長谷駅すぐのトンテキ食堂MR.PIGへ!ホロホロ煮込みスペアリブ定食と丁寧な接客、こころあたたまる満足度高い孤独飯!

242
スポンサードリンク

鎌倉での仕事を終え、

気づけば夜の19時半。

 

辺りは真っ暗、観光客もほとんどいない小町通り。

 

連日の忘年会で好き勝手飲み続けていることから、外での晩酌は控えようと思いつつ、

いざその目線でメシ屋を探すと、カレーかラーメンという選択肢以外出てこない悲しい現実。

 

小町通りを抜け、江ノ電和田塚駅方面へ歩き、

そこから西へ大仏の方まで歩いていくも、、、

 

参ったな、どこにしよう

 

と、決めきれない状態のまま長谷駅の近くまでテクテク歩く。

 

今日はもうダメか、、

 

そんな中、長谷駅から江ノ電に乗って帰宅しようとした時に、偶然発見したお店が、

 

 

こちらの建物。

 

20時過ぎだというのに、辺りは真っ暗人気もなし。

しかし、この建物だけはオレンジのあかりが灯り、暖簾がかかっている。

 

砂漠の中で見つけるオアシス。

 

何屋か何だか分からんが、

この空腹、満たしておくれ、、、

 

スポンサードリンク

 

江ノ電長谷駅徒歩1分のトンテキ食堂MR.PIG 昼から呑める居酒屋、夜でも提供OKな定食メニューで至れり尽くせり

 

道路を挟んで発見した砂漠の中のオアシス的建物。

遠目からは何屋か分からないが、恐らく居酒屋だろうと店の前へと歩いていく。

 

 

豚の看板がお出迎えしてくれ、

ライブ会場のような雰囲気の階段を上がっていくらしい。

 

 

表のメニューを見るに、豚肉料理が多数。

 

トンテキ、スペアリブ、ポークメンチカツ、、、

 

しかも、単品メニューだけでなく、定食のセットもあるようだ。

 

ここは、、オアシスになり得るかな

 

仕事終わり、40分もメシ屋捜索に時間をかけ、

足は痛いし、腹はぐーぐー。

 

そんな中、偶然発見したトンテキ食堂 MR.PIG 。

定食で白飯ガッつきモードになっていた腹の前に、突如舞い降りたエンジェルポーク。

 

張り切って豚をしばきに、

階段を登り扉を開けて入っていく。

 

(落ち着いた時にパシャり)

 

綺麗で広めの店内は、

カウンター4席、

2名がけテーブルが1卓、

4名がけテーブルが1卓、それらを繋げて6人まで対応可能。

 

奥には座敷の小上がりが設けられ、約10人ほど収容可能な広々としたスペース。

 

日曜日の夜だというのに、

テーブル席、座敷はすでに埋まっており、カウンターも残り2席の盛況振り。

 

まさに長谷のオアシス。

湧いた酒の泉で酒飲みたちが癒されている。

 

私は、4席並んだカウンターへと通され、

早速メニュー選定へと移っていく。

 

 

おつまみ&ビール、、、

今日はきっぱり選択肢から外し、フードメニューから定食をチョイス。

 

・MR.PIG定番 やまゆりポークのオリジナルトンテキ

・国産豚のオリジナルトンテキ

・自家製ジューシーポークメンチカツ

・スペアリブのホロホロガーリック煮込み、大根と卵つき

・超粗挽き和風おろしハンバーグ(ビーフ100%)

 

これら5種類のメニューにプラス400円することで、ライス、味噌汁、副菜のついた定食へと変更することが出来ると言ったシステム。

独り者の、孤独夜メシにはありがたい存在だ。

 

迷うねェ、、、

 

選定に困る豚メニュー。

 

ちなみに、定番のやまゆりポークとは、

 

 

地元、神奈川県のブランド豚とのこと。

 

可愛らしい豚のイラスト。

私を出迎えてくれた表の看板の豚とは別人、いや別豚ということが判明。

 

となれば、、表の看板のが国産豚か

そんな風に見えないけどな、、

 

ハードボイルドな豚に思いを馳せていると、

他の客と店員さんが、「ウチは炭火焼でスペアリブが・・・」と話しているのを小耳に挟む。

 

トンテキ食堂ではあるが、

裏ボスメニューがスペアリブの疑いあり。

 

というわけで、それを定食のセットにしてもらい、

 

・スペアリブのホロホロガーリック煮込み、大根と卵つき定食 ¥1405

 

で注文完了。

 

ぐーっと、うめき出すお腹。

 

我、オオカミ。

子豚ちゃん、早く出ておいで、、、

 

スポンサードリンク

 

ガーリックの香りが食欲をそそるホロホロに柔らかいスペアリブ!居酒屋で食べる夜の定食メニューに大満足

 

注文完了し、居酒屋メニューもチェックすると、

 

 

鎌倉の地ダコ推し。

 

漁師から仕入れる新鮮なタコ、酒のツマミには抜群の破壊力だろう。

 

どれもこれも酒が進みそうなラインナップの中、

一つ浮いた漬物ライスバーガーなるもののフォルムが気になって仕方がない。

 

 

ビールにウイスキーに焼酎に、、

サワーにマッコイにソフトドリンクと揃っているが、なぜか日本酒だけは見当たらない。

 

ビールは4種類あり、

生ビールには「本日のクラフト」「ハートランド」「よなよなエール」と、少し変化球スタイル。

 

特によなよなの生が呑めるのは、酒好きには嬉しいこと間違いなしだろう。

 

ということで、注文してから約10分ちょい。

 

 

待ちに待った、MR.PIG特性スペアリブ定食である。

 

白飯をがっつく気分であったが、

健康第一、五穀米。

 

副菜にはきんぴらごぼう、そしてワカメの味噌汁がついた居酒屋で食べる夜定食。

 

お酒を呑まないからか、

お通し的なものは無く、お財布的にも嬉しい気分。

 

 

ホロホロに煮込まれた大きなスペアリブが2つ、

 

 

そのスペアリブの下に潜り込んでいるは、大根と卵。

 

そこに豪快にネギが乗り、

こちらの食欲を刺激するための完璧な布陣がひかれる。

 

箸でスーッとほぐれていくスペアリブ。

 

 

それを豪快にしゃぶりつく、、、

 

・・・これは、米が進むな

 

これでもかというほどに、ホロホロに煮込まれた柔らかすぎるスペアリブ。

それを一度口に含むと、口の中に充満していくガーリックの香り。

 

塩とんこつ風のタレなのか、

とにかく米がススム、ススム。

 

 

卵は半熟よりちょい固めに仕上がっており、

タレ色に染まった姿でこちらを睨みつけ、食欲を威嚇する。

 

 

厚さ4cmくらいの立派な大根。

それを箸で切り分け、からしとねぎと一緒に食べる。

 

おぉ、、意外とすっぱい

 

咀嚼した瞬間、

ベースのタレと、それとは別の酸味が染み出され、意外にもサッパリとした味付けにまとめられている。

 

予想外の酸味。

しかし、それがタレと抜群にマッチし、

筆舌し難い旨さが繰り出されていく。

 

無論、これも米に合う。

 

 

かなり細切りの、きんぴらごぼう(だと思う)。

 

くどく無い味付けにシャキシャキの食感。

これの副菜で箸をやすめながら、

 

 

残りの肉を薬味でコーティングし、ラストスパート。

 

ばくばく

はふはふ

ずずずっ

・・・

・・・

 

ふぅぅ〜うまかった

 

 

あっという間に、完食だ。

 

 

やはり、炭火焼スペアリブだけあって、めちゃくちゃ美味い夜定食。

雑誌に掲載されたみたいだが、その文言に偽りなしだ。

 

30代(?)くらいの男性2人で切り盛りするトンテキ食堂 MR.PIG。

帰り際に、

「お近くにお住まいなんですか??」

とお声かけしていただく。

 

そのまま少しお話していたら、

なんでも鎌倉駅御成通りに本店があるとのこと。

 

こちらのMR.PIGは2号店で、オープン日は2019年1月7日。

どうりでキレイな新店だったというわけだ。

 

本店のバーチーズは、4周年を迎えるとのことで、

 

 

来たる12月22日にはパーティーを開催するとのこと。

(19時からのアフターパーティーはMR.PIGにて)

 

そんなこんなで立ち話をし、

大満足の中、帰路につく。

 

飯が美味くて、

店員さんも親切、丁寧&爽やか。

おまけに長谷駅界隈でのほぼ唯一の灯りと来たもんだから、今後も使う機会がかなり多くなりそうな予感。

 

 

バーチーズかぁ、、、

人見知り激しいけど、、行ってみようかな、、、笑

 

スポンサードリンク

 

ブログランキング始めました

この記事が少しでも役に立ちましたら、


人気ブログランキング

こちらをクリックして頂けますと、より一層の励みとなり、食欲となります。

本日行ったお店はコチラ

●とんてきしょくどう みすたーぴっぐ

●住所:神奈川県鎌倉市長谷2-14-16

●営業時間:
11:30~15:00
17:00~22:00

●定休日:基本無し

みんなが読んでる人気記事