腰越駅徒歩5分、お蕎麦 結でランチ!喉越し抜群のせいろ&かき揚げ小天丼の豪華ご飯セットに衝撃を受けた件

238
  • HOME
  • ブログ
  • 和食
  • 腰越駅徒歩5分、お蕎麦 結でランチ!喉越し抜群のせいろ&かき揚げ小天丼の豪華ご飯セットに衝撃を受けた件
スポンサードリンク

 

鎌倉市の外れ、

江ノ電腰越駅の海岸から逆方向に歩いて5分ほど。

通り沿いではあるが、閑静な住宅地の中にひょっこり顔を出すお蕎麦屋さん。

わりと近所で前々から狙っていたのだが、いつも混んでおり、中々入れずじまい。

しかし、今日は一日フリー。

という事で、開店時間の11時ぴったしに、突撃。

蕎麦・・・

大好きな食べ物だ。

蕎麦と、付けつゆ。

これだけのシンプルなシステムにも関わらず、お店によって全く違う個性が出る。

今日は吉と出るのか、それとも・・・

というわけで、いざ、参らん。

 

スポンサードリンク

 

腰越駅徒歩5分のお蕎麦,結 主人が手打ちする本格蕎麦屋さんで,せいろと小天丼のご飯ランチセットをチョイス

というわけで、

着きましたよ。お蕎麦 結。

ちょっと気が早く、ただいま時刻は10時50分。

という事で、お店の前で待機。

のどかな昼前のひととき。

お店の前には、

眺めて懐かしい、ビオトープ。

小さいメダカ、大きいメダカがぷかぷかスイスイと泳ぎまわる。

とても癒される空間だ。

その横に目をやれば、

蕎麦の芽。

こういう札を見ると、店主の蕎麦に対する真摯な想いが伝わり、見ているこちらも嬉しくなってくる。

そうこうしていると、あっという間にオープンの11時。

小腹も中々空いてきた。

さぁ、お待ちかねの初入店。

内装はウッド調の田舎風スタイルで、おしゃれな空間。

カウンター席が2つ。

それに、4人がけテーブルが1つ、6人がけテーブルが1つ。

さらに、4~6人がけくらいの小さな小上がりがあり、お子さんがいても家族全員で美味しい蕎麦を頂ける親切設計。

無論、私が本日一人目の客だ。

と、カウンター席に座り、

テンション高めにメニューに目を移すと、

といった具合で食事のお品書きが、ズラリ。

ほうほう、せいろ蕎麦が740円。

量までは分からないが、スタンダードなせいろでこの値段という事は、料金も特別高級というわけではない。

ますます期待値が上がっていく。

蕎麦は、せいろと田舎そば、そして十割そばも完備。

後から来た常連さんが十割そばをオーダーしていたが、日によっては無い場合もある。

そんな口ぶりで話をしていた。

定番のメニューが並び、そのどれもが魅力的であったが、

ページをめくると、お得なセットメニューが。

なるほど、

これで定番のせいろ蕎麦と天丼の両方が楽しめる。

という事で、一気に色々な味わいを楽しみたい欲張りな私は、

ご飯セット(せいろ&小天丼) ¥1150

をチョイス。

久々の新しいお蕎麦屋さん。

どんな出会いが待っているのか。

期待に胸を膨らませ、店内をジロジロしながら待つことに。

店内を見渡せば、

いたるところに地酒の一升瓶が。

このお店、日本酒にも力が入っているようで、

といった、酒飲みに嬉しいメニューも。

そして、そんなお酒のお供に最高なおつまみメニューも、

と、豊富にご用意。

だから、夜はあんなにも賑わっているのか・・・

と、納得。

板わさと天ぷらをつまみながら、日本酒をクイ。

あぁ、想像しただけでヨダレが出てくる。

それに、自家製の〆さば。

これもお店によって個性がでる一品。

さらにさらに、お蕎麦のお供にオリーブオイル・・・?

これはやった事のない組み合わせ。

いつか手合わせ願いたい。

また夜に来ないとな・・・と、この時点でリピート確定。

もちろん、

通常のビールと焼酎もあるのでご安心を。

そんなこんなで、待つ事10分。

待ちに待った、せいろ&小天丼ランチセットのお出ましだ。

 

スポンサードリンク

 

歯ごたえ良し、喉越し抜群のせいろ&香ばしく、箸が止まらない小天丼に脱帽

心の底から待ち望んでいた、せいろと小天丼のセット。

見た目、100点。

大きな平皿の上で、ひときわ輝くせいろ蕎麦。

手打ちでしっかりと歯ごたえのあるタイプという事が、ビシビシと伝わってくる。

薬味は、ネギとわさび。

ザ・シンプル。

蕎麦の味を純粋に楽しめと言われているような、思い切りのいい一皿だ。

左に目をやると、茶碗より少し大きめの器に盛られた小天丼。

かき揚げとなっており、見ただけでは使われている具材がハッキリしないが、香ばしく甘い天つゆの香りが漂う。

早く胃袋にぶち込みたい。

その気持ちをグッと抑え、

まずはこちらから頂こう。

この蕎麦の美しさよ。

これを付けつゆにつけ、ズルズル。

・・・うまい。

文句のつけようがないうまさ。

しっかりとした太さ、食感があり、存在感がものすごい。

それでいて、ズルズルっとすする時の口当たりはスッキリしており、勢いよく口の中へと入ってくる。

喉越しも好みのツルツル加減で風味もよし。

このせいろ蕎麦・・・好きだ。

しかし、

たまらなくおいしいのだが、

おそばの感想って、難しい・・・

使っている素材がシンプルで、味も繊細。

あれだけ店によって個性がでると豪語したものの、「うまい」という感想しか出てこない。

うぅ、

くるしゅうない。

しかし、

ここまで見事な一品、

写真だけでもその魅力を伝えるには十分すぎるだろう。

掴んで、

付けて、

ズルズルっと啜る。

さて、口の中が冷たくなってきたら、次の出番は君。

江戸風というべきか、少し黒目のかき揚げ丼。

甘く香ばしい香りが立ち、それが食欲を注ぐ。

では、一口。

・・・うん、うまい。

具材はおそらく、

たまねぎ、にんじん、ねぎであろうか。

野菜のかき揚げ。

その中でも玉ねぎの甘さと食感、その存在感が強く感じられ、コメが進む期待通りの味に仕上がっている。

あっつあつで頂く、小天丼。

茶碗一杯くらいの量なので、そこまで多くはない。

だからこそ、一口一口が名残惜しく、どんどん少なくなっていく天丼に寂しさすら覚える。

小皿に盛られるは、大根のお漬物。

こちらは、少し甘目。なますのような感じで、柚子の風味も感じられる。

丁度いい漬かり具合で、大根のシャキッとした食感が抜群だ。

そんなこんなで黙々と食べ、

口の中が甘くなってきたので、次は蕎麦。

ズルズルっとすすって、今度は天丼。

それの繰り返し。

蕎麦屋でセットを頼む時の嬉しい、有限ループ。

時の流れは無情なもの。楽しい時間はあっという間だ。

しかし、

蕎麦屋にしかない最後の最後のお楽しみ。

そう・・・

そば湯での締め。

あったかいそば湯、付けつゆに合わせて頂く。

あぁ、おいしい。

日本人に生まれてよかったと、心から思える瞬間の一つだ。

こちら、卓上に置かれた八幡屋の香辛料。

少し一味を加え、自家製そば湯の出来上がり。

せいろにしろ、小天丼にしろ、一品一品はそこまでの量ではないが、無心で食べてあっという間にランチタイムは終了。

そば湯をすすりながら、食った食ったと高楊枝。

食べ終わる頃には、常連さんが数組座っており、いつも通りの賑やかさを見せようかというところ。

一番できて正解。

だが、これだけのおいしいメニュー、

必ず夜に食べに来たい。

お手製メニューを摘みながら、日本酒をお猪口で一杯。

締めにお蕎麦なんてきたら、こりゃ、最高の組み合わせ。

と、ランチを食いながら次の再訪に向けて思いを馳せる、

なんとも幸せな時間を堪能することができたのであった。

 

スポンサードリンク

 

ブログランキング始めました

この記事が少しでもあなたの役に立ちましたら、


人気ブログランキング

こちらをポチッとして頂けると、より一層の励みとなり食欲となります。

●おそば ゆい

●住所:神奈川県鎌倉市腰越4-2-13

●営業時間:
11:00~14:30 
17:30~21:00(L.O.20:30)
日曜営業

●定休日:
木曜日、第3水曜日

●駐車場:あり(道路を挟んで向かい、4台ほどの駐車スペースがあります)

みんなが読んでる鎌倉湘南グルメ