焼肉かまくら本店で食す、絶品牛すじチゲランチ!トロトロに溶ろけたお肉の出汁がガッツリ滲み出た、甘くて赤辛い本格チゲが美味かった!

96
  • HOME
  • ブログ
  • 焼肉・韓国料理
  • 焼肉かまくら本店で食す、絶品牛すじチゲランチ!トロトロに溶ろけたお肉の出汁がガッツリ滲み出た、甘くて赤辛い本格チゲが美味かった!
スポンサードリンク

 

10月も半ばと来れば、もう冬は目の前。

いよいよ半袖だと心もとない、急な気温の低下っぷりに、季節の移り変わりを嫌でも実感する今日この頃。

そんな中、鎌倉で仕事を終え、鶴岡八幡宮の二の鳥居横のファミマを出ると、道路を挟んで目の前、チラッと視界に入ってきたのが、焼肉かまくら本店と言うお店。

確認するとランチ営業あり。

これは何かの縁だ!

と言う事で、迷わずここに決定。

久々の焼肉ランチ、吉と出るかどうなるか・・・

と言う事で、いざ初訪問をすべく、ドアを叩くのであった。

 

スポンサードリンク

 

鎌倉駅すぐの焼肉かまくら本店へ 数あるランチメニューの中から、牛すじチゲランチをチョイス

JR鎌倉駅から徒歩5分。

観光客賑わう小町通りを抜け、鶴岡八幡宮の二の鳥居へ向かう。

通り沿いの2階にあるのが、こちら、

焼肉かまくら本店。

本店という名前から、他にも支店がある模様。

それはそうとして、

鎌倉には意外と焼肉屋が少ない。

なので、必然的に焼肉を食べる機会が少なくなってしまっているが、やはり人間は肉食獣。

お肉をおかずに、米をかっ込みたくなる衝動を抑えることは不可能である。

というわけで、お店の前の看板を凝視。

定番の焼肉メニューが幅をきかす中、ふと目に着いてしまったものが、他でもない牛すじチゲランチ。

いやいや、待て待て。

私は肉をおかずに、米をガッつきに来たのだ。

と、頭を冷静にし、最終判断は店の中で決めることに。

テクテクと階段を登り、

OPENのフダを確認。

ガランガランとドアをあけ、いざ入店。

すると、活気ある店内。

中はお客さんで一杯だったが、一人客の私は運よくカウンター席に座ることができた。

店内は焼肉をジューっと焼くいい音。そして香ばしく良いにおい。

これでもかというほどのシズル感を食らった私は、牛すじチゲから気持ちをフラットに戻すことに成功。

さぁ、楽しくも苦しい、メニューを決める時間のスタートである。

特段、外の看板と異なるメニューは見受けられない。

なので、振り出しに戻る。

焼肉にするか、何か引っかかる牛すじチゲランチにするか。

「かまくら本店」自慢の味“石焼”をお召し上がりください

と、メニューの一言。

郷に行ったら郷に従え

困ったら己の直感に従え

かつての名捕手、横浜と中日で活躍した谷繁は、窮地の場面ではデータよりも自分の感性を信じたという。

・・・今がその時だ

この胸騒ぎ、これは自分の直感を信じよう。

さすれば、

牛すじチゲランチ ¥990(税別)

を、迷った末にチョイス。

当たりなら直感を信じた自分のおかげ。

外れたら、谷繁のせい。

そんなこんなで注文完了。

セットのドリンクはソフトドリンクから一つ選ぶことができ、アイスコーヒーを選択。

ライスの量も、「大」「中」「小」から選べるが、仕事の途中であったので、控えめに「中」をチョイス。

忙しい店内、

カップルから観光客ファミリーまで見受けられる。

ここにはキッズメニューも用意してあるし、4人がけの仕切りのある席もあるので、そういう人にも使い勝手が良さそうだ。

私が食べ終わる頃にはピークが過ぎたのか、お客がはけていたのでパシャリ。

窓の外には、二の鳥居が目の前に見えるらしく、食べログには絶景と売り出している。

まぁ、そこはそこまででもないと思う気もするが。

さて、注文を待つ間の楽しみといえば、

夜のメニューに妄想をめぐらすこと。

気になるお肉を見てみると、「牛」「ホルモン」「豚」「鶏」となんでもござれ。

メニューの豊富さからみると、特に「牛」と「ホルモン」に力を入れていることが分かる。

一品一品は決して安くはないものの、A5ランクの特上カルビが気になってしょうがない。

センマイ刺しに桜ユッケ。これもマストだ。

お店によって異なるキムチも気になるし、冷麺もかかせない。

と、

妄想男子、炸裂。

個人的に大興奮なのは、虎マッコリを完備してあること。

これについては話すとキリがないので、またいつか・・・

夜のリピ確定と行ったところで、お待ちかねの牛すじチゲランチの登場である。

 

スポンサードリンク

 

トロトロに溶ろけた牛すじから出る旨味&じんわり来る辛さが超絶美味い牛すじチゲを堪能!

という事で、注文してすぐ、まずはドリンクとサラダ、そして小鉢の3点盛りの到着。

グリーンサラダに塩の効いた胡麻油のタレ。

これがめちゃくちゃ食欲を掻き立てる。

新鮮なサニーレタスをパクパクっと食べ終え、3点盛りへ。

たけのこ、肉、もやしナムル。

どれもしっかりと味がついており、ビールがとても合いそう。

よく見たら、

カウンターに座る他の客、皆んな呑んどる・・・

抑えきれぬ衝動を無理やり抑え、その気持ちを米にぶつけることを決意。

そして到着するは、

牛すじチゲと白く光ったライス。

地獄の釜のように紅くフツフツ湧いた、自慢の味“石焼”。

湯気で分かる通り、熱々だ。

アッツアツのそれを取り皿によそると、

ホロホロに溶ろけた大きな牛すじの姿が。

ふーっ

ふーっ

と、冷ましつつ、口へ運ぶと・・・

・・・美味い!

まず口に広がるのが、牛すじからでる旨味。

口いっぱいに、じっくりと煮込まれたすじの甘みが放たれ、丁寧に丁寧に作ったという感動が伝わってくる。

美味い。美味い。

そして、後からじんわりくる、トウガラシの辛さ。

紅に染まったスープと浮かぶトウガラシから覚悟はしていたが、意外や意外に、見た目ほどの痺れる辛さは無い。

しかし、体の内側からジンワリと攻めてくるタイプの辛さ。

凶暴ではなく、まろやかに辛い。

それが牛すじの旨味と合わさって、ホットでスイートなシンフォニーとしてまとめられている。

谷繁の采配、ズバリ成功。

スープと牛すじの時点で、もう文句無しではあるが、それ以外の具材も素晴らしい。

味の染みた椎茸に、熱々の絹どうふ。

流れ出る滝の汗に構う事なく、黙々とレンゲで口に運ぶ。

そしてこの、白く輝く米を胃袋へ放り込んでゆく。

一粒一粒がしっかりと立っており、熱々でほっくほくのお米。

スープに合って、とても美味しい。

改めて見ても、なかなかの「赤」。館山出身が公となったYOSHIKIもビックリの真紅っぷりだ。

時にそれを米にかけ、

時には逆に米を浸してみる。

チゲの魅力に染まりきったこの私を、慰めてくれる奴はもういないのだろうか。

いつまでもこのチゲを楽しんでいたいが、楽しい時間ほど過ぎるのは早い。

という事で、

あっという間に爆食終了。

我ながら、引くほどの汗。

真剣にチゲと向き合った証である。

焼肉も当然美味しいのだろうが、今日は自分の直感に従ってよかった。

そんな晴れやかな気持ちにしてくれた牛すじチゲ、感謝である。

汗が引くのを待ちながら、アイスコーヒーで締める。

ちょうどお会計ラッシュということもあり、レジ前の席で食べていたので慌ただしく、外国人のお客さんなのか、韓国語や中国語が飛び交う店内。

カタコトで「おいしかったデス」という言葉を店主に伝え、忙しくもホッコリした時間が流れるのであった。

次は夜、

また来よう。

このお店、まチゲーねぇ。

 

スポンサードリンク

 

ブログランキング始めました

いつもクリックでの応援、ありがとうございます。

この記事が少しでもあなたの役に立ちましたら、


人気ブログランキング

こちらの画像をクリックして頂けますと、ブログランキングに反映され、より一層の励みとなり、食欲となります。

店舗詳細情報

●やきにく かまくら ほんてん
【旧店名】かまくら亭

●住所:神奈川県鎌倉市小町2-10-18 二の鳥居ビル 2F

●営業時間:
[月・火・水・木・金]
ランチ 11:00~15:00
ディナー 17:00~22:00(L.O. 21:30)

[土・日・祝]
ランチ 11:00~16:00
ディナー 17:00~22:00(L.O. 21:30)

●定休日:不定休

みんなが読んでる鎌倉湘南グルメ