鎌倉の老舗喫茶店、カフェ・ロンディーノ!懐かしの王道ナポリタンと自家製洋梨の具沢山ケーキはやっぱり美味い!!

433
  • HOME
  • ブログ
  • カフェ
  • 鎌倉の老舗喫茶店、カフェ・ロンディーノ!懐かしの王道ナポリタンと自家製洋梨の具沢山ケーキはやっぱり美味い!!
スポンサードリンク

 

仕事を終え、鎌倉駅に向かう。

平日の夜にも関わらず、酒場は人で溢れ、活気に満ちている。

よし、駅前でちょい呑みでもして帰るか・・・

と、お目当の店の前まで来てみたら、カウンター席を占拠する外国人客。

なんだ、付いてない。

そう思いながら、大人しく帰路につこうと西口の改札に差し掛かる少し手前で、足が止まる。

カフェ・ロンディーノ・・・

前々から行きたいと思っていた店。

しかし、老舗であり人気店。いつもなら混雑して入れないほどの賑わいを見せているお店だが、夜19時とあってか、中には空席がちらほら。

よし、今宵は珈琲で乾杯しよう・・・

というわけで、初訪問のカフェ・ロンディーノ。

いざ、入店。

 

スポンサードリンク

 

鎌倉駅から徒歩30秒の老舗純喫茶、カフェ・ロンディーノ スパゲッティとデザートの自家製洋梨ケーキを注文!

鎌倉駅西口を出てすぐの場所に位置するのが、

こちら、カフェ・ロンディーノ。

昔から営業している同店であるが、外観はお洒落な洋風デザイン。

お店の前には、

と、可愛らしい看板が出迎えてくれる。

1967年創業。

1967年と言えば、リカちゃん人形が発売された年であり、「夕日のガンマン」「続・荒野の7人」が公開された年でもある。

無論、私は生まれてもいない。

長い年月、皆に愛され続けてきた喫茶店。

それだけで価値がある、と、

しみじみ考えながら、入店。

座席はカウンター席が少しと、テーブル席。

奥まで確認できなかったが、そんなに狭いというわけではない。

それでも混んでいて入店できない時があるというのだから、このお店の実力がハンパでないということなのだろう。

木製のレトロな棚に、綺麗に並んだコーヒーカップとグラス。

白にカップと赤い容器のコントラストが、昭和で粋な純喫茶の雰囲気を醸し出している。

そしてネタケースに仕込まれたケーキ。

お酒はないが、夜のカフェ・・・悪くない。

よし。では、飯の組み立てを考えよう。

どれどれ・・・

見てわかる通り、とてもシンプルなメニュー構成。

余計なメニューは一切なく、ドリンクと食事とデザート。

ブレンドコーヒー ¥350

ストレートコーヒー ¥400

喫茶店のコーヒーがこの値段で頂けるというのだから驚きだ。

ちなみに、キリンビール(小)も置いてあるので、ガチガチの純喫茶かどうかは意見の分かれるところではあるが。

さて、仕事終わり、少し小腹が空いている。

なので、まずはフードをチェック。

定番のトーストも良いが、夜だからもう少し夜っぽいものを・・・

・・・ん?

ほう、スパゲッティか。

はて、何スパゲッティなのか。

選択肢は、スパゲッティか、スパゲッティのツナトマト。

トーストには細かく味付けが書いてあるのに、スパゲッティとなると一気に情報量が少ない。

・・・おもしろい。コイツに決めよう。

そして、このセットサービスメニュー、なんと350円の飲み物が付いてくる。

スパゲッティとコーヒーのセットで700円。

なんたる驚愕の安さ。

増税後でも変わらぬ姿勢、その姿勢に胸を打たれ、デザートも追加することに。

自家製プリン、間違いなく君で決定。

ということで注文をしたのだが、ここでまさかの緊急事態。

「スミマセン、プリン完売しちゃってます・・・」

Oh,,,orz

と、あとあと調べて見たら、自分の考えの甘さを痛感。

なんでもこの自家製プリン、忙しい時などは午前中で即完売するとのこと。

ただいま19時すぎ・・・

信じがたい潜り感を発揮してしまったが、気を取り直して、ケーキの内容を確認。

本日のケーキは、自家製洋梨のケーキ。

しかし、

「自家製」というパワーワードにこんなにも弱いのは私だけなのだろうか・・・

耳に心地よい音量のBGM。

お洒落な内装、ライトに目をやりながら、喫茶店のスパゲッティを待つのであった。

 

スポンサードリンク

 

上品なコーヒーに感謝!ど直球で懐かしいスパゲッティに感激!自家製洋梨ケーキの甘さに感動!

まず登場したのが、こちらアイスコーヒー。

ミルクは別添えで、少し投入。

ん〜、苦くてスッキリ。

コーヒーを評価するための語彙力を持ち合わせていないのが歯痒いが、そんなに主張の激しいタイプではなく、スッキリしている。

仕事終わりの乾杯ゴクゴク。

それが似合うといっても過言ではないアイスコーヒー。

ビールとはまた違う形で体に染み渡っていく。

そしてさらに待つこと3分、お目当のスパゲッティの登場。

少なすぎる情報量のスパゲッティ、君の正体は・・・

そう、昔懐かしい喫茶店のナポリタンであった。

大きなお皿にアッツアツの湯気が立ち、余計な色味を一切纏わない、赤く光ったナポリタン。

ピーマンなんぞ入れるものなら、凡人確定!そう告げられているようだ。

上にはちょこんとマッシュルーム。

物凄いシンプルであり、ど直球のナポリタン。

コーヒーとは一転、逆にこんなに主張の激しいナポリタンは初めてである。

麺はもっちもちで柔らかく、

「アルデンテ、何それ?」状態。

だが、それがいい。

やっぱり、ナポリタンはこうでなくちゃ・・・と、巻いて巻いて口へと放り込む。

うまい。

とてつもなく、うまい。

美味しいものを食べたという感動はさることながら、なんとも懐かしみを感じる昭和な一口に、色々な思いがよぎる。

色々大変なことはあるが、前を向いて頑張ろう

そう、背中を押してくれるような、不思議な感覚を与えてくれるナポリタンに出会えて嬉しい。

ほぼ唯一といって良い具材のマッシュルームは、大きく食感も楽しめる。

他、玉ねぎやお肉も入っているが、それらは決して主張するものではなく、あくまでも麺と正面から向かい合うナポリタン。

後半はこれでもかと粉チーズをぶっかけ、タバスコをたらり。

チーズの香りがナポリタンのケチャップと絡み合い、そこにタバスコの辛さが加わる。

うまい。

これぞ、ナポリタン。

あっという間に、楽しい巻き巻きタイムは幕を閉じた。

そして、

そのタイミングを見計らっていたかのように、間髪入れずに運び込まれる本日のケーキ。

自家製洋梨ケーキの登場だ。

では一口。

・・・うん、うまい!大正解!

見ただけでテンションの上がる洋梨の大きい果肉。

それだけではない・・・

側面、そして中にも、所狭しと放り込まれた洋梨たち。

君たちなんて、もう、ようなし!

とは、決して言わせない。

話を戻そう。

甘くて大きい洋梨以外のケーキの部分は、カスタードの味。

滑らかであり、卵を存分に感じる事ができる。

これぞ自家製ケーキ。

プリンも食べてみたかったが、この洋梨ケーキを食べる事ができ、大満足。

ペロリと食べて、お洒落でエレガントなディナータイムの終了。

それまでは、居酒屋で飲むか、ラーメン屋で飲むか・・・

レパートリーなんぞ、ほぼ無いに等しい私にとって、新しい発見。

ノンアルコールの夜カフェタイム・・・これはアリだな。

という事で、

初訪問のカフェ・ロンディーノ 、是非とも再訪したいお気に入り店となった。

次こそは、混むのを我慢して自家製プリン。

是非ともお目にかかりたいものである。

さ〜て、コンビニでビールでも買って帰るとするか。

 

スポンサードリンク

 

ブログランキング始めました

この記事が少しでもあなたの役に立ちましたら、


人気ブログランキング

こちらをポチッとして頂けると、より一層の励みとなり食欲となります。

店舗詳細

●かふぇ・ろんでぃーの

●住所:神奈川県鎌倉市御成町1-10

●営業時間:
[月・火・木~土]
7:00~22:00
[日・祝]
7:00~20:00
日曜営業

●定休日:水曜

予約は不可!プリンを食べたきゃ早めにGO!

みんなが読んでる人気記事