鎌倉の新店、お魚定食Qちゃん食堂にて焼き鯖ランチ!仕上げは焼き鯖出汁茶漬け、ガチの茶漬け中モードに心から感動した年末【閉店】

365
  • HOME
  • ブログ
  • 居酒屋・ダイニング
  • 鎌倉の新店、お魚定食Qちゃん食堂にて焼き鯖ランチ!仕上げは焼き鯖出汁茶漬け、ガチの茶漬け中モードに心から感動した年末【閉店】
スポンサードリンク

 

平日の鎌倉。

今日もまた、昼メシを探しに駅周辺をぶらぶらり。

 

ここ最近、胃袋に刺激的なメニューを摂取しがちであり、尚且つ来たるお正月で胃袋は一年で一番のフル稼働モードへと突入する。

そんな胃袋を労いつつさらなる活動を期待するため、健康的なメニューは無いかと小町通りの裏道をのぞいていると、

 

 

お魚系の定食を売りにしたコンセプトであろう、Qちゃん食堂なる新店を発見。

 

焼き鯖、赤魚、マグロのカマに鯖棒鮨、、、

そして、お米にお味噌汁、小鉢が付いた、どこからどうみても健康メニュー。

 

荒れた胃袋のヒットポイントを回復すべく、謎の新店、Qちゃん食堂の階段を登っていく・・・

 

スポンサードリンク

 

鎌倉小町通り裏の新店、Qちゃん食堂ランチ!荒れた胃袋をケアするべく、健康的な魚定食メニューをじっくり吟味

 

階段を上がると、そこはこじんまりとしたスペース。

一般家庭の1フロアくらいのスペースに、4人テーブルが2卓、2人テーブルが4卓設置され、配膳用のカウンター越しに厨房で店主が魚を焼いている。

 

店内には観光に来た夫婦や、和装した外国人客などで賑わっており、日本酒をグビグビやっている人もちらほら。

そんな真昼間からアルコールを摂取している光景に指をくわえつつ、2人テーブルの端の席に案内され、健康的な魚メニューを吟味していく。

 

 

お店の看板となるのが、お魚定食メニュー。

焼き鯖やマグロのカマの煮付けなど、白米のお供にピッタリのメニューが並び、〆さばの棒寿司や太巻きと言った手の込んだメニューも完備。

 

さらに、観光客をターゲットにした湘南鎌倉名物のしらす丼や御膳も用意され、向かう所敵なしの強力な布陣。

単品の生しらすや釜揚げしらすが用意されているところも、呑んべえにはありがたい、痒い所に手が届く仕様となっている。

 

とは言え、今日のテーマは胃袋をケアする健康メシ。

アルコールのページはさっと閉じ、看板メニューとなる魚の定食で最終オーディションを開始していく。

 

・焼き鯖定食

・マグロ円盤の煮付け定食

・赤魚の西京焼き定食(期間限定)

・厚切りブリのみそ漬け定食(本日のおすすめ)

 

最終エントリーはこの4品。

どれもこれも捨てがたい・・・

 

超健康的な焼き鯖も良いが、煮魚で米をかっ喰らうのも大得意。

それに、期間限定やおすすめの文字が私の思考の邪魔をする・・・が、

 

 

ん〜、看板の焼き鯖にしておくか、、、

 

 

と、他メニューが名残り惜しくも、健康を手に入れるべく焼き鯖に決定。

なお、こちらの焼き鯖は1枚と2枚を選ぶことができ、

 

焼き鯖1枚 ¥900

焼き鯖2枚 ¥1300

 

となっている。

 

メニューを見た感じ、一枚でも中々の大きさなので、そのまま1枚の方をオーダー。

果たして、胃袋を満たしつつ、そのケアまでを求める欲張りな注文に答えることができるのか・・・

 

スポンサードリンク

 

脂の乗った焼き鯖に健康小鉢の数々!最後は白飯にぶっかけて、焼き鯖出汁茶漬けを堪能!「鯖よし、味よし、健康よし」の定食に大満足

 

焼き魚、、

ちょいと時間がかかるのかと思いきや、注文してから10分とかからず、

 

 

待望の健康メシ、焼き鯖の到着。

 

おかわり無料のふっくら白飯に、お味噌汁。

さらに漬物、2種の小鉢(冷奴&しらすおろし)が付いた、豪華なランチ定食。

そして、、、

 

 

脂が滴り、焦げ目が食欲をそそる焼き鯖。

大根おろしとレモンが添えられ、胃袋も歓迎の舞を踊り出す。

 

早速身をほぐし、大根おろしと共に白飯へピットイン。

 

 

何もつけず一口食べると、胃袋に染み渡るDHA。

ふっくらした鯖の身とジューシーな脂に、手品の如く消えていく白飯。もちろん、美味い。

 

一人暮らしでやらない事、2トップといえば、風呂にお湯を貯める行為と魚を焼く事。

そのうちの一つ、久々に実現した焼き魚。しかも健康的かつジューシーな鯖とあって、こちらのテンションも爆上がり。

そんな興奮を落ち着かせるべく、小鉢を挟むが、、、

 

 

この副菜がまた罪な奴。

冷奴にしらすおろし、白飯モードから一気に酒モードへと私を誘っていく。

 

特にこのしらすおろし。

しらすに加え、大葉とミョウガが程よく混ざって香り、鯖の脂を分解。

まさに箸休めと言ったたたずまいで、しらすがこちらを凝視している。

 

ちょっとした一手間で完成されるしらすおろしに感動、しかし酒はNGなので、

 

 

白飯おかわりでもって答えていく。

そして、鯖を待つ前から密かに楽しみにしていた、、、

 

 

この粋な食べ方をそのまま実行に移していく。

店員さんに専用の出汁を用意してもらい、白米の上には、鯖の身、大根おろし、それにフレッシュなしらすおろしもトッッピング。

 

 

卓上のゴマをふりかけ、見るも豪華な即席出汁茶漬け。

焼き鯖定食、最終形態の誕生である。

 

出汁を啜りながら、サーっと米を胃袋へと流し込む。

ジューシーで旨味たっぷりな鯖と、大根としらすによるWおろしが合わさり、香ってくるのは大葉とみょうが、そしてゴマ。

 

 

良い、、すごく、、いい、、

 

 

お茶漬け中・・・

たとえ電話が鳴ったとしても、出たくなくなる味。

当時憧れたお茶漬けタイムが、十数年の時を超えガチで実現した感動。

のりでも梅干しでもなく、まさか鯖茶漬けであったとは・・・

 

サーっと流し込みながらも、しかし確実に一口一口を堪能し、

 

 

最後はレモンを絞って、フレッシュさをプラス。

とにかく鯖がジューシーなのでそれだけだと脂っぽくなってしまうが、Wおろしとレモンの爽やかな口当たりが最後の一口まで美味しく食べさせてくれる、計算づくめな焼き鯖定食。

マスターの術中にまんまとハマりながら、、、

 

 

さらっと完食、あまりにも早い「お茶漬け中」であった。

 

気づけば席は満席。

それほど夢中にさせる焼き鯖定食、いや、焼き鯖茶漬け。

感動に加え、健康も手に入り、しかもこれで1000円以下・・・今後、この新店がどう化けていくのか楽しみである。

 

2019年も残り少し。

健康も手に入れたことだし、、、

 

年末年始、暴飲暴食で大暴れしてやろう・・・ニヤリ

 

スポンサードリンク

 

ブログランキング始めました

今回のお店に行ってみたいと思いましたら、下の画像をクリックいただけると幸いです。
↓↓↓


人気ブログランキング

再訪してより詳細情報をお届け致しますので、記事が少しでも役に立ちましたら、上の画像をクリックして頂けますと、より一層の励みとなり、食欲となります。

ご協力宜しくお願いいたします!

鎌倉お魚定食 Qちゃん食堂

現在は閉店しております。

みんなが読んでる鎌倉湘南グルメ