茶房雲母(きらら)、人気お洒落喫茶で味わう宇治白玉クリームあんみつ!温かくてモチモチの白玉、あんこと一緒に・・ああ美味い!

84
スポンサードリンク

 

今日は休日。

観光客でより一掃の賑わいを見せる小町通りを歩いていく。

久々に鶴岡八幡宮を覗いてみると、若い夫婦の結婚式が執り行われており、雅楽の厳かな音色が神社内に鳴り響く。

どうか末長くお幸せに・・・

と、部外者なりに祝電を心で読み、神社を後にすると、

やはり休日、どこも人でいっぱい。

時刻は14時を回ったところ。

夜の予定までまだ時間があるし、ちょっと賑やかな通りを離れ、閑静な山の方を散策することに。

そして突如目の前に現れる、人の列。

隠れ家的な一軒家、その看板を見ると、茶房雲母(さぼう きらら)と書いてある。

列と言っても数組だったので、

暇を持て余していた私は、カップルだらけの列に勇気を出して一人並ぶ。

さて、今日はどんな出会いが待っているのだろうか。

 

スポンサードリンク

 

鎌倉駅から徒歩10分に位置する茶房雲母 閑静な山の中に突如現れる隠れ家的一軒家に訪問

ということで、今回訪問したのは、鎌倉駅西口から歩いて徒歩10分くらいに位置する、茶房雲母。

賑やかな観光スポットから少し離れた山の中に店を構える、

老舗のお茶屋さんである。

時の経過を物語るサビ具合。

もはや読めない、ガチな筆記体。

看板一つとっても、「うち、そんじょそこらのお茶屋さんではありませんよ感」がひしひしと伝わってくる。

緑に囲まれた外観も中々のものだ。

私の前には3組ほどのカップルやご夫婦が並んでおり、人気店であることが伝わってくる。

それもそのはず、こちらの茶房雲母、

食べログでもめちゃくちゃ人気の高い甘味処であり、休日でありながらこの列の少なさは、もはや奇跡としか言いようがないくらい。

新郎新婦の幸せのおこぼれ、がっちりとキャッチ。

店の前には、商品のラインナップ。

あんみつ、おしるこのメニューが並ぶ。

こう言った茶房に入るのは、どれくらいぶりだろうか。

それほど甘味処に行く機会がない私は、そもそも値段の相場というものすら分からない。

お目当の、

宇治白玉クリームあんみつ ¥900

が、高いのかそうでないのか。

そしてどれほどの一品が提供されるのか。

期待値がぐんぐん上がっていく。

このハードル、ちゃんと超えることはできるのか、雲母さんよ。

と、

列に並ぶこと10分。

2名がけテーブルが並ぶ店内に案内される。

卓上に置かれたメニューを見るも、

外で見た内容と大きく変わることはなかったので、最初から気になっていた、宇治白玉クリームあんみつを選択することに。

店内を見渡しても、カップルや観光で訪れた夫婦が目立ち、一人客の姿を目撃するには至らず。

食べたいものがあれば、一人だろうが何だろうが食べる。

世の男性諸君、まだまだ甘い。いや、真に甘いのは私のほうなのか・・・?

と、甘いもので思考を奪われた自分を、四皇ビッグマムの姿と重ねつつ、ひとつなぎの大秘宝、あんみつを待つのであった。

 

スポンサードリンク

 

暖かくてモチモチな白玉が美味い!宇治白玉クリームで本気のあんみつを見た

注文してから5分ほど、最初にセッティングされたのが、

こちらのセット。

香の物と抹茶のあんみつダレ。そして、綺麗なお花。

花の名前には疎いので、多くは語らない。いや、語れないと言った方が正しい。

しかし、鮮やかで綺麗な生花に、この店のセンスを物凄く感じた次第だ。

周りを見渡すと、一人一人異なるお花が用意されている。

お花畑の如く、色々ないろで染まったそれぞれの席を見ているだけで、面白いしテンションが上がる。

花をかいだり、

上品な香の物を嗜みつつ、

いよいよ登場するのは、こちら、宇治白玉クリームあんみつ。

緑が鮮やかな白玉。

黒くひかったこし餡に抹茶クリーム。

あんずとさくらんぼの橙色もとても綺麗だ。

予想以上の見た目の美しさに圧倒。

もしメロメロの実が実在するのであれば、文句無しにこの白玉であろう。

そんな白玉に食べる前からメロメロになりつつも、抹茶のタレをかけて、

さらなるお色直しへ。

食べるのが勿体無いくらいの白玉を口へと運ぶと・・・

・・・暖かい。もっちもち。

口いっぱいに広がる白玉を堪能する。

あんみつ自体は冷たいものだが、この白玉に限っては作り立てなのか、ふんわり暖かい。

隣には抹茶アイスが鎮座しているからか、「冷たいもの」と予想を裏切られた口がビックリ。

しかし、その暖かさが白玉のモチモチ感をモチっと際立たせ、今まで食べてきた白玉史上、最もモチモチであり、ほっぺがモチっと落ちそうになる。

白玉の適温、

よわい30数年にして、初めて知る。

かわいいかわいい、橙コンビ。

剥いているのか、目面しい橙のさくらんぼ。

とても甘くて柔らかい。

あんずは甘酸っぱく、アイスやあんこで甘くなった口へのアクセントとして、いい仕事をしている。

しかも結構大きいので、チビチビと食べることに。

そしてそれらの下に敷き詰められるは、

四角い寒天と丸い黒豆。

これらと一緒にあんこを乗せて食べる。

あんみつってこんなに美味しかったんだなぁ

と、しみじみ感動。

数分前に900円が高いか安いのかで悩んでいた自分が、つくづく情けない・・・

そう思わせるほどに、高いハードルを軽々超えてきた、宇治白玉クリームあんみつ。

口の中をフラットな状態に戻してくれる、漬物のしょっぱさ。

それがそこにある限り、何度でもあんみつの感動を味わうことが出来る。

豪快に抹茶蜜をかけ、

鮮やかな宇治抹茶を、最後の一口まで堪能する。

ピンポン玉級の白玉が5つも乗っかっているので、腹持ちも中々良さそうだ。

幸せを噛み締めながら余韻に浸っていると、最後にはこぶ茶もサービスしてくれる。

そんな贅沢なひと時に、味覚だけでない感動を覚える。

甘いものとしょっぱいもの。

決して相入れることの無さそうな、二つの味覚が織りなすマジック。

だから「和」って奥深いんだよなぁ

と、「和」に服従させられた昼下がりのおやつタイムであった。

それにしても、あのモチモチ。今でも忘れられない。

1時間くらいなら並んじゃうかな・・・

 

スポンサードリンク

 

ブログランキング始めました

いつもクリックでの応援、ありがとうございます。

この記事が少しでもあなたの役に立ちましたら、


人気ブログランキング

こちらの画像をクリックして頂けますと、ブログランキングに反映され、より一層の励みとなり、食欲となります。

店舗詳細情報

●さぼう きらら

●住所:神奈川県鎌倉市御成町16-7

●営業時間:
[月~金]
11:00~18:00
[土・日・祝]
10:30~18:00(L.O.16:00)

●定休日:なし

みんなが読んでる人気記事