【腰越ぶらり呑み歩き】芒果探戈のマンゴースムージーカクテル&おつまみタピオカビスケットで始まるほろ酔いブラ呑みフェスティバル!

139
  • HOME
  • ブログ
  • カフェ
  • 【腰越ぶらり呑み歩き】芒果探戈のマンゴースムージーカクテル&おつまみタピオカビスケットで始まるほろ酔いブラ呑みフェスティバル!
スポンサードリンク

11月23日。

あいにくの雨模様。

 

 

いつも通り、江ノ電は腰越の商店街を走っていく。

 

祝日であり休日の今日、寒い中ベッドから起き、外に出てきたのは他でも無い、

年に一度のイベント、

 

 

「第4回腰越ぶらり呑み歩きの日」が開催されそこに参加するためだ。

 

地域の町おこしイベントと言うのだろうか、地元の飲食店が参加し、イベントのためにお酒と食事を振舞ってくれるという、年に一回のイベント。

と言っても、私は初参戦であるが。

 

 

ルールは簡単!

 

1人2500円で3枚つづりのチケットを購入。

参加してある店舗に行って食事&酒を振舞ってもらい、気になるメニューがあれば追加注文も可能!

昼から飲んでもOKと言う大義名分を得、さらにそれを後押してくれる早めの大人版クリスマスプレゼントだ。

 

前売り券も用意してあったらしいのだがその存在に気づかず、私は当日券を購入。

降りしきる雨の中、1人ぶら呑みを初めていく、、、

 

スポンサードリンク

 

芒果探戈(MangoTango)のマンゴースムージーカクテル&プレートを食べながら作戦会議

 

鎌倉市と藤沢市の市境、腰越。

 

鎌倉の西外れの片田舎ではあるが、

変わった飲食店や珍しい店も多く、漁港も目の前にありその味も本物。

新鮮な魚や市街を走る江ノ電を観に、近年では外国人の観光客も多い。

 

そんな腰越で開催される「ぶら呑み」に出店する飲食店は全部で21店舗。

全てが腰越駅から徒歩10分以内に位置するお店である。

 

3枚つづりの券を使って、計21店から3店をチョイス。

 

冷静に決めていきたいところではあるが、

あいにくの雨。

 

しかも風が強いときたもんだから、コンビニのビニール傘も使い物にならない始末。

 

そのため、まずは今日の作戦を立てるべく、現在地から近くに出店している店へと向かうことに。

 

 

芒果探戈(マンゴタンゴ)、

お初だ。

 

店の前を何回も通ったことはあるが、常に営業している分からない雰囲気を醸し出している同店。

流石に今日はイベントとあって、営業中。

 

 

入り口で店員のお兄さんが対応してくれ、

・腰越ハイボール

・マンゴースムージーカクテル

・マンゴースムージー

から選べるとのこと。

 

冷たい雨、冷たい風、

そして、かじかむ指。

 

そのような状況でも、冷たいものを摂取していく人間は稀なのか、

 

 

11時過ぎに入るも、おそらく1番客。

 

せっかくなら酒を!と言う事で、

こちらのオリジナルマンゴーカクテルをオーダー。

 

 

店内の装飾や飾りを観つつ、

時たま店の前を通り過ぎる江ノ電を楽しみながら、待つこと数分。

 

 

凍えるカラダに駄目押しの一杯、

マンゴーの果肉がゴロゴロ入った、スムージーカクテルの到着。

 

ゴクゴクっとビールもいいが、せっかくのイベント。

そのお店特有のお酒を飲むのも悪く無い。

 

寒い中、メンズ1人でスムージーを飲む。

 

キンキンにフローズンされたマンゴーにストロベリー。

知覚過敏なんてクソ喰らえ。

舌で転がすようにマンゴーを食べていく。

 

だが、、、

やっぱり美味い。

 

凍った果肉が口の中で溶け、マンゴーの風味が口の中に吹き荒れる。

カクテルの存在はそこまで分からないが、普段口にしない類のもの故、余計に感じる新鮮さ。

 

ガクブル級の寒さだが、それもまた一興。

口内でありのままに暴れるエルサを感じつつ、

 

 

お店で用意してくれたプレートおつまみが運ばれる。

 

なかなかのオシャレおつまみ。

さすがマンゴーのお店だけあり、ドライマンゴーも参上。

 

まずは、

 

 

小腹を満たすために塩分から。

 

サクッとビスケットに載せる立食感覚のおつまみ。

普段いくようなお店では中々巡り合わないラインナップ。

程よい生ハムの塩分が凍った口の中に浸透し、美味い。

 

 

フローズンマンゴーは楊枝が刺さり、

ドライタイプは下にディップがひかれる。

 

一口食べるとあら不思議。

ディップは少し酸味の効いた甘酸っぱいタレで、これがほんのり甘いドライマンゴーとビスケットに抜群に合う。

 

食感よし、

味なおよし。

 

最後はこのブルーベリービスケ、、、

 

 

と思いきや、ちょっとプニプニ。

 

 

普段、タピオカを食べない人間にとって、

黒くて小さい「まる」を観たら反射的にブルーベリーと思ってしまうのは至極当然(?)のこと。

あるある、、だ。

 

マンゴーに、タピオカ。

 

映えの代名詞とも言えるツートップと格闘するアラサーメンズ。

ちょびっと意表はつかれたが、味覚の幅が広がった気がして少し嬉しい。

 

そんなマンゴーカクテルと料理を楽しみつつ、

残りの2枚をどう使っていくか、、、

 

 

雨に濡れたパンフレットとにらめっこ。

 

各店舗により営業時間も異なるし、

提供されるおつまみも全く別。

 

う〜ん、ちょっと炭水化物入れとくか

 

と、小腹が空いてきた模様。

 

しらす軍艦にミニバーガー。

どれもこれもうまそうで、頭の中がこんがらがる。

 

しかし、1番小腹を満たしてくれそうなのが、

 

・10 クッチーナ・オーラ・レガーレの本日のピザ

 

腹にビビッと、何か来る。

 

未だ足を踏み入れたことのない、近所のイタリアン。

 

ピザのサイズはいかほどか、、、

と言う事で、レッツゴー。

 

スポンサードリンク

 

クッチーナ・オーラ・レガーレにて、赤ワイン&スモークチキン、ガーリックチップのピッツァを注文

 

空腹を満たすべく次いで訪れたのが、

 

 

こちらのクッチーナ・オーラ・レガーレ。

腰越駅から少し北上したところにあるイタリアンのお店。

 

家からも近く、そのうち行こうと思ってはいたので、今回はスルーすべきかとも考えたのだが、他のお店のフードと比較するに、ここのピザが1番ボリュームがありそう。

そんな雰囲気を感じ取り、そのまま決定。

 

 

外の看板をチェックして、そのまま店の中へと入っていく。

 

中にはブラ呑み勢が既に占拠しており、大テーブルで相席することに。

 

「次、どこへ行こうか〜??」

 

と、仲間同士ではしゃぐブラ呑み勢。

そんなテンションの高い女性陣の中、1人ポツンと座るメンズ。

 

そんな状況ではあるが、気にせずメニューをチェック。

 

 

お食事は、

・大山地鶏白レバーのテリーヌ

・スプラトゥスのカルビオーネ(イタリアのお魚の甘酢マリネ)

・大山地鶏砂肝のコンフィ 赤ワインビネガー

・生ハムサラミの盛り合わせ

・スモークチキン ガーリックチップのピッツァ

の5種類から選んでいく。

 

ピザとは決めているものの、

こう食欲をかき立てられるメニューが並ぶと、気持ちが揺らぐ。

 

テリーヌも気になるし、コンフィも捨てがたい。

しかしそこは予定通り、空腹を満たすためのピザを選択。

 

ピザじゃねーよ、ピッツァだよ

 

店員さんに注意されずにすんで安心。

 

番号札を渡され、到着まで他のメニューもチェック。

 

 

アラカルトのおつまみから、パスタ、メインディッシュ、さらにはドルチェ。

 

素人シェフには作れないような手の込んだラインナップがズラリ並んおり、お店のガチ感が伝わってくる。

 

 

赤ワインが運ばれて、

2件目のブラ呑みスタート。

 

 

・・・と言いたいところですが、

このブラ呑み、まだまだ続きますので前半はこれにて。

後半もチェックお願いします。

 

後編はこちら
>>>[腰越ブラ呑み]行列!中華そばトランポリンのイクラご飯&牛もつ煮 クッチーナ・オーラ・レガーレのピッツァ 1人放浪part2

 

スポンサードリンク

 

ブログランキング始めました

この記事が少しでも役に立ちましたら、


人気ブログランキング

こちらをクリックして頂けますと、より一層の励みとなり、食欲となります。

芒果探戈(マンゴータンゴ)

●住所:神奈川県鎌倉市腰越3-14-5

●営業時間:10:00~19:00

●定休日:基本なし

みんなが読んでる鎌倉湘南グルメ