藤沢駅のタイ料理店、ゲンキョウワンへ!ピリ辛ダレの激旨カオマンガイとハイボールで一人宴会を堪能!

112
スポンサードリンク

本ブログを立ち上げての記念すべき1店舗目は、鎌倉でもなければ和食でも無い、まさかの藤沢でのタイ料理。

 

この日は横浜で食事会だったはずが直前ですっぽかされ、半分やさぐれ状態で帰路に着いていたのだが、帰り道の藤沢でどうしても小腹が・・

 

そして相方の食べログを起動させ、パッと目に着いたのがこの藤沢が誇るタイ料理、ゲンキョウワンであった。

 

とりあえずメシ!と、軽い気持ちで入店したつもりが、予想を超えた美味しさに感動し、

 

「よし、この店舗を1店舗目の記事にしよう」

 

と思い立ったというわけだ。

 

そんなこんなで、これから続く長い鎌倉・湘南メシの備忘録の旅、ぜひお付き合いいただいたい。

 

 

スポンサードリンク

 

カップルを尻目に一人入店!迷いつつも「本日あります」との誘惑にカオマンガイを注文!

 

とまぁ、まずはこちらのゲンキョウワン、藤沢駅南口を出てからあること徒歩4分、

 

ほとんど一本道なので、迷うことなくお店につくことが出来た。

 

お店の外観は写真の通り。特に特筆する様な感じもない、いわゆるタイ料理的な雰囲気が醸し出されている店構えだ。看板は読めないが、おそらくゲンキョウワンと書いてあるのだろう・・

 

 

 

 

 

整体やBARなどが入り乱れるビルの1回に位置する本店。

 

営業時間は22時までとの事。お店に着いたのが21時であったが、ドアにかかったOPENの看板を見て、ホット一息。

 

入店するとお決まりのタイの装飾が、筆者を優しく包み込む。

 

 

 

 

さて、実は店舗に到着するまでに、食べログのメニューでおおよその目星はつけており、店舗名の「ゲンキョウワン」の由来となっているゲーンキョワーン、訳してグリーンカレーを食べようと思っていた。

 

初めての店舗で店の看板メニュー、ましてや店舗名にもなっているメニューを頼まないなんぞ、グルメ侍としてのポリシーに反している・・のだが、

 

店頭の看板に書かれた

 

「本日、カオマンガイあります!」

 

の誘惑に、筆者は打ち勝つことが出来なかった。

 

それまでピリ辛だけどココナッツ香るグリーンを米にぶっかけ、口へかっこむ己の姿を想像していたのだが、カオマンガイのポテンシャルは凄まじい。

一瞬で筆者の脳内は鶏肉モードに切り替わる。春の夜の夢の如しとはこの事だ。

 

メニューはこんな感じ。おすすめメニューには写真が無い。己の想像力が試される仕様だ。

 

 

 

定番のタイ料理はもちろん、デザートもふんだんに揃っている。

タイ料理屋に行くと、いつもお酒をどうするかで迷うのだが、お酒の種類も申し分ない。

 

また、おすすめコース料理もお手頃価格で堪能でき、ワインのボトルも数種類、割り物系のお酒も常備してあるので、男性客、女性客問わず宴会を楽しめる仕様だ。

 

テーブル席しかないので、小さいお子さんがいる人向けとは言えないが、店内は狭くないので、ベビーカーは入っていけそうだ。

 

筆者が入店した際は、カップル2組と女性2名客。

 

なるほど中々の女性率。昨今のパクチーブームは、ここ藤沢も例外ではない。

 

そこに一人入店していく勇気、これもカオマンガイのもつポテンシャルがなせる技なのだろうか。

 

ちなみに、これが断念したゲンキョウワン。

 

 

君とはまたすぐに会える気がするよ。

と、別れを告げ、カオマンガイを注文。

 

そしてその相方に、デカデカとアピールされたブラックニッカビッグハイボールを注文。

 

ビッグハイボールで370円・・・安いな。

 

わざわざビッグとネーミングしてくる事からも、ジャンボさを売りにしているのかと思ったのだが、

 

 

全く、ジャンボではないごくごく普通サイズのハイボールがお見えになったw

 

普通のジョッキに普通のブラックニッカが入っている。370円・・・まぁ妥当だろう。

 

おしゃれなコースターが着いてきたので、筆者のテンションは現状維持のままだ。

 

そして待つ事、7分。

 

本日の主役が運ばれてきた。

 

 

スポンサードリンク

 

滝の様な汗をかきつつ超ボリューム鶏肉にピリ辛ダレをつけ食す。超絶!絶品カオマンガイ

 

料理には2つのパターンがある。

 

食べなきゃ味がわからない料理。

そして、食べなくても上手いとわかる料理。

 

無論、これは後者だ。

 

所狭しと並んだ鶏肉、そんじょそこらのカオマンガイとは訳が違う。

 

これが人気店の所以か・・と、腑に落ちた瞬間だ。

 

付け合わせのキュウリも可愛くカットされている。この心遣いがまた嬉しい。

 

肉汁が溢れ出し、繊細な味に鶏肉の旨味が充満。これだけでも美味しいのだが、一緒に来たタレが格別だった。

 

 

 

店主曰く、辛いのでちょっとづつかけて食べてくれとのこと。

 

どんだけ辛いんだ??と心配しつつも、ピリッと辛い程度。

 

これなら辛いのが苦手な人でも、量を調整すれば問題ないだろう。

 

だが、丸々入った唐辛子が筆者の汗腺を刺激し、出るわ出るわ滝の汗・・

 

辛さはそこまでではないのだが、代謝のいい人はハンカチ必須案件である。

 

しかし、旨い。

かけたら旨さ倍増だ。

 

鶏肉の旨味を感じれる様なデフォルトの繊細さもいいが、タレをつけることで味がはっきりし、辛さが旨さに追い討ちをかける・・そんな感じだろうか。

 

旨いものを伝える難しさ・・歯痒い。

 

さて、ライスに目をうつそう。

 

もともとカオマンガイとは、鳥を茹でた時の茹で汁を使ってお米を炊くわけだが、ものすごく丁寧に茹でたんだなとしみじみ伝わってくる様な旨さ、香りが漂っていた。

 

 

そして、おそらくはタイ米だろうとは思うのだが、チャーハンなどでみる細長い感じはあまりなく、割と日本米に近いものを感じた。

 

ふっくらしているわけでは無いから、おそらくタイ米だと思うのだが・・

 

御託はいい、とにかく旨いのだ。

 

昔ドカベンで、コメの中には7人の神様がいると書いてあったが、タイ米には何人の神様がいるんだろう・・

 

誰も得しない疑問を抱えるほど、筆者の口は幸せで溢れていた。

 

 

スープはいい意味で、ザ・シンプル。

 

あっさり味で具もほぼ無く、ひたすらカオマンガイの引き立て役に回っている様子が伺える。

 

ただ、具のザーサイにはしっかりと塩分の味がついているので、物足りないと言うことは全く無い。

 

カオマンガイの辛さを優しく包み込んでくれる様な、二日酔いの時に飲みたくなる様な、そんな味だ。

 

 

そして、あとは胃にかっ込むだけ。

 

旨さに集中してからは、周りのカップルなどどうでもよくなり、ただひたすらカオマンガイと筆者の真剣勝負であった。

 

 

 

気づけば、辛いつけダレも完食し、一人の神様も残すことなく、一気に平らげてしまった。

 

ウマい!

 

次回来た時に、またコイツを頼ん

 

でしまうのでは無いかと心配だ。

 

しかしながら、藤沢駅はデブ活には事欠かない、グルメなお店が群雄割拠する美食の町だ。

 

タイ料理以外にも和食、洋食、ラーメンと、気になるお店ばかり。

 

でも結局すぐに再訪してしまいそう・・そんな魅力たっぷりのゲンキョウワン。

 

次こそは看板くんを頂こう。

 

スポンサードリンク

 

ブログランキング始めました

今回のお店に行ってみたいと思いましたら、下の画像をクリックいただけると幸いです。
↓↓↓


人気ブログランキング

再訪してより詳細情報をお届け致しますので、記事が少しでも役に立ちましたら、上の画像をクリックして頂けますと、より一層の励みとなり、食欲となります。

ご協力宜しくお願いいたします!

ゲンキョウワン

●げんきょうわん

●住所:神奈川県藤沢市鵠沼石上1-8-11 プロヴァンスビル1F

●営業時間:
11:30~15:00
17:00~22:00

●定休日:
第一水曜日のみ(年末年始を除く)

みんなが読んでる人気記事