鎌倉、四季菜で釜揚げ&生しらすの二色丼を爆食!店主が選ぶ湘南朝どれの絶品しらす、小鉢付きのお得なセット!

141
  • HOME
  • ブログ
  • 和食
  • 鎌倉、四季菜で釜揚げ&生しらすの二色丼を爆食!店主が選ぶ湘南朝どれの絶品しらす、小鉢付きのお得なセット!
スポンサードリンク

鎌倉で仕事を終え、

時刻は17時すぎ。

 

あたりは既に暗く、いつもなら一杯やって江ノ電で帰路につくのだが、

今日はこの後も運転しなければならない用事が。

 

腹が減っては戦はできぬ

という訳で、

早速メシ屋を探すのだが、残念ながらアルコールは無し。

 

ラーメン屋?

カレー屋?

なんか最近行ってるしなぁ、、

 

と、中々決まらないこの状況。

一度頭を空っぽにし、鶴岡八幡宮方面へと若宮大路をふらふらと歩く。

 

すると、そこで発見したのが、

こちらの看板。

 

複数店舗が入った施設、その中でもグッと訴えかけて来たお店が、

レストラン四季菜。

 

鎌倉に住んでいるが故の贅沢だが、しらすや生しらすと書かれても、観光客ほど引き込まれる訳では無い。

訳では無いのだが、連日重ための食事が多いからか、

今日はやけに、しらすが気になる、、、

しかも、「朝上がりの生しらす」なんて書かれたらもう。

 

よし、ココで決まりだ!

と、なすがままにお店をチョイス。

レストラン四季菜よ、私を生しらすで癒しておくれ。

 

スポンサードリンク

 

鎌倉駅若宮大路のレストラン四季菜!生しらすはじめ、多くの海鮮丼や定食を扱う本格板前料理

鎌倉駅東口。

二の鳥居の参道横、若宮大路を鶴岡八幡宮へと2,3分歩く。

すると左手に見えてくるのが、レストラン四季菜の入った建物。

ざっと下の看板で食事のラインナップを確認し、

2階へと上がっていく。

 

すると見えてくるのが、こちら、

レストラン四季菜。

 

「生しらすあります!」

という張り紙がピシッと貼ってあり、テンションが高まっていく。

 

店内に入るとカウンター席が並び、その奥で店主の板前さんが魚を捌いている。

その板さんが口で席を案内してくれ、私は奥のテーブル席に。

 

カウンターは4,5席。

座敷も用意されており、4人がけが2卓。

奥にはテーブル席が用意され、2人がけが2卓、4人がけが2卓.

補助の椅子もあったので、詰めればもう少し入りそうな気もするが、規模としてはそこまで広く無い店内。

しかしそれは朗報。

広くて混雑しすぎない分、存分に板さんの技を堪能出来るってもんよ。

 

という事で、

早速メニューを決めにかかる。

 

ページをめくり、最初に主張してくるのが、

「魚屋の店主が選ぶ湘南朝どれ絶品しらす」

と書かれた、しらす丼メニュー。

 

そうそう、これが食べたかったんだよ。

と、店のオススメと自分の気持ちが久々に合致し、少しホッとする。

 

それ以外には、マグロ、ネギトロ丼系。

こちらも、天然本マグロの贅沢丼で、ヨダレ必至のメニュー多数。

 

さらには、いくら丼や海鮮丼、刺身定食や揚げ物定食系、変わり種としては、

・ローストビーフ丼 ¥1580

・牛ステーキ定食 ¥2180

という、陸のお肉を楽しめる一品も用意されたし。

 

やはり修行を積んだシェフの成せる技なのか、

どの料理の写真を見ても盛り付けが美しい。

 

それ故に、実に迷う。

迷うんだが、今日はやっぱし、

 

・二色丼 ¥1100

こいつで決まりだ。

 

朝どれの生しらすと釜揚げしらすが豪勢に盛られ、真ん中には卵黄。

そのどんぶりだけでなく、胡麻豆腐、小鉢、香の物、味噌汁、そしてデザートまでつくんだから、観光地鎌倉においてはかなりコスパが高いことが分かる。

 

しかしだ。

大事なのはしらすの味。

ココが台無しであれば、コスパも何も無い。

 

という事で、ホールのおばちゃんに注文し、

久方ぶりのしらす丼を、今か今かと待つのであった。

 

今回注文はしなかったが、

アルコールメニューも多く用意されているので、酒飲みも存分に楽しめる仕様になっている。

 

はぁぁ、、飲みたい、、

 

スポンサードリンク

 

白く、透き通るように輝く湘南朝どれの生しらす2色丼!卵黄を割って食欲全開!小鉢もついたお得でコスパ良セット

飲みたい気持ちを抑え、

注文してから待つ事10分。

 

待ってました、

朝どれしらすの2色丼である。

 

胡麻豆腐、煮豆の小鉢、沢庵漬け、デザート、味噌汁、

そして、湘南の海のごとくひときわ燦然と輝いているのが、釜揚げ&生しらすの2色丼。

叫びたくなうような絶景だ。

 

なお、左の生姜には、卓上の

醤油、ポン酢、しそ風味と書かれたタレを一つ選び、それに溶かしてしらすにかけて食べるとのこと。

 

今すぐにがっつきたい。

その欲を抑え、

釜揚げ側から一枚。

 

透き通るような、白くて立派な釜揚げしらす。

上にはネギとゴマがかかり、とびっこと大根おろしが添えられる。

 

そして、

反対サイドの生しらす。

こちらは釜揚げしらすよりもボリュームはないが、

これぞ我らが心の誇り。湘南生しらすである。

 

贅沢なのに、この価格。

他のお店ならランチでももっと金とるぞ。

なんて思ってしまうぐらい、

ココまでパーフェクトな一品。

 

つけダレはどれにしようか、、、

と、しばらく悩む。

ヒトカゲ、ゼニガメ、フシギダネ。

ココまで3択で悩んだのも、おそらく小学校のその時以来だろう。

 

しそ風味、君に決めた!

と、悩んだ末にチョイスし、おろし生姜に溶かし、2色丼へと垂らしていく。

そして、今回のハイライト。

 

箸でちょーん、と、

卵黄の決壊。

きょうびの若者で言うところの、いわゆる映える瞬間だろうか。

 

と、そろそろ限界に近いので、スプーンで生しらすからすくい一口。

 

か〜、うめぇ!

 

やっぱり生しらすは美味い。

いや、より正確にいうと、

生しらす丼は、美味い気がするのだ。

 

というのも、味や食感、いずれも超繊細な生しらすだけに、

卵黄とノリ、ネギやしその出汁醤油で、食感も味も、判断が難しい。

しかしながら、生しらすの食感は紛れもなく残っているし、風味もしっかりと感じる。

 

それ故、単品で食べるのと異なり、生しらす丼についてアレコレ言うことが苦手なのだが、

紛れもなく美味いし、具材との相性も抜群。米がススム点についても異議なし。

文句なしの一品であることに、疑いの余地はない。

その繊細さ故に、生しらす丼としての評価はむすかしい。(無論、美味いのだが)

だが、めちゃくちゃ豪華なTKGとして考えた場合、それは全米が泣くほどのインパクト。

ただただ感動、それだけだ。

 

そして今度は、

釜揚げサイドを一口。

 

やはり一粒一粒の食感は生しらすより感じられ、程よい塩分が食欲を掻き立てる。

生しらすの方が個人的には好きだけど、米のお供としての完成度で言えば、やはり釜揚げしらすに軍配が上がる気がしないでもない。

 

いぜれにせよ言えること。

それはこの2色丼、いや、

この超豪華しらすハーフTKGが、めちゃくちゃに美味いと言うこと。

それだけなのである。

 

スプーンで食べたらもう最後。

一口一口は大きくなるし、

どんどん空になっていくどんぶり。

 

付け合わせの、

これらお供を頂きながら、しらす丼が減っていくのを、ただボーッと食って見ているだけ。

 

美味しいのか、

はたまた、寂しいのか。

 

俺は埼玉、陸育ち。

神奈川県民と育ってきた環境が違うから、、、とか、そんな事はどうでもいい。

つまりは単純に、

生しらす、君のこと、好きなんだよ。

・・・

・・・

といった具合で、バクバクっと一気に完食。

 

卵黄を割ってから、ものの数分。

ワン モア タイム ワン モア チャンス

の願いも通じず、豪華なTKGをペロリ平らげる。

 

最後は、

こちらのデザート。

 

一体これはなんだ??

と、箸でつつくと、驚くほどの柔らかさ。

 

割って食べてみると、

モチモチな食感。

そしてメロンの香りがパッと広がるお菓子。

 

これ、めちゃくちゃ美味い。

 

お土産で買って行きたいレベルだが、販売している気配はなし。

まさかお店で作っているわけではないだろうから、近所で売っていると思うのだが、、、

これもリサーチしなければ。

 

と言う事で、

食った食ったと高楊枝。

 

ボリュームはそこまであるとは言えない。

しかし、あの量のしらすが乗っかっており、小鉢もたくさん。

それにモチモチメロンちゃんまで付く。

 

控えめに、コスパ最高、ぞなもし。

 

たまたまだったのか、私以外には2,3組しかおらず快適空間。

味や付け合わせ、値段を考えても、

小町通りの喧騒で食べるしらす丼より確実にオススメに個人的には感じる次第。

 

次はマグロ丼、

いや、ローストビーフ丼か。

観光客狙い風の外観とは異なり、

「次の再訪が早くも楽しみ」

と、そんな気分にさせてくれる穴場レストランを一つ発見した気分である。

 

でも、まぁ、これから運転、、、

しんどいなぁ、、orz

 

スポンサードリンク

 

ブログランキング始めました

この記事が少しでも役に立ちましたら、


人気ブログランキング

こちらをクリックして頂けますと、より一層の励みとなり、食欲となります。

本日行ったお店はコチラ

●れすとらん しきな

●住所:神奈川県鎌倉市小町2-12-35 大路ビル 2F

●営業時間:
ランチ/10:30~15:00 
ディナー/17:00~21:00(L.O19:30)

●定休日:不定休

みんなが読んでる鎌倉湘南グルメ