江ノ島らーめん、花みずき!深夜営業が嬉しい塩ベースのたっぷりシラス麺!居酒屋としても使える駅近店舗!

156
スポンサードリンク

 

ここ江ノ島は、残念なことに夜まで営業しているお店が少ない。

と言うか、チェーン店しかない。

なので、小田急線の終電で帰ってきようものなら、ファミマくらいしか私を癒してくれる存在がないのである。

そんな中、ほぼ唯一といっても良いくらいだが、割と深夜までOPENのフダがかかってるお店がある。

それが、

江ノ島らーめんの花みずきである。

今日は町田で一杯。

終電より少し早い時間の帰宅だったので、まだギリギリ花みずきが空いていることを確認。

と言うわけで、締めのラーメンを食べるべく、暖簾を潜るのであった。

 

スポンサードリンク

 

江ノ島の目の前に位置する、江の島らーめん花みずき!石ちゃんもまいう〜のシラスたっぷりラーメンをチョイス

小田急の片瀬江ノ島駅からも、江ノ電の江ノ島駅からも、下車して徒歩3分くらいの場所に位置する同店。

江の島を眺める一等地、そんな場所に立地しているので、とても分かりやすい。

やはり観光地という側面が強く、チェーン居酒屋が存在しないためか、江の島駅周辺は夜10時をすぎると一気に静かな街へと変貌を遂げる。

(たまに暴走族がその静寂を切り裂く)

なので、いつも終電近くに千鳥足で帰宅する私にとっては、少し物足りないのが実情で、ファミマからの家飲み&YouTubeがお決まりの鉄板コースなのだ。

しかし、たまたま11時すぎに江ノ島駅へ到着したこともあり、江の島ラーメン花みずきが営業中。

前々から目立っていたので、いつか訪問してみたいと思ってはいたものの、中々来れずにいたお店。

チャンスは今だ、と、

怪しい入り口を入っていく。

やはり平日の深夜であるからか、もう1日の営業をやり終えた感じで、私以外に客は見当たらない。

店内はカウンター席とテーブル席があり、結構な収容人数である。

天井にはこれでもかというほどのホッピーの赤提灯。

この感じ、大好物だ。

定員さんに聞いてみると、24時ラストオーダーの、25時閉店とのこと。

食べログ記載の情報によれば、25時ラストオーダーとなっているので、内容が変更されているのか、この日だけなのか、そこは私にも分からなかったが、

もう少し遅くまで営業してくれればなぁ〜、こんな居酒屋みたいなんだし・・・

と、思うところが本音である。

それはさておき、初めての訪問。

名物の江ノ島らーめんを食べることはほぼ確定だが、他のメニューものぞいて見ると、

といった具合で、ラーメンメニュー多数。

定番の江ノ島シラスを使ったラーメンから、全く関係のない豚骨ラーメン。

その種類も豊富で、ざるラーメンに汁なし油そば、つけ麺に到るまで、あらゆるラーメンを取り揃えたオールラウンドスタイル。

やはり一番人気メニューは、江の島しらすらーめんとのこと。

さらにはしらすのメガ盛りというバージョンも用意しており、なんでもメレンゲの気持ちで石ちゃんが「まいう〜」をかましているらしい。

ちゃっかりサインも確認!

流石に、締めには量が多い。だが、いつか生でみてみたい一品である。

それ以外にも、

と、ご飯系からおつまみメニューも幅広く揃え、

ビールはもちろん、焼酎、日本酒、ウイスキーにサワー、カクテルに到るまで酒飲みの期待に応えるラインナップを有している。

ガリガリ君サワー・・・

ちょっと気になる。

もう少し、もう少しだけ営業時間伸ばしてくれたらなぁ〜(2回目)

おつまみメニューも豊富なので、時間に関しては若干残念ではあるが、それはさておき、

やはり定番のしらすらーめんをチョイス。

前々から気になっていたこの一杯、果たしてどんな感動をもたらしてくれるのだろうか。

 

スポンサードリンク

 

しらすたっぷり!あっさり塩の優しいスープとツルっとちぢれ麺が深夜の胃袋に染み渡る

さて、注文したのは、

元祖 江の島らーめん  ¥950

と、らーめんにしては中々の価格だ。

たっぷりのシラスを使った、魚介系。材料費もそこそこかかっているのだろう。

というわけで運ばれてきたのが、

見るも美しい、しらすらーめん。

大量のしらすはさることながら、色合いが綺麗な桜えび、殻ごと入ったあさりのボリュームも中々のものである。

それ以外には、わかめ、もやし、ネギ、そこにゴマがふりかかった一品だ。

しかし、やはり目をひくのは、このしらす。

まず、この高さよ。

天に向かって滝登りするその姿。

さながら、江の島にそびえ立つシーキャンドルを表しているかのようだ。

もちろん名物しらすなだけに、粒の大きさも立派。

これだけの量であれば、強気な価格帯にも納得である。

いったい、しらすデカ盛りはどれくらいの量なんだろう・・・

ではでは、スープを一口。

・・・なるほど、あっさり系。

塩分の効いた、あっさり塩味。

確かにうまい。うまいけど、濃い系が好きな私にとっては、ちょっと物足りなさも感じたり感じなかったり。

ならば、豚骨頼めよ!と言われそうだが、店の定番メニューから食べてみたくなる性格である以上仕方がない。

とはいえ、桜えびの香ばしさがほのかに香り、とても上品な一杯であることに変わりはない。

あくまでも私の好みと締めのラーメンという位置付けに置いての感想であるが、好き嫌いを分けない、優しい塩スープである。

さて、麺はどうだろうか。

金色の光ったちぢれ麺。

ツルッとした食感がとても美味しい、好みの麺だ。

なんでも、

と、メニューの1ページ目に書いてある通り、

店主はこれまでに試行錯誤を重ねてスープや麺を改良し、今の形に落ち着いたとのこと。

このちぢれ麺は、北海道から直送された「西山麺」。

広くサッポロラーメンで使用される麺だが、店主がこだわりを持って追い求めた麺だけあり、これはツルッとスープによくマッチする。

ズルズル

ズルズル

と、すする。すする。

食べていくと、しらすの塩分がプラスされ、いい感じに味が整っていく。

そして、もやしがシャキシャキしており、これが地味にアクセントとなって美味しい。

あーだこーだ言ったものの、

気づいたらあっという間に完食。

しかも、少し酔っ払っていたせいか、割と最後の方まで汁を啜ってしまった。

ふぅ〜、ごちそうさん。

ぶっちゃけ深夜までやってるだけでも嬉しいのだが、できれば終電で帰った後に一杯できたらなぁ〜。

そうすれば、いく機会がめちゃくちゃ増えてしまう便利なお店になること間違いなし。

うまい、それは間違い無いのだが、やはり江ノ島らーめんに限っては、ちょっと観光地ラーメンの側面が強いかな。

旅の思い出としてであれば、右に出るものなし。

だが、

個人的には、やはり締めはこってり豚骨に限る。

ということで、

必ずまた再訪し、今度は豚骨に挑戦。

次回に期待をよせながら、千鳥足で自宅へと帰っていくのであった。

 

スポンサードリンク

 

ブログランキング始めました

この記事が少しでもあなたの役に立ちましたら、


人気ブログランキング

こちらをポチッとして頂けると、より一層の励みとなり食欲となります。

店舗詳細

●らーめん はなみずき

●住所:神奈川県藤沢市片瀬海岸1-12-17 江ノ島ビュータワー 1F

●営業時間:
[平日]
11:30~02:00(L.O 1:00)
[土日祝]
11:30~02:00(L.O 1:00)

●定休日:無休

みんなが読んでる鎌倉湘南グルメ