、続々と観光客と思しきカップル、若者のグループが入店し、

 

ローカルでありながら、観光客も利用しやすいお店なんだなぁと、

そのポテンシャルを実感。

 

・・・といった感じで初訪問となった、川邊。

 

その代名詞でもある「蕎麦」こそ楽しめなかったものの、

店主のこだわりは随所に感じられ、他メニューも期待できること間違い無し。

 

そして何より、身近なカツ欲を抑えるメシアとして、

今後もリピ間違い無しである!

 

最後に、もし今回の記事が役に立ちましたら、


人気ブログランキング

こちら、最新のグルメ情報が一覧となっている、ブログランキングをクリックして頂けると嬉しいです。

よりディープな鎌倉・江ノ電沿線情報をお届けしますので、期待していてください。

 

■ Twitterはこちら

■ インスタはこちら

鎌倉・江ノ電沿線・藤沢の最新情報等を発信していますので、フォローしてチェックしてくださいね!

 

スポンサードリンク

 

川邊

●かわべ

●住所:神奈川県鎌倉市腰越2-5-9

●営業時間:11:30~19:30

●定休日:水曜日

●TEL:0467-31-0358

●http://www.soba-kawabe.com/

 

みんなが読んでる人気記事