江ノ島と湘南の海を見渡す一風堂!江ノ電腰越駅を下車し赤丸新味のラーメンをすする

97
スポンサードリンク

 

江ノ電は腰越駅。

鎌倉市の外れに位置する同駅だが、中々ディープな場所でもある。

食べログ掲載店も多いのでお腹的に満足、江ノ島や湘南の海も堪能できるので心も満足、波の音を聞くだけでも実に気持ちのいい場所だ。

その腰越海岸を横目に国道134号を走ると、見えてくるのが一風堂。

超定番の同店だが、前々から気になっていた。

なぜなら、景色がめちゃくちゃ良さそうだから。

海沿いにたたずむ同店、湘南の海と江ノ島を一望できる絶景スポットだ。

その名も一風堂湘南SEASIDE店。

お、おう。

というわけで、初訪問。

 

スポンサードリンク

 

いつも迷う赤丸と白丸 悩みに悩み、結局いつもの赤丸新味をチョイス

というわけで、お店に到着したのが12時半ころ。

休日のランチどきではあるが、並ぶことなく入店。

都内のビルなどに入っている一風堂は並ぶことがあるが、国道沿いの店舗は意外と並ばない。

一蘭もそう。国道人気ラーメンあるあるだ。

きになる外観だが、

英語表記で、IPPUDO。

階段を登っていくスタイル、別の国に来たみたいな感じ。

私の知っている一風堂ではないが、どことなくオシャレ。

何かIKEAを彷彿とさせるコンテナ感、

そして英語。

暖簾をくぐると、そこはおなじみの一風堂、湘南SEASIDE店のおでましだ。

店内は少し開放的な、南国スタイル。元気な定員さんが席へと案内してくれる。

カウンター席も、テーブル席も多く、一人客でもファミリーでも気軽に入れるところが、拘りすぎないラーメン店のいいところ。

休日だからか、ファミリーとカップルが多い。

さてさて、

一風堂には大きな2枚看板があり、

それがこの白丸と赤丸だ。

白丸はスタンダードな一風堂本来の味。豚骨風味を存分に味わうことができる一品。

対し、赤丸はというと、特製の香味油と辛みそを加えた、白丸の進化系。

白丸 ¥750(税抜き)

赤丸 ¥820(税抜き)

進化している分、70円高くなっている。

私は、いつも赤丸だ。

やはりあのシルキーで品のあるスープもいいが、そこに少しばかりのヤンチャを加えたい。

しかし、しばらく白丸も食べていないしなぁ・・・と悩む。苦渋の選択だ。

サイドメニューに目を移すと、

店舗限定メニューを発見!

どれも美味しそうなのだが、異常に揚げ物を勧めてくる。

これにはなんのメッセージが込められているのだろうか。

博多ひとくち餃子にチャーハン。

ハカタノチカラめし。

どれも胃袋にかきこみたくなる渾身の油ジューシー料理だ。

そして、

まさかのラーメンスイーツ。

麺の部分は杏仁豆腐を使用しているらしい。

どう細く麺状にカットされているのか、非常に気になるスイーツである。

と、メニューをグダグダみていてもしょうがない。あの苦渋の決断からは逃れられないのだ。

心を鬼にし、

「スミマセン、赤丸一つ」

と、いつもと代わり映えのないメニューをチョイス。

しかし、ここは湘南SEASIDE店だ。いつもの赤玉とは一味もふた味も違うだろう・・・

と、至福の時間を待つのであった。

 

スポンサードリンク

 

絶景オーシャンビューで味わう豚骨ラーメン!いつも以上に細麺をすするすする!!

そして待つこと5分くらい。

固めで注文した、我が赤丸の登場である。

これだよ、これ。

上品でミルキーなとんこつ。その雲海に浮かぶチャーシューの島。

自らがキノコであることを忘れたかのように、無邪気に泳ぐキクラゲの群れ。

その上品な空間に突如現れた不良転校生、辛みそ。

やはりこいつの存在がでかい。

こいつの緊張感が、他のみんなをピリッと引き締めさすのだ。

たっぷり香味油の香りが私の食欲を刺激する・・・

かた麺をすくい、いざすする。

おう・・・やはり美味い。

食感よし、とんこつよし。

感動の辛みそとの相性・・・このメニューを作ってくれた社員の方に全力で感謝したい。

他具材はというと、

薄くスライスされているにも関わらず、ジューシーで存在感抜群のチャーシュー。

香味油と交わることで、その破壊力が数倍増す。

そしてキクラゲのコリコリ感。

ネギのシャキシャキ感。

一風堂のラーメンは食感がステキだ。

辛みそをスープ全体に行き渡らせ、あとはすするだけ。

ズルッ!

ズルッ!!

食感の良い固めの細麺なので、気づいたらあっという間に胃袋の中に消えている。

まるで手品のよう。

というわけで、すかさず替え玉を注文。

同様に、かた麺。

後半戦の始まりだ。

一風堂で欠かせないのは、トッピング。

ピリ辛もやしに、

おなじみ紅生姜。

そして、これぞ博多、ピリッとした辛さがクセになる高菜である。

豪華かつ華やか。

かつての秋山・清原・デストラーデを彷彿とさせる、最強クリンナップ(古い)。

胃袋の歓声もより一層大きくっている。

こいつらを豪快にスープに放り込み・・・

あとは無心ですするだけ。

この辛さ、たまらないんだよなぁ。

というわけで、ものの2,3分でソッコーで平らげ、優雅であり豪快なランチタイムは幕を閉じるのだ。

あ、そういえば絶景オーシャンビュー・・・

カウンター席は海に背を向けて食べる仕様。

ラーメン中に余計な情報は入れてはならない、そんなお店のプライドを感じる(そんな訳ない)。

テーブル席であれば外の景色も楽しめるので、せっかくならという人は、その席を案内してもらえばいいだろう。

というわけで、海を見下ろす一風堂湘南SEASIDE店。

次に行った時も、また赤丸を頼んでしまいそうだ。

それに店舗限定メニューの謎の油推しも気になるし・・・

おー、食った食った。

じゃ、海岸で海でも見ながらビールでも行っちゃいますかね・・・

 

スポンサードリンク

 

ブログランキングはじめました

あなたのポチッが私の食欲となります


人気ブログランキング

店舗詳細

●いっぷうどう しょうなんしーさいどてん

●住所:神奈川県鎌倉市腰越3-5-29

●営業時間:11:00~23:00

●定休日:基本は無し

●駐車場:あり
(1Fが駐車場になってますが90分以上止めると別途料金は発生します、90分以内なら無料)

みんなが読んでる人気記事